トレカ専門店 ドラゴンスター公式サイト&通販サイト

よくある質問 ご利用ガイド
  • 総合 トップ
  • コラム一覧
  • コラム デュエマで今どんなデッキが強いのか解説!アドバンスフォーマットの環境分析&入賞デッキレシピ紹介 Vol.58 | らふぁにぃのデュエマ情報局!

2022/11/11(金) 20:00

【解説】デュエマで今どんなデッキが強いのか解説!アドバンスフォーマットの環境分析&入賞デッキレシピ紹介 Vol.58 | らふぁにぃのデュエマ情報局!

デュエマで今どんなデッキが強いのか解説!アドバンスフォーマットの環境分析&入賞デッキレシピ紹介 Vol.58 | らふぁにぃのデュエマ情報局!
デュエル・マスターズ いいね数いいね!  0 閲覧数閲覧数  1,178
らふぁにぃ

らふぁにぃ

youtubeチャンネル『らふぁにぃのおしゃべり営業所』リモートデュエマ配信者
リモートCS【VDuelCS】主催者
リジェアカウント専属デッキビルダー
オリジナルレギュレーション考案者
好きなデッキは『オボロティガウォック』

このライターの他のコラムを見る

はじめに

まいど! 私、リモートデュエマの公認CS「VDuelCS」を開催している『らふぁにぃ』と申します!


こちらのレポートではVDuelCSにおける結果・考察をまとめていきます!
よろしければ少しの間お付き合いください!


この記事は第254回VDuelCS~アドバンス~大会の環境解説記事です。


本大会は【アドバンス構築戦】という【発売されているすべてのカード】で戦うレギュレーションでのイベントとなります。

※編注:本記事内では最新弾のカードに対しても、販売ページへのリンクが反映されておりますが
弊社でのシングルカード販売開始時刻までアクセスしても、商品は表示されません。


あらかじめご了承の上、本記事のご購読をお願い致します。

目次

今週話題となったデッキ


今週話題となったデッキではなく、私、筆者が注目しているデッキを解説していきたいと思います!


※あくまで私個人の見解ですのでご了承ください!



【今週注目しているデッキ】

殿堂入り待ったなし!? ゼーロの悪夢再び!

【水闇ドゥームドラゲリオン】


最速3ターン目の恐怖! 回避不能の凶悪コンボ!



組みやすさ★★★☆☆

プレイ難度★★★★☆

構築自由度★★★☆☆


形は違えどコンセプトはオリジナル・アドバンス両方で活躍!!!


オリジナル構築戦では【アナカラー:水闇自然】

アドバンス構築戦では【水闇】

上記の形で活躍を見せています。


アドバンス構築戦では【水闇ゼーロ】として

《知識の破壊者デストルツィオーネ》を使用したデッキタイプがDMGP2022でも話題となりました。


コンセプトとしては最速3ターン目に全ハンデスを行いテンポをとっていくデッキでしたが

デュエキングMAX2022で収録された《超神星DOOM・ドラゲリオン》によって《闇王ゼーロ》の可能性が飛躍的に上昇。

さらにあるカードが再録されたことにより母数を伸ばしました。


それでは今回収録された《超神星DOOM・ドラゲリオン》と再録されたカードを見てみましょう。




↓キーカードはこちら↓

《超神星DOOM・ドラゲリオン》

【蘇生コストに制限なし! 生きる《インフェルノゲート》の再誕!】

文明:闇
パワー:12000
コスト:12
種族:フェニックス/デーモン・コマンド/ドラゴン・ゾンビ

■ このクリーチャーの進化元クリーチャー1体につき、このクリーチャーの召喚コストを1少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
■超無限墓地進化:クリーチャーを1体以上自分の墓地から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつ出す。
■T・ブレイカー
■メテオバーン:このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚、墓地に置いてもよい。そうしたら、相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、その選んだクリーチャーのパワーを-9000する。その後、進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地から出す。
《黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド》

【見計らったかのような再録! 一度場に出たらそれは最後! まさしくエンド!】

文明:闇
パワー:13000
コスト:7
種族:デモニオ/鬼レクスターズ

■ 鬼S-MAX進化:自分がゲームに負ける時、またはこのクリーチャーが離れる時、かわりに自分の表向きのカードを3枚破壊してもよい。(このクリーチャーは進化元を必要としない。自分の■S-MAX進化クリーチャーが2体以上あれば、そのうちの1体を残し、残りをすべて手札に戻す)
■T・ブレイカー
■このクリーチャーが出た時、各プレイヤーは自身のシールドゾーンにあるカードを3枚ずつ選び、残りを墓地に置く。
■このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体破壊し、その後、相手の手札を2枚見ないで選び、捨てさせる。

