盛り沢山のトレカ・イベント情報ならドラゴンスター

総合トップ よくある質問 ご利用ガイド
  • メニュー

    MENU

  • TOP
  • コラム一覧
  • 別格の安定感とデッキパワー? カビゴンLO | 週刊きむらのポケ講

2024.3.23

別格の安定感とデッキパワー? カビゴンLO | 週刊きむらのポケ講

2816 0
別格の安定感とデッキパワー? カビゴンLO | 週刊きむらのポケ講

別格の安定感とデッキパワー? カビゴンLO | 週刊きむらのポケ講

目次

はじめに

こんにちは
きむらです。

今週は2記事更新なので「はじめに」で書くことが無くて困っています。


年始から体重を8キロ減らしました。えらい!

最近は腰を大事にしたいという思いから、小さなYogiboを持ち歩いています。
あまりラーメンを食べていません。食べたい~


最近はこっそり《カビゴン》LOを使っていました。
デッキコード:FfFkF5-BU7FX3-FFVFk5

自分のシティリーグで7-1の2位(サイド差負け)
シニアの子がオープンに持っていって7-1の4位(たね切れ)

でした。


14-2で負け方がサイド差負けとたね切れだけ…
リストやプランが優れていたというより
《カビゴン》LOが異常な強さを発揮している」という認識です。

サイド差負けの試合以外は5分以上余っている試合ばかりでしたが

それは対戦相手の方々の優しさのおかげなので
「このデッキは絶対25分以内に終わる!」はう~~~んです。

相手に優しさを要求するデッキを使うことの精神的なハードルもう~~~んです。


《サーナイトex》も近い部分はあったと思いますが
総ターン数と行動数にかなりの差があるのでなんとも!

答えが知りたい!!!!
いっそ《カビゴン》まみれになればなんらかの動きがあるのでは?
と思っています。《カビゴン》増えまくれ!!!!

デッキリスト

4

1

2

1

1

1

1

4

1

4

1

4

2

1

2

1

1

1

4

3

1

2

3

2

2

2

1

1

2

2

1

1

《ガチグマ アカツキex》《ダブルターボエネルギー》
《テツノツツミ》
《ロトムV》2枚目

この辺りが特徴でしょうか

《ガチグマ アカツキex》《ダブルターボエネルギー》
《ギラティナV》単騎の突破や《セグレイブ》を倒して準備ターンをもらうために採用しました。
《ダブルターボエネルギー》だと相手残サイド3の状況から動けるので
《ナンジャモ》を使われて《ボタン》が引けず《ガチグマ アカツキex》を突破されてもサイドが残ります。

《テツノツツミ》
《野盗三姉妹》とか《ビワ》うちたいけど《ペパー》《カウンターキャッチャー》取らな~」
という状況で《野盗三姉妹》《ビワ》を使えるようにしたくて採用しています。

サイドを取られていない状況で疑似《ボスの指令》のような働きもしてくれます。

《ロトムV》の2枚目は
サイド落ちケアよりも《ロトムV》が倒された場合の
立て直しをしやすくするために採用しています。
テンポ良く進められると《すごいつりざお》《ネストボール》を探すのが結構大変!


じゃんけんに勝った場合は後攻を取るデッキです。

《ギラティナV》を早い段階から倒せる! そっから《ミミッキュ》で勝ち!
もちろん強い! 今までの負けパターンのいくつかをカバーしてくれます。


でも相手が《ガチグマ アカツキex》を想定したプレイをしてくると

結局負けてしまいがちです。ガチグマだけに!


例えば《ギラティナVSTAR》が相手だと
相手が《ギラティナV》単騎なら残サイド3時に《ダブルターボエネルギー》「ブラッドムーン」でたね切れ勝ちです。


ですが残サイド3になるタイミングで《ギラティナV》2体目をベンチに出して
《ミラージュゲート》でエネルギーをつけられると

「ブラッドムーン」→「スターレクイエム」→なんかする→「ロストインパクト」で負けてしまいます。


《アルセウスVSTAR》+《ギラティナVSTAR》が相手だと
残サイド3《ギラティナV》を呼んで「ブラッドムーン」

 →《ナンジャモ》「トリニティノヴァ」

  →このターンで《ボタン》を引く必要があります


《ともだちてちょう》で山札に戻しておけば確率を上げることができますがそれでもう~~~~んです。


「バレてなければめちゃくちゃ強いしそれ以外でも使い道ある! でもバレてたらあんまり通らないよね~」
という考えから控えめの《ダブルターボエネルギー》1枚採用です。

