盛り沢山のトレカ・イベント情報ならドラゴンスター

総合トップ よくある質問 ご利用ガイド
  • メニュー

    MENU

  • TOP
  • コラム一覧
  • 赤白サムライってどんなデッキ!? 入賞デッキレシピ紹介 Vol.92 | らふぁにぃのデュエマ情報局!

2023.8.3

赤白サムライってどんなデッキ!? 入賞デッキレシピ紹介 Vol.92 | らふぁにぃのデュエマ情報局!

5954 12
赤白サムライってどんなデッキ!? 入賞デッキレシピ紹介 Vol.92 | らふぁにぃのデュエマ情報局!

はじめに


こちらのレポートでは先日行われた超CSⅤに筆者「らふぁにぃ」が参加し

予選抜けを達成した【赤白サムライ】を徹底解説していきたいと思います!


この記事は2023/7/29(土)超CS Ⅴ in大阪(オリジナル)の筆者感想記事です。

使用デッキの感想・動き方・結果を解説していきます。


本大会は【オリジナル構築戦】という以下のルールで戦うレギュレーションでのイベントとなります。

40枚デッキだけで遊びます。
外部ゾーン(超次元ゾーン、超GRゾーン)は使いません。
*ゲーム開始時から存在するカード(ドキンダム、ドルマゲドン、零龍)は使いません。
殿堂カード(殿堂、プレミアム殿堂、プレミアム殿堂超次元コンビ)の制約は受けます。


目次

筆者の使用デッキ【火光サムライ】ベスト128【65位】


1vs1の時代は終わった!? サムライ艦隊いざ出撃!


【火光サムライ】



組みやすさ★★★★★    

プレイ難度★★★★☆    

構築自由度★★★★☆


『数多のクリーチャーと数多の作戦はまるで軍師!?』


今、SNSで話題の【火光サムライ】


超CS大阪において予選抜けした【火光サムライ】が多数報告されています。


《オレは決闘者!!》

《凰翔竜機バルキリー・ルピア》

等様々なデッキタイプが存在する【火光サムライ】


その中には筆者のデッキの姿も!

本日は僭越ながら、筆者が使用したデッキを徹底解説していきたいと思います。


まずは当時使用したリストをご覧ください。


↓リストはこちら↓



4

4

4

4

4

4

4

2

2

2

2

3

1

火光サムライ【XXDDZ軸】

まずは先々週でご紹介したサムライとの違いを解説していきます。


↓先々週にご紹介した記事はこちら↓

オリジナルフォーマットの環境分析&入賞デッキレシピ紹介 Vol.90 | らふぁにぃのデュエマ情報局!


既存の【火光サムライ】は新規サムライクロスギアが豊富に組み込まれており

《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ /「未来から来る、だからミラクル」》への革命チェンジで

呪文をロックしてフィニッシュする、というギミックになっています。


私も同じギミックで超CSに挑もうと調整していたのですが

どうしても過剰打点を作りづらく、呪文ロックしたもののそのままフィニッシュすることができず

カウンターされてしまうこともしばしばありました。


そこで敗因を追求してみたところ

《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》がクロスされている《ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」》《爆炎ホワイトグレンオー》が除去されて

スピードアタッカーが消えてしまった結果、打点が作れないという状況に陥ってしまうこと

・クロスギアに枚数を割くと、そもそも攻撃できるクリーチャーがデッキに少なくなってしまうこと

といった課題点が見つかりました。


そこで友人であるウィンターさん(@_Last_Avatar)に相談したところ

こんなのどう? と言われたリストが超CSでの運命を変えることに。


そのリストがこちら。

1

4

4

4

4

4

4

4

4

3

4

このリストを見た私は


「呪文へのヘイトえぐすぎてワロタ」


と笑いながら、デッキの動きを想像していたところ

《ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」》のブレイク効果で

《ドラゴンズ・サイン》が捲れた時のことを考えてみると、ひょっとしてやれるのでは・・・?

と思い直し、超CS2日前という圧倒的に調整時間がない中、このデッキで出場することを決意。


調整していく中であるカードが想像の5倍ぐらい強いことに気付きました。


↓そのカードはこちら↓

キーカード①
《覚醒連結 XXDDZ》

サムライとアーマードの連結によりその力がついに覚醒へ。

種類:クリーチャー
文明:火/光/闇
コスト:7
種族:ディスペクター/アーマード・ドラゴン/ワールド・コマンド

■EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
■W・ブレイカー
■自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」と「スレイヤー」を与える。
■このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの「EXライフ」シールドを墓地に置いてもよい。そうしたら、次の自分のターンのはじめまで、相手は呪文を唱えられない。

このカードの役割とは?