↓サンプルリストはこちら↓

【オリジナルverは来週解説していきます!】

メインデッキ

4

1

3

4

4

4

3

4

4

4

1

1

2

1

超GRゾーン

2

2

2

2

2

2

特殊ゾーン

1

動かし方は以下の通り。

①【手札入れ替え・墓地肥やし】

2ターン目に2コスト帯の《戯具 ドゥゲンダ》等といったルーター(手札交換能力)を使用し

コストを踏み倒して場に出ることができる《暗黒鎧 ザロスト》《ビックリーノ》を墓地に捨てる。


②【闇王ゼーロの使用】

2ターン目の終了時に相手の場になにもなければ《ビックリーノ》を。3ターン目に《暗黒鎧 ザロスト》を場に出す。

3ターン目に闇のカード3枚と場に3体の闇のクリーチャーを揃え、闇の1マナを残し《闇王ゼーロ》を使用。


③【シャコガイルのフィニッシュへ】

《闇王ゼーロ》の使用で《黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド》を場に出し、山札を3枚選択し残りを墓地へ。

《超神星DOOM・ドラゲリオン》が手札になければ山札の一番上に仕込み

《黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド》の効果で《一なる部隊 イワシン》を墓地に置いていればその効果によってドローすることができます。

さらにイワシン2体を墓地に落とすことができていれば、山札3枚のうち2枚をドローすることができ、山札を残り1枚に。


闇の1マナで《超神星DOOM・ドラゲリオン》をイワシン1体を含めて場に出し

攻撃時のメテオバーンでイワシンを墓地に落とし、墓地に送られた時の効果を待機した状態で《水上第九院 シャコガイル》を蘇生。

シャコガイルの出た時の効果を使用する前に待機していたイワシンの効果を使用し、山札の最後の1枚を引くことで

シャコガイルの置換効果によりエクストラWINとなります。


シャコガイルの置換効果は《一王二命三眼槍》では防ぐことができないので、一度決まると回避不能のワンショットコンボになります。


アドバンス構築戦においては最重要課題となる《とこしえの超人》のケアが必要になるため

必然と【自然単オービーメイカー】は不利対面となります。


ただ《とこしえの超人》一体だけだと《闇参謀グラン・ギニョール》を手札からムゲンクライムすることで

除去しながら《闇王ゼーロ》へと繋ぐことができることから、相手側も決して安心はできません。


弱点としては《闇王ゼーロ》を介すことになるため《希望のジョー星》による文明の無効化。

《DG-パルテノン ~龍の創り出される地~》も既に3体場に出ている状態でないと

《闇王ゼーロ》からのワンショットはできないため、フィニッシュターンが少し遅れてしまいます。


アドバンス構築戦においては【アナカラーハンデス】に採用されている

【若き大長老 アプル】や【飛ベル津バサ「曲通風」】などが少ないため、通りがよくなっている一つの要因です。


《闇王ゼーロ》を使用するデッキタイプが近頃増加していることから、マナチャージなどで早期に見極める必要がありそうです。




新弾発売によって強化されたデッキ【アドバンス】

ここでは新弾発売によって強化されたデッキをそのカード共にご紹介したいと思います。


今回は【バイク】と呼ばれるレッドゾーンデッキから。

《覇帝なき侵略 レッドゾーンF》

【振り切るぜ・・・! 新たなレッドゾーンの可能性を見せてみろ!】

進化クリーチャー
文明:火
パワー:11000
コスト:6
種族:ソニック・コマンド/侵略者

■進化:火のクリーチャー1体の上に置く。
■侵略:火のコマンド(自分の火のコマンドが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
■W・ブレイカー
■このクリーチャーの攻撃中、相手は「G・ストライク」を使えない。
■各ターン、このクリーチャーの最初の攻撃の終わりに、このクリーチャーをアンタップし、一番上のカードを破壊する。

【火光レッドゾーン編】

このカードの登場により【マジボンバー+侵略ギミック】におけるメタクリーチャーの横展開と突破力が段違いに上がりました。

特に《GOOOSOKU・ザボンバ》はアタックする度にクリーチャーを展開できる上に
レッドゾーンFの効果によりアンタップするため、非常に相性のいいカードとなっています。

更には光文明には大量のメタクリーチャーが採用されていることもあり、相性は非常に良いと思われます。

《単騎連射 マグナム》《奇石 ミクセル》を採用した【火光バイク】も今後注目です。
【火闇レッドゾーン編】

このカードの登場により【マナロックギミック+鬼エンド】での突破力が段違いに上がりました。

特に《影速 ザ・トリッパー》は現環境においてマナのタップインが非常に刺さりがよく
コマンドであるため3ターン目に《覇帝なき侵略 レッドゾーンF》に侵略しWブレイク+アンタップ。