デッキ説明

・攻撃できないポケモン(《マナフィ》等)を《カビゴン》でバトル場に縛り付ける
《ミミッキュ》を倒せないポケモンをバトル場に呼び続ける

といった手段で相手がサイドを取れない状態を作り、山札切れ勝ちを狙うデッキです。


・相手の手札からたねポケモンを呼び出す《エリカの招待》

・相手の山札からグッズをトラッシュする《野盗三姉妹》
・相手の手札からグッズをトラッシュする《ビワ》
《カウンターキャッチャー》をサーチする《ペパー》
・実質的なダメージ回復になる《ボタン》


といったサポートを使いたいので、ドローは《ロトムV》「そくせきじゅうでん」に頼っています。

《イーユイex》「ねたみこがす」に移行しても問題ないか
・いきなり出てきて《ミミッキュ》を突破してくるポケモンがいないか
《ボスの指令》から《ロトムV》を呼び出して逃げられるので《ボタン》で回収するべきか

正しい判断をするためには相手デッキへの理解が必要になります。


各環境デッキの

・入れ替え手段の枚数
《ボスの指令》の枚数
・エネルギーの枚数
・採用されているポケモン
《ロストスイーパー》の有無

以上を把握しておくのがオススメです。

デッキの長所・短所

長所

とにかく勝ちやすい

相手《マナフィ》スタート! 勝ち濃厚!
《エリカの招待》使ったら《ビッパ》当たった! 勝ち濃厚!
1つの行動でいきなり圧倒的有利になることがあるデッキです。

サイドレースとは別の戦いをしているので
「相手の《ナンジャモ》でなんも引かんかった」

《ツツジ》したのに全部引かれた」
みたいなこともほとんど起きません。

現状《カビゴン》の使用率がそれほど高くないこともあり
環境デッキを使った対《カビゴン》の正しいプレイがあまり知られていません。


他のデッキでは小さなミスが敗北に直結することもありますが
このデッキはだいたいのミスを《カビゴン》が受け止めてくれます。

全てが合わさってとにかく勝ちやすいです。


使いやすい

《リザードンex》《ギラティナVSTAR》《パオジアンex》
ポケモンカードは100点のプレイをしようとするとほとんどのデッキが難しくなってきます。


ところが《カビゴン》は違います。
《カビゴン》で大事なことは「100点のプレイをする」よりも早くプレイするです。

小さなミスは《カビゴン》が受け止めてくれるので

「まあこれでええやろ」というプレイをずっとしていればオッケーです。


《カビゴン》でも100点を出すのは難しいですが

そもそも100点を目指していないので結果的にデッキの難度が下がっています。


サイドレースをするデッキで良くある

・サイドを取りたいが取ると《ツツジ》圏内に入ってしまう
・ここで2体目の《リザードンex》を立てると後の要求は減るが2-2-2とサイドを取られてしまうかも
といった「裏目」を考えることが少ないのも使いやすさに繋がっています。


運要素が楽しい

《ビワ》で当たりを確認してから《エリカの招待》というプレイももちろんしますが

「挨拶代わりの《ビワ》!」
「とりあえず《野盗三姉妹》《プライムキャッチャー》当たれ!」
みたいな運ゲーもたくさんします。


《プライムキャッチャー》が当たるととても嬉しい!

練習なら《カビゴン》側でなくてもドキドキしてちょっと楽しいです。


大会で使われる側だと楽しくはない!!