①除去されづらいスピードアタッカー付与。

課題となっていたスピードアタッカー付与能力持ちを除去される懸念点の解消。


このカードはEXライフを持っているため、一枚だけでなく二枚の除去札を要求します。

そのため、場持ちのいいスピードアタッカー付与カードとなり、非常に相性が良いです。


さらに《スカイ・ジェット》のようなクロスギアでは打点とならないのですが

こちらはW・ブレイカーを持っており、打点形成としても優秀です。


《ドラゴンズ・サイン》から出てきたときの出力の高さ。

EXライフを持った状態で場に出てくるため

・シールド

・ブロッカー付与

により、2体の攻撃を受られることから、不利対面としている【火自然アポロ】に対して

《ドラゴンズ・サイン》《XXDDZ》にブロッカー付与して場に出し

《轟く侵略 レッドゾーン》の効果で破壊されてもEXライフで場に残り

攻撃をブロックすることでスレイヤーのため、破壊しながら受けることができることも魅力の一つになります。


③ついてきた【呪文ロック】

本デッキでは《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ》ではないため

他のカードを介して場に出すことが前提となりますが

攻撃時にしていることとしては一緒なのであまり使用感に差はありません。


④種族が【アーマード・ドラゴン】

種族にアーマードドラゴンが付いていることで

《ヴァルキリアス・武者・ムサシ「弐天」》が持つこの効果

「このクリーチャーが攻撃する時、自分の手札から、自分の手札の枚数以下のコストを持つ進化ではない、サムライまたはアーマードを1枚、コストを支払わずに使ってもよい。」

によって、手札が7枚の時にコストを支払わずに使用することが可能です。


手札の枚数も《ムサシ「弐天」》の登場時能力で補充できるため、相性がとてもよい1枚となっています。




Q.《ラフルルラブ》の方が使いやすくない?


呪文ロックに条件がなく、革命チェンジも持つため、使いやすさでは軍配が上がります。

が、それを差し引いたとしてもSA付与+呪文ロックは

《XXDDZ》しかできないことなので本デッキではこちらを優先しています。


さらに私のリストでは【XXDDZ】である理由がもう一つあります。

それがこのカードの採用。


↓そのカードとは↓

キーカード②
《ドラゴンズ・サイン》

攻守兼用の旗印。上振れ要素を含んだ踏み倒し呪文!

種類:呪文
文明:光
コスト:5


■ S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
■光の、コスト7以下の進化ではないドラゴンを1体、自分の手札から出す。次の自分のターンのはじめまで、そのクリーチャーに「ブロッカー」を与える。

このカードの役割とは?


①スレイヤーブロッカーの誕生。

現在、環境で猛威を奮っている【火自然アポロ】


このデッキに対して上記でご説明した通り

このカードがトリガーし、EXライフもちの《XXDDZ》を場に出し、受けることで除去可能となりました。


もちろん《ヴァルキリアス・武者・ムサシ「弐天」》も出すことが可能なので

自身のエレメント数以下のコストを持つ相手のクリーチャーを破壊することができ

ブロックと含めて、合計2体止めることも状況によっては可能となります。


《ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」》のブレイク能力による上振れ。

このデッキのメインカードである《ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」》

ブレイク能力のため、Sトリガーが使用可能となっています。


そのため、もしブレイクした際にトリガーすると

突然《ヴァルキリアス・武者・ムサシ「弐天」》《覚醒連結 XXDDZ》が場に出すことが可能となります。

そうすると本来「武偉」からはくっつかなかったクリーチャーへのアクセスも可能となりました。


上振れ要因は他にもあります。

それがこのカードの採用。


↓そのカードとは↓

キーカード③
《ボルシャック・ノブリス・ドラゴン》

Wアーマードメクレイド別名:Wサムライメクレイド

種類:クリーチャー
文明:火
コスト:9
種族:アーマード・ドラゴン

■自分の火のエレメントが3つ以上あれば、このクリーチャーの召喚コストを3少なくする。
■W・ブレイカー
■このクリーチャーが召喚によって出た時、アーマード・W・メクレイド8する。(アーマード・W・メクレイド8:自分の山札の上から6枚を見る。その中から、コスト8以下のアーマードを2枚まで、コストを支払わずに使う。残りを好きな順序で山札の下に置く)
■自分のアーマードすべては、バトル中パワーを+3000する。

このカードの役割とは?