さらにアタック時に《轟く侵略 レッドゾーン》に侵略しTブレイク。
これでシールドが0になるため、他に2ターン目にクリーチャーが場に出ていると
アタック時に《百鬼の邪王門》を使用できることから、突破力が非常に強力なものとなっています。

《単騎連射 マグナム》《星空に浮かぶニンギョ》を採用した【火闇バイク】も今後注目です。


それでは第254回VDuelCSの大会結果・母数を見ていきます。


大会結果・母数詳細

【大会結果】

~第254回VDuelCS アドバンス構築戦~

『闇と光の遺産』


42名で開催されたVDuelCS。


現在【ループデッキ】【ワンショットデッキ】が猛威を奮っているとされているアドバンス構築戦。

そんな中、とある昔のカードや十王編のカードが大活躍!


それでは気になる結果を見ていきましょう!


↓大会の様子はこちらから↓




【ガイアッシュ覇道】【水闇ドゥームドラゲリオン】が最大母数に。

今回はコントロールデッキが母数を減らし、積極的なデッキタイプが多く活躍した環境となりました。



以下が上位者のリストになります。【敬称略】


優勝:火闇ドルマゲドン/二ノ弌


準優勝:火光カメカメン/takominn。


3位:水魔導具/さくさくパン


4位:水闇ドゥームドラゲリオン/ぶどうだま


それでは、もう一度今回の母数を確認してみましょう。



【母数詳細】

~特筆点~

・【水闇ドゥームドラゲリオン】が最大母数に。オリジナル・アドバンス双方で使用できるため、増加しています。

・全体的に3ターン目4ターン目に決着がつくデッキが多く、コントロールデッキが活躍しづらい環境になっています。


以上が【大会結果・母数詳細】になります。


今後のVDuelCS~アドバンス~環境考察

ここまでお付き合いいただきありがとうございます。

最後に【まとめ】として今後のアドバンス環境を考察していきますので、もう少しだけお付き合いいただけると嬉しいです。

※なるべく初心者の方にも分かりやすくお伝えしていきますが

考察ということでCSによく参加されている方向けにお話しするため

多少専門用語が出てきます。ご了承ください。


ここまでご覧いただきましたが、今回の入賞結果と母数を確認すると


【大量展開・マナブースト妨害】を意識する。


このポイントが重要になりそうです。


大量展開かつロックする【自然単オービーメイカー】

強力なワンショットデッキ【水闇ドゥームドラゲリオン】

大量にマナブーストできる【ガイアッシュ覇道】


これらのデッキに対する妨害札として以下のカードの採用が検討されます。


↓注目カードはこちら↓

《DG-パルテノン ~龍の創り出される地~》

【展開されるだけで様々なデッキの妨害に! 大量展開を食い止めろ!】

文明:ゼロ
コスト:2
カードタイプ:DGフィールド

■このDGフィールドを出した時、カードを1枚引く。
■すべてのプレイヤーは、各ターン、クリーチャーを3体までしか出せない。
■すべてのプレイヤーは、各ターン、呪文を3枚までしか唱えられない。
《星空に浮かぶニンギョ》

【実はスレイヤー! さらには過剰マナブーストを防ぐ、アドバンス構築戦において猛威を奮う一枚!】

文明:闇
パワー:1000
コスト:2
種族:マフィ・ギャング/レクスターズ

■G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
■スレイヤー(このクリーチャーがバトルする時、バトルの後、相手クリーチャーを破壊する)
■相手のターン中、相手が自身の手札以外からマナゾーンにカードを置く時、かわりに墓地に置く。

《異端流し オニカマス》

【あれ・・・? ひょっとして【ガイアッシュ覇道】以外に有利ついちゃう?】

文明:水
パワー:2000
コスト:2
種族:ムートピア

■このクリーチャーは、相手に選ばれない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)
■相手のターン中に、相手が召喚以外の方法でクリーチャーを出した時、そのクリーチャーを持ち主の手札に戻してもよい。

現状この3枚が今の環境において、非常に効果的であるカードとなります。


がしかし、あくまでこれらはメタカードであるため

カードパワーとしては非常に低いことから、いかにこれらのカードを採用しつつ

デッキパワーをあげることができるかが大事になってきます。


実はオリジナル構築戦で活躍している【アナカラーハンデス】が

アドバンス構築戦において、活躍する日も近いかもしれません。


もしくは【アナカラージウォッチ】と呼ばれるデッキタイプもあるので

改良されたデッキタイプが活躍しそうです。


がしかし、もっと注目のデッキタイプが・・・!?