でも使われなかった時に「俺はまだ生きてる…」と生を実感します。


ACESPECと向き合わなくて良い

今回の「クリムゾンヘイズ」で《アンフェアスタンプ》《サバイブギプス》が収録されたことで
サイドレースをするデッキは

「ここ取って《アンフェアスタンプ》来たらやばい…」
《サバイブギプス》ケアで《ロストスイーパー》残さなあかん?」


とACESPECリスクを考えてプレイが制限されます。


このデッキは基本的にサイドを取らないので
《アンフェアスタンプ》《サバイブギプス》を気にする必要がありません。

むしろ《プライムキャッチャー》の採用率が下がるのでプラスの影響を受けています。


短所

とにかく急いでプレイする必要がある

相手の《ナンジャモ》《ホシガリス》「すあなにかくす」を考慮すると
前環境の《サーナイトex》よりもーーっと時間がかかります。


状況が変化していないので動く必要がないターン:2秒
行動するがシャッフルが挟まらないターン:5秒

行動してシャッフルが挟まるターン:15秒


なるべくこの早さでターンを返すようにプレイしています。


・相手ターンの内に次ターンの動きを決めておく
・手札のカードを使いそうなカード、使わなさそうなカードで分けておく
・ドロー後のハンドシャッフル等不要な動作を無くす

というように時間短縮のために色々努力します。
時間のかかるゲームを始めたのはこちらなのでその義務があると思ってる!


強さの副作用

・良いプレイよりも高速でプレイすることを優先する
・他のデッキと戦い方が違いすぎる

という特徴があるので《カビゴン》ばかり使っていると
他のデッキを使った時に戦い方が分からなくなったり、過剰に早くプレイしてしまったりします。


他のデッキ使う→わからない勝てない
《カビゴン》使う→わかる! めちゃ勝てる!
の状態になると色々危ないです。


僕は「《カビゴン》は怖いもの」と考えて程々の距離を保つようにしています。
分かって使ってるから大丈夫…大丈夫なんだ…


格ゲーの投げキャラみたいな?

SV初期のヘイラッシャみたいな?いっちょうあがりぃ!

ラッシャミラーTodFooooo⤴


すごく辛いです。まあ負けます。


環境デッキへのプランと注意点

環境デッキと呼ばれるデッキとの対戦でのプラン、注意点を書きたいと思います。


《リザードンex》

《ウッウ》+《ヤミラミ》

《ルギアVSTAR》

《ギラティナVSTAR》

《パオジアンex》

《アルセウスVSTAR》+《ギラティナVSTAR》


以上のデッキについて書いていきます。


でもここで気づいたことが1つ!!!!

高速でプレイすることばかり意識していたので正直100点のプレイがわからない!

相手プレイヤーによってやってくることが違うのも苦しいところです。


「これはやらんほうがいい」

「これはやっといたほうがいい」

「これされると辛い」

みたいな書き方になっちゃいます。
それでも勝てるのが《カビゴン》POWER


《ミミッキュ》突破手段が
《リザード》「ヒートタックル」70
《リザード》「かえん」50

《ヒトカゲ》「ヒートタックル」30
《かがやくリザードン》「かえんばく」250

入れ替え手段が
《フトゥー博士のシナリオ》or《ポケモンいれかえ》1枚
《ロトムV》を呼ぶ《ボスの指令》2枚
《ともだちてちょう》1枚


エネルギーが
《基本炎エネルギー》6枚

《ミストエネルギー》1枚


他の意識したいカードは
《ロストスイーパー》1枚
《こだわりベルト》1枚

《すごいつりざお》2枚

です。


《こだわりベルト》《ボスの指令》《ロストスイーパー》《ロトムV》を倒された場合は
《まけんきチョッキ》《ミミッキュ》がほぼ突破されなくなります。


先に《カビゴン》大量や《ミミッキュ》を並べておくと
《リザード》《ミミッキュ》を倒してから《リザードンex》に進化

・HPアップ手段のついていない《カビゴン》から呼んで「バーニングダーク」

と無駄なく動かれてしまうので
サイドを取られるまでは《カビゴン》2体、《ロトムV》1体の場が良いと考えています。


相手が《ヒトカゲ》「ヒートタックル」自分きぜつから動こうとしてきても
その間に《野盗三姉妹》《エリカの招待》が使えるので問題ナシです。


《ビーダル》型 有利

入れ替え手段が
《プライムキャッチャー》1枚
《ポケモンいれかえ》1枚
《ジェットエネルギー》1枚?(入ってたり入ってなかったり)

《ボスの指令》3枚

《ボスの指令》を除いて2~3枚です。(2が多いかな?)

後はだいたい一緒!