①場持ちのいいクロスギアが軽減対象に。

本デッキでは《ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」》による侍流ジェネレートで

《竜牙 リュウジン・ドスファング》での1体ずつの展開が基本となります。


ですが、このカードにより一斉に展開できることが一つの武器となります。


②W・アーマード・メクレイド8

もちろん既存のサムライ・メクレイド5と一緒で、種族に「アーマード」を持っている

《竜牙 リュウジン・ドスファング》

《ヴァルキリアス・武者・ムサシ「弐天」》

《ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」》

これらを出すこともできるのですが、もちろんそれだけでなく

アーマードが付いている《覚醒連結 XXDDZ》もコスト7のため、《ノブリス・ドラゴン》から召喚することができます。


つまり《ドラゴンズ・サイン》に頼ることなく、踏み倒すことが可能となります。


《チャラ・ルピア》がいると・・・? ※後述する上振れ②を参照。

自分の火のエレメントが3つ以上あれば3軽減

《チャラ・ルピア》の2軽減

合わせて5軽減によって、最小4マナで出すことができます。


2ターン目《チャラ・ルピア》

3ターン目《ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」》

→侍流ジェネレートから火のクロスギアをジェネレート


この動きでエレメントが3枚となるため

最速4ターン目にこのクリーチャーを召喚することが可能となりました。


全て召喚扱いであるため、環境で使用されている《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》からメタられないのが魅力的です。




ドラサイ型の火光サムライってどう動かすの? ~上振れ編~

デッキの動かし方、やっぱり気になりますよね。


でも、まずはこのデッキが上振れた時の動き方を知ることで

このデッキの動かし方・プレイがより深まると思います。


大きく分けて2種類あるので、まずはこちらから説明させてください。




上振れその①

~2ターン目~

《チャラ・ルピア》召喚。

《竜牙 リュウジン・ドスファング》の効果で《ヴァルキリアス・武者・ムサシ「弐天」》をメクレイドし、エレメントの数だけドロー。

自軍が全てスピードアタッカーを付与され

さらに《XXDDZ》から攻撃することで呪文ロックしながら、ジャストリーサルな打点形成が可能です。


もちろん《XXDDZ》でなくとも

《リュウジンドスファング》が絡まず、そのまま《ドラゴンズサイン》がトリガーして《弐天》を場に出したとしても

本来《リュウジンドスファング》からではないと出せないはずのクリーチャーが出せていることから、十分に上振れと言ってもよいでしょう。


《XXDDZ》だけ出ても3ターン目に呪文ロックしながらシールドを全部ブレイクすることができるので

上振れ要素の一つとして覚えておきましょう。





上振れその②

~2ターン目~

《チャラ・ルピア》召喚。

~3ターン目~

《ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」》召喚し、火のクロスギアをジェネレート。

~4ターン目~

火のエレメントが3枚あるので3軽減+《チャラ・ルピア》で2軽減

合計5軽減で《ボルシャック・ノブリス・ドラゴン》を召喚し、W・アーマード・メクレイド。

※ザンゲキアリだと6軽減することが可能。

W・アーマード・メクレイドで《覚醒連結 XXDDZ》+で捲るとゲームエンドです。

ドラサイ型の火光サムライってどう動かすの?~プレイ編~

プレイ編ではこのデッキを使用している際に

よく起こる選択肢を前述した上振れを頭に入れた上で

どのプレイが一番上振れに繋がるかを解説していきます。

選択肢その①

【チャラルピア】の場合


基本的には《チャラ・ルピア》優先でいいと思いいます。

《チャラ・ルピア》は実質《メンデルス・ゾーン》です。積極的にプレイしましょう。


手札に《ヴァルキリアス・武者・ムサシ「弐天」》ある場合

3ターン目に出せたときの2コスト以下エレメント破壊+2ドローが非常に強力であるため、次の4ターン目に動きやすくなります。


※注※《竜牙 リュウジン・ドスファング》軽減対象にならないので注意!!




【タキオンアーマー】の場合

手札に《ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」》《竜牙 リュウジン・ドスファング》がある場合や

相手のデッキタイプ的にパワーマイナスやクリーチャー除去を使ってくる対面では除去されづらい《タキオンアーマー》優先でよいでしょう。


これは《チャラルピア》であっても

3ターン目に「武偉」を出せることには変わりませんので

除去されづらいクロスギアであることの方が優先されます。


仮に《ドスファング》がなくてもシールドブレイクから《ドスファング》

他のクロスギアを場に出すことに繋がりますので《タキオンアーマー》優先でよいでしょう。




選択肢その②

これが本当によく起こる!!