注目デッキ】レジェンドスーパーデッキ 龍覇爆炎

そうです!11/12発売のレジェンドスーパーデッキ 龍覇爆炎です!


このデッキの発売によりデュエル・マスターズの看板カードと過言ではない

《超戦龍覇 モルトNEXT》に大幅な強化が入りました!!


なんといっても、これらの新規カード!

《爆炎龍覇 モルトSAGA》

【モルトNEXTの新たなる姿!】

文明:火
パワー:10000
コスト:8
種族:ガイアール・コマンド・ドラゴン/ヒューマノイド爆/ドラグナー

■W・ブレイカー 
■スピードアタッカー
■同じ名前のウエポンを2枚以上、このクリーチャーに装備できない。
■このクリーチャーが出た時、火のドラグハートを、コストの合計が自分のマナゾーンにあるドラゴンの数以下になるように好きな数選び、自分の超次元ゾーンから選んで出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)
■マナ武装7:このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンに火のカードが7枚以上あれば、その攻撃の終わりに、自分のドラグハートをすべてクリーチャー側に裏返し、アンタップする。
《爆龍覇 グレンリベット》【クリーチャー面】

【ハンデス対策+呪文面でのマナブースト!】

文明:火
パワー:12000
コスト:9
種族:ガイアール・コマンド・ドラゴン/ヒューマノイド爆/ドラグナー

■T・ブレイカー
■このクリーチャーが召喚によって出た時、または、相手のカードの効果によってこのクリーチャーを自分の手札から捨てた時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中からドラゴンを1体出し、残りを好きな順序で山札の下に置く。

《「爆流秘術、暴龍の大地!」》【呪文面】

【ドラゴン種族が付いたフェアリーの火の子祭り! 】

文明:自然
コスト:3

■自分の山札の上から1枚目をタップしてマナゾーンに置く。それがドラゴンなら、この呪文を、唱えた後、墓地に置くかわりに手札に加える。
《炎龍覇 グレンアイラ》【クリーチャー面】

【実は縁の下の力持ち!? 各ターンなのが偉いところ!】

文明:火
パワー:5000
コスト:6
種族:ガイアール・コマンド・ドラゴン/ヒューマノイド爆/ドラグナー

■ S・トリガー
■このクリーチャーが出た時、相手のクリーチャーを1体を選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。
■各ターン、このクリーチャーがはじめてバトルに勝った時、火のコスト4以下のドラグハート・ウエポンを1枚、自分の超次元ゾーンから出す。(このクリーチャーに装備する)

《「助けて!モルト!!」》【呪文面】

【シンプルだけどコスト制限がない超強力な踏み倒し呪文!】

文明:火
コスト:5

■ドラグナーを1体、自分の手札から出す。

強力なツインパクトカードの収録により

ますます《メンデルスゾーン》の重要性が上がりました!


なんといっても《助けて!モルト!》

《メンデルスゾーン》から繋がりいきなりコスト10の強力なドラグナーが出現!?

《メンデルスゾーン》のはずれにもならないのが非常に偉いです!


↓強力なドラグナーはこちら↓

《龍覇 グレンモルト「爆」》

【マナ武装なしが実はえらい!?】

文明:火
パワー:8000
コスト:8
種族:ガイアール・コマンド・ドラゴン/ヒューマノイド爆/ドラグナー

■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、コスト5以下の火のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)
《二刀龍覇 グレンモルト 「王」》

【まさに王!! これこそモルトの王様!】

文明:火
パワー:9000
コスト:10
種族:ガイアール・コマンド・ドラゴン/ヒューマノイド爆/ドラグナー

■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、火のコスト5以下のウエポンを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(このクリーチャーに装備する)
■マナ武装 7:このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンに火のカードが7枚以上あれば、火のコスト6以下のウエポンを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。
■同じ名前のウエポンを2枚以上、このクリーチャーに装備することはできない。

上記の強力なドラグナーを駆使して、君だけのモルトデッキを完成させよう!!

【最後に】

いかがでしたでしょうか?


さていよいよアドバンス構築戦強化期間!!

モルト時代が再び来るのか! 非常に注目度の高い1か月になりそうです!


もしよければ感想を #VDCS のハッシュタグでツイートしていただけると非常に嬉しいです!


もしこのコラムがよかったと感じていただけたら、SNS等で拡散していただけると幸いです。

今後も【VDuelCS~協賛:ドラゴンスター~】何卒宜しくお願い致します。


以上、らふぁにぃでした!

面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

DORASUTA COLUMN コラム