《ビーダル》が縛り対象になる+確定行動をされないので

《ピジョットex》より詰ませやすいですが

《ホシガリス》「すあなにかくす」がいるので、《イーユイex》「ねたみこがす」をする必要があります。


時間切れが一番まずいので、ある程度のエネルギーが出て《すごいつりざお》を落とし

《ボタン》を山に戻し終わったらリスクを負ってでもねたみこがしていきましょう。


有利

まずは
《キュワワー》《トドロクツキex》でスタートできるかゲーム!」
です。

それ以外なら《カビゴン》で縛りながら好き放題落としてだいたい勝ちです。

《カビゴン》をいっぱい並べましょう。

相手の入れ替え手段は
《ポケモンいれかえ》+《いれかえカート》=7枚

《プライムキャッチャー》1枚
《ボスの指令》1枚

です。


あと
バトル場《カビゴン》

ベンチ《ロトムV》のみ
このような場を作ってしまうと《テツノツツミ》から逃げられることを意識しておきましょう。


《プライムキャッチャー》or《ボスの指令》《ロトムV》を倒されたら
相手の入れ替え手段の残り枚数と自分の手札の呼び手段を数えましょう。

相手の《ボスの指令》を含まない入れ替え手段の残り枚数より
自分の手札の呼び手段が多ければ《ロトムV》を出さないようにします。


相手トラッシュに
《ポケモンいれかえ》2枚
《いれかえカート》2枚
《プライムキャッチャー》1枚

自分の手札に
《ペパー》2枚

《ボスの指令》1枚

《カウンターキャッチャー》1枚


《カビゴン》以外を出さなければ相手入れ替え手段は残り3
こちらの呼び手段は4なので縛り切れる。


呼び手段が1枚少なく、《ポケギア3.0》があるという状況でも出さないようにしています。
出すほうがリスクある! まあなんか当たるやろ!


少し有利orとても不利

されたらめちゃくちゃやばいプレイがあります!!


それをされなければ《シンオウ神殿》《ジェットエネルギー》を止めながら

《アーケオス》などを呼んで《ピーニャ》をしていれば割り切れます。

《カビゴン》が不利になるので細かいことは書かない!!!

《カビゴン》をいっぱい並べましょう。
《ヒーローマント》は相手の動きを見てから貼りたいです。

1体アッセンブルなら後から《カビゴン》
2体アッセンブルなら《ロトムV》に貼っています。


練習で待ちのプレイや1体アッセンブル等を試しましたが
それならまだ《カビゴン》が優勢でした。


《シンオウ神殿》を割られてもすぐに貼りかえせるように
余裕があるターンは《ペパー》《ネストボール》《森の封印石》サーチや
《シマボシ》《シンオウ神殿》戻しをしておきましょう。


少し有利

《ギラティナV》スタートをされると「アビスシーク」で縛り対象がロストされて困る!
ですが《ギラティナV》以外でスタートする確率のが高いのでだいじょぶだいじょぶ~

あとだいたい初手は他のポケモンもいます。決めろ《エリカの招待》

《カビゴン》をいっぱい並べましょう。
《ウッウ》《ヤミラミ》がいるので《ミミッキュ》の出番は来ません。

入れ替え手段は
《ポケモンいれかえ》or《いれかえカート》3~4枚

《ジェットエネルギー》3~4枚 ↑と足して7枚が基本

《プライムキャッチャー》1枚
《テツノイサハex》「ラピッドバーニア

《ボスの指令》2枚

です。

《ジェットエネルギー》《シンオウ神殿》で止めることができますが
《ボウルタウン》《ロストスイーパー》で最大2回貼りかえされます。


《森の封印石》《プライムキャッチャー》「ロストインパクト」で倒されたくないので
《ヒーローマント》《ロトムV》に貼ります。

《ウッウ》+《ヤミラミ》と違って
《ナンジャモ》で手札干渉をされる可能性はありますが
残り枚数を数えて《ロトムV》を出さないプレイもします。


有利

入れ替え手段は
《プライムキャッチャー》1枚
《キャンセルコロン》1枚

《ボスの指令》1枚(入ってたり入ってなかったり)