~3or4ターン目~

《ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」》のブレイクが先か侍流ジェネレートが先か

クリーチャーの効果は呪文とは違い、上下の能力を好きな順序で解決することができます。


ブレイクが先の場合

=メクレイドに影響があるメタクリーチャーがいる場合


相手の場に《キャディ・ビートル》《ベイ・B・セガーレ》などの

メタクリーチャーがいる場合、先にブレイク効果を使用することをお勧めします。


これは《竜牙 リュウジン・ドスファング》の効果でメクレイドした際に出るクリーチャーに影響があるためです。


もしここで《ドラゴンズ・サイン》をブレイクしてしまった時は使用しても破壊の前に効果を解決するため
そのまま手札に加えましょう。




ジェネレートが先の場合

=メクレイドに影響がないメタクリーチャーがいない場合


これは相手の場にメタクリーチャーがいない場合

もしくは《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》だけがいる場合


先にジェネレートを優先することで、《竜牙 リュウジン・ドスファング》を経由して

《ヴァルキリアス・武者・ムサシ「弐天」》もしくは 《ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」》が出る可能性があり

そうすると《テスタ・ロッサ》を除去しながら、《ドラゴンズ・サイン》がトリガーする可能性を秘めているからです。



大きくまとめると《ドラゴンズ・サイン》をブレイクしてもクリーチャーを場に出せる盤面であるかが選択肢の基準となります。

ドラサイ型の火光サムライってどう動かすの?~ちょっと細かいプレイ~

細かなプレイ① メクレイドした時にXXDDZの位置を覚える

このデッキは大量にメクレイドすることで、簡単に山札を1周させることが可能です。

また、フィニッシャーである《XXDDZ》《弐天》でドローすることが必須となります。


そのため、序盤・中盤でメクレイドした時

どこに《XXDDZ》があるかを把握することで、《弐天》のドロー枚数を調整することが可能です。

細かなプレイ② 9枚以上はドローしない!

このデッキは《弐天》の出た時能力により、大量のドローが可能となっています。


がしかし、ドローし過ぎると山札があっという間に0になる可能性だけでなく

メクレイドしてもなにも出せない、というケースが往々にして起こり得ます。


ドローする基準は《弐天》の攻撃時能力で手札の枚数以下のサムライまたはアーマードを使うことを意識し

この能力で出せる《ノブリス・ドラゴン》のコストである9までが必要な手札の枚数となります。


ただし、手札に追加打点である《XXDDZ》《弐天》などのアーマードがない場合はその限りではありません。

細かなプレイ③ 攻撃時能力は「サムライまたはアーマード」を「使って」もよい

効果のテキストには

「このクリーチャーが攻撃する時、自分の手札から、自分の手札の枚数以下のコストを持つ進化ではない、サムライまたはアーマードを1枚、コストを支払わずに使ってもよい。」

と書かれております。


使うは召喚扱いとなるため

《テスタロッサ》《オニカマス》《ルピア炎鬼》などのメタクリーチャーは機能しません。


また「アーマード」も出せるため、《ノブリス・ドラゴン》《XXDDZ》も使うことが可能です。
さらに《ノブリス・ドラゴン》は召喚時能力ですが、こちらも使う=召喚であることから、召喚時能力を使用できます。

【現在のリスト】

4

4

2

4

4

4

2

3

4

4

2

2

1

【最後に】

いかがでしたでしょうか?


サムライは一見連鎖すると考えることが少ないように思えますが

今回の記事でも取り上げたような上振れ要素があることから

・どの能力から使用するか

・どのクリーチャーにクロスするか

・どのクリーチャーから攻撃するか

これらの選択によって、上振れ要素が大きく変化します。


今の環境は不利対面である【火自然アポロ】や【水闇サガ】がいるため

どうしても活躍しづらい部分がありますが、8/4の殿堂発表で大きく躍進を遂げる可能性もあります。


このデッキでは受ける影響が少ないのではないかと考えられますので

今のうちに経験値を積んでおくと、一歩リードできるかもしれません。


もしよければ感想を #VDCS のハッシュタグでツイートしていただければ幸いです。


最後にこの発想をくれた「ウィンター」くん。

後押ししてくれた「みれう」くん。

予選抜けを祝ってくれたリスナーの皆さんに心より感謝を申し上げます。

ありがとうございました!!


もしこのコラムがよかったと感じていただけたら、いいねやSNS等で拡散をよろしくお願いいたします!

今後も【VDuelCS~協賛:ドラゴンスター~】何卒宜しくお願い致します。


以上、らふぁにぃでした!

面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

このコラムのライター

らふぁにぃ

らふぁにぃ