盛り沢山のトレカ・イベント情報ならドラゴンスター

総合トップ よくある質問 ご利用ガイド
  • メニュー

    MENU

  • TOP
  • コラム一覧
  • デュエマで今どんなデッキが強いのか解説!アドバンスフォーマットの環境分析&入賞デッキレシピ紹介 Vol.28 | らふぁにぃのデュエマ情報局!

2022.3.25

デュエマで今どんなデッキが強いのか解説!アドバンスフォーマットの環境分析&入賞デッキレシピ紹介 Vol.28 | らふぁにぃのデュエマ情報局!

1712 0
デュエマで今どんなデッキが強いのか解説!アドバンスフォーマットの環境分析&入賞デッキレシピ紹介 Vol.28 | らふぁにぃのデュエマ情報局!

はじめに


まいど! 私、リモートデュエマの公認CS「VDuelCS」を開催している『らふぁにぃ』と申します!


こちらのレポートではVDuelCSにおける結果・考察をまとめていきます!

よろしければ少しの間お付き合いください!


この記事は第163回VDuelCS~アドバンス~大会の環境解説記事です。

本大会は【アドバンス構築戦】という【発売されているすべてのカード】で戦うレギュレーションでのイベントとなります。

目次

最近話題のデッキ


今回は《13番目の計画》が採用されたデッキをご紹介させていただきます。


※現環境をご存じの方は【大会結果・母数結果】まで飛ばしていただいて構いません。

※デッキリストは公開できませんのでキーカードのみご紹介させていただきます。



【50'sボルシャックNEXT】


こちらは以前ご紹介させていただいたデッキとなります。


おすすめ度★★★★★

プレイ難度★★★☆☆

構築自由度★★★★★


特徴:《13番目の計画》を搭載し、デッキ枚数が増えても安定する初動カード達!

高火力のドラゴン達を複数搭載することができ、デッキ切れも気になりません!


《超戦龍覇 モルトNEXT》《ボルシャック・モモキングNEX》を掛け合わせた【ボルシャックNEXT】


以前は安定を重視した《ボルシャック・秘伝・ドラゴン》を利用したデッキとなっていましたが

現在は大型のドラゴンである《ニコル・ボーラス》《龍世界 ドラゴ大王》などを早期に踏み倒す内容に変わっています。


【4cドラグナー】との違いは《龍覇 ラブエース》《最終龍覇 ロージア》を介さずとも

《ボルシャック・モモキングNEX》単体で大型のドラゴンを踏み倒すことができるため

運が良ければ、最速4ターン目に大型のドラゴンを出すことができます。


圧倒的パワーと興奮を兼ね備えたデッキです!

是非お試しください!


キーカード






【50's4cダークネス】


おすすめ度★★★★☆

プレイ難度★★★★★

構築自由度★★★★☆


特徴:《13番目の計画》を搭載することで

40枚では対応しきれなかった【リソース確保】【除去性能】【フィニッシュ能力】を兼ね備えたデッキとなっています。


フィニッシュプランは既存の《S級宇宙 アダムスキー》だけでなく、《禁断竜王 Vol-Val-8》を同時に採用出来たり

さらに少し前に採用されていた《BAKUOOON・ミッツァイル》も採用可能であったりと

様々なルートでのフィニッシュを採用することにより、読みづらいデッキとなりました。


余談ですが、50枚デッキの場合【初動】の枚数は【12】枚採用するケースが多いです。


キーカード






今回は13番目の計画入り【火水ギャラクシー】が入賞しています。


《オールデリート》を採用するデッキにも山札切れを回避すべく採用されています。



続いては大会結果になります。


大会結果・母数結果

【大会結果】

~第163回VDuelCS アドバンス構築戦~

 ≪天使と土偶の墳墓≫


土偶・・・? あの土偶ですか?

いや《天使と悪魔の墳墓》なら分かるんですが・・・

果たして一体どういう意味なのか。


ぜひ大会結果と共にご覧ください!


↓大会の様子はこちらから↓





  

【5cコントロール】【アナカラー墓地退化】が最大母数という結果となりました。

といっても母数が4のため、そこまで意識することはなさそうです。


今回から《13番目の計画》を使用したデッキとその枚数を提示させていただきました!