です。


《ビッパ》《かがやくゲッコウガ》を捕まえたいゲームです。ちょっと苦しい~

《パオジアンex》を捕まえてエネルギー切れも狙いますが簡単な道ではありません。

相手がサイドを6枚取るのに必要なエネルギーは
《ロトムV》1体=4枚
《カビゴン》4体×3枚=12枚

・↑にHPアップ系がついた 3~5枚

この合計19~21枚です。

相手デッキのエネルギー総数は
《基本水エネルギー》8~9
《基本雷エネルギー》1
《すごいつりざお》2枚×3=6
《スーパーエネルギー回収》4枚×4=16

最大32枚です。


・手札に引いた《すごいつりざお》《スーパーエネルギー回収》を最大枚数ではないが使う

・逃げエネやコストなどでトラッシュする
《基本雷エネルギー》は「ヘイルブレード」に使えない
・サイド落ち
ということも考慮すると「ヘイルブレード」用エネルギーは26~29枚ぐらいです。


《スーパーエネルギー回収》を2枚トラッシュさせるだけでええやん! と思うかもしれませんが
《カイ》からの《プライムキャッチャー》ですぐに《ロトムV》が倒される

・中盤からは引いた《スーパーエネルギー回収》をすぐに使われるので《ビワ》ではトラッシュできない
という理由からちょっとぐぬぬぬぬです。


すぐに《ロトムV》を倒された場合は《ボスの指令》割り切りで2体目の《ロトムV》を出します。

これからは《ガチグマ アカツキex》《セグレイブ》を倒したりしながら色々しましょう。
まあ有利! 《かがやくゲッコウガ》とか《ビッパ》でスタートしたら即終わりやし!


不利

入れ替え手段は

《ポケモンいれかえ》+《ジェットエネルギー》=2~3枚
《テツノイサハex》「ラピッドバーニア」

《フトゥー博士のシナリオ》1枚

です。

《フトゥー博士のシナリオ》めちゃ入ってる!!!


ゆっくり進めながら「スターバース」を温存されるとすごくしんどい!

《アルセウスV》《ギラティナV》どちらでスタートされてもなかなか厳しいです。

ポケモンがなければそのままの手札
ポケモンがいるなら《ナンジャモ》or《ジャッジマン》

どちらもできないなら《ハイパーボール》or《ロストスイーパー》となかなか招待させてくれません。


でもスタートが《ビッパ》だったり序盤の速攻《エリカの招待》が当たれば全然勝つ!
運でわりと勝てます。


相手が《ロトムV》を倒すために《ロストスイーパー》を使ってきた場合は
《ヒーローマント》《ミミッキュ》で頑張りたいので《ヒーローマント》は温存したりしなかったり。


まとめ

《リザードンex》」 有利

《ウッウ》+《ヤミラミ》」 有利

《ルギアVSTAR》」 少し有利orとても不利

《ギラティナVSTAR》」 少し有利

《パオジアンex》」 有利

《アルセウスVSTAR》+《ギラティナVSTAR》」 不利


《カビゴン》を理解したプレイをされる前提でもこんなに強い!

友人との練習でもなんだかんだ《カビゴン》が勝ち越します。


もしかしたらこれからの環境は《マナフィ》のように

《ミカルゲ》が採用されるのかもしれません。

まあそうなったらそれはそれで良い! 僕はそっちの方が好きです。


採用候補

《マンタイン》「きしにはこぶ」 
相手視点だと採用されているかわからないのでできるだけケアをされる。
サイドを1枚取られることもあってあまり使わなかったので不採用。
《アルセウスVSTAR》意識なら採用するかも?


《緊急ボード》

《ペパー》でグッズを持ってきながらスタートした《ロトムV》《イーユイex》を逃がすことができる。

使いやすかったが《ガチグマ アカツキex》を試したいので一旦不採用。
なくてもいけるけどあると便利! でもなくてもいける~~~


《ナンジャモ》の2枚目

初動事故が少なくなるのでなんぼあってもいい
縛り対象がいない時に《ナンジャモ》《エリカの招待》ではなく
《ガチグマ アカツキex》で倒すアプローチなので少なめ1枚採用。


終わりに

ここまで読んで頂きありがとうございました。


次のCLまでに《ミカルゲ》が標準搭載になりそうな気がします。
少なくても2日目は《ミカルゲ》まみれになりそう!


「まあ《カビゴン》でええやろ~」と思っていましたが
危ない気がするので控えに《カビゴン》を置きながら別のデッキを練習します!


次回3月26日(火)更新! なに書こう!

面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

このコラムのライター

きむら

きむら