なにか参考になればと思います。


以下が上位入賞者のリスト(キーカード)となります。

     

優勝:巨大天門【あららぎ】さん


準優勝:水魔導具【青魔】さん


3位:4c万軍投【あんだんて】さん


4位:火水ギャラクシー【kuniko】さん


それではもう一度今回の母数を確認してみましょう。



【母数詳細】


~特筆点~

★【JO退化】や【ガイアッシュ覇道】の母数がなぜか0というまさかの状況。

★がしかし【アナカラー墓地退化】が増加傾向に。

★【アナカラーダークネス】だけでなく【4cダークネス】も再び登場しており、ハンデス対策が必要になりそうです。


以上が【大会結果・母数詳細】になります。


今週の【注目デッキ・インタビュー】はお休みとなります。

VDuelCSでよくある質問集

こちらではVDuelCSにおいて、よくある質問をまとめてみました!
注)あくまでも当イベントでの裁定となりますので、皆様が参加される
イベントにおいては担当する認定ジャッジにご確認ください



Q.《奇石 ミクセル》が相手のバトルゾーンにいるときに

《ヘブンズ・ゲート》から《闘門の精霊ウェルキウス》を出し

その出た時効果により《∞龍 ゲンムエンペラー》を場に出しました。その時のマナは6マナであった。

《闘門の精霊ウェルキウス》《∞龍 ゲンムエンペラー》《奇石 ミクセル》の効果を受けるのか。


A.《闘門の精霊ウェルキウス》のみ《奇石 ミクセル》の効果を受けデッキの一番下に送られます。

解説)

《∞龍 ゲンムエンペラー》が出た時点で《奇石 ミクセル》の効果が無効化されますが

《闘門の精霊ウェルキウス》が出た時点では《奇石 ミクセル》が既に誘発しており、その効果は無効化されません。

そのため、《闘門の精霊ウェルキウス》のみ《奇石 ミクセル》の効果を受けるという形になります。




Q.《地封龍 ギャイア》が相手の場にいるときに

自分が《「絶対の楯騎士」》のギャラクシールドを使用し、表向きにシールド化しました。

次の自分のターンのはじめに表向きでシールドゾーンにあった《「絶対の楯騎士」》を場に出しました。

この時、《地封龍 ギャイア》の効果を受け、マナゾーンに送られますか?


A.効果の対象外であり、マナゾーンには送られません。

解説)

《地封龍 ギャイア》は相手の「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力に反応します。

《「絶対の楯騎士」》は【このクリーチャーが表向きでシールドゾーンに置かれた時、あるいは出た時または攻撃する時】となっているため

「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」では始まっていません。

このことにより、《地封龍 ギャイア》の効果を受けません。




Q.《流星のガイアッシュ・カイザー》が相手の場にいる時

前のターンに場に存在していた《未来王龍 モモキングJO》《アルカディアス・モモキング》に進化させました。

この時《アルカディアス・モモキング》は相手プレイヤーに攻撃することができますか?


また、進化パワーを使用して《未来王龍 モモキングJO》に退化させた場合

この《未来王龍 モモキングJO》は相手プレイヤーに攻撃することができますか?


A.《アルカディアス・モモキング》はこのターン場に出ているため相手プレイヤーに攻撃することはできません。

解説)

《未来王龍 モモキングJO》は前のターンに場に出ているため

一度進化しようともその状態は変わっていないことから、相手プレイヤーに攻撃することができます。


今後のアドバンス考察

ここまでお付き合いいただきありがとうございます。

最後に【まとめ】として今後のアドバンス環境を考察していきます。

※なるべく初心者の方にも分かりやすくお伝えしていきますが

考察ということでCSによく参加されている方向けにお話しするため

多少専門用語が出てきます。ご了承ください。


ここまで

【よく使われているデッキ】

【大会結果・母数詳細】

【よくある質問】

をご覧いただきましたが、それらの内容を踏まえると


対ハンデスを意識する。


このポイントが重要になりそうです。


理由としては【ダークネス系統】の母数です。

【4c万軍投】【4cダークネス】【アナカラーダークネス】などのデッキタイプに採用されている《カット 丙-二式》《絶望と反魂と滅殺の決断》といったハンデスカード。


これらを対策するためのカードの採用が見込まれます。

《斬隠蒼頭龍バイケン》《時の秘術師 ミラクルスター》《貝獣 パウアー》が現在採用可能なカードとなっています。


是非お試しください。

【最後に】

いかがでしたでしょうか。

《13番目の計画》で個性的なデッキが多く見受けられ、少しずつ盛り上がりを見せるアドバンス構築戦。


果たして新弾までに新しいデッキタイプが現れるのか!

皆様の活躍を楽しみにしています!


もしこのコラムがよかったと感じていただけたら、SNS等で拡散していただけると幸いです。

今後も【VDuelCS~協賛:ドラゴンスター~】を何卒宜しくお願い致します。


以上、らふぁにぃでした!


面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

このコラムのライター

らふぁにぃ

らふぁにぃ