盛り沢山のトレカ・イベント情報ならドラゴンスター

総合トップ よくある質問 ご利用ガイド
  • メニュー

    MENU

  • TOP
  • コラム一覧
  • どっしり構えて捲り勝ち! リザードンex+ピジョットex | 週刊きむらのポケ講

2024.6.11

どっしり構えて捲り勝ち! リザードンex+ピジョットex | 週刊きむらのポケ講

1562 1
どっしり構えて捲り勝ち! リザードンex+ピジョットex | 週刊きむらのポケ講

どっしり構えて捲り勝ち!リザードンex+ピジョットex | 週刊きむらのポケ講

目次

はじめに

こんにちは
きむらです。

先週は自主大会、BOX争奪戦、ドラフトで過ごしました。
※ドラフト:カード取って横にまわしてデッキ作るやつ

・自主大会 「だんけつのつばさ」使用 2-3 予選落ち
デッキコード:NnggnN-TVdgn3-9PNQnH

・BOX争奪戦 《リザードンex》使用 3-1 決勝負け

デッキコード:Spp2My-Tv3533-EpRM32
でした。


「だんけつのつばさ」が怪しかった!
負けは「序盤に止まってしまって負け」が3つで運が悪かった気もしますが

《リザードンex》《ドラパルトex》が苦手なデッキなので

そもそもの立ち位置が良くなかったと思います。


あとこちら側の動きがかなり単純+手札干渉がないので
相手側のプレイ難度を下げているところもう~んでした。
《リザードンex》《ギラティナVSTAR》なら相手のうっかりを待てる!

「相手側のプレイ難度を意識したデッキ選択」! ヨシ!




「デッキへの理解を深めるため」という名目で

記事の作業から抜け出して向かった別のBOX争奪戦で4-0優勝! 嬉しい!


戻ってきて全然進んでないのを認識! 苦しい!

記事概要

今回の記事では「《リザードンex》+《ピジョットex》」デッキを紹介します。
久しぶりの1つのデッキに絞った記事! 合入れていくぞ!

「デッキリスト」

「デッキ説明」

「意識したいプレイ」

「環境デッキへのプランと注意点」

「採用候補カード」


という順番で紹介していきます。




今回のデッキは少しずつ中身を変えながらですが

対戦会(新弾前) 4-1、5-0
BOX争奪戦(新弾後) 3-1、4-0
トータル 16-2 と絶好調のデッキです!

しかも負け2回の内、1つは同じ構築の友人に決勝で負け

もう1つは自分のミスが響いていって負け!
(ロトムフトゥースタンプするべきタイミングでなぜかフトゥー捨てちゃった…)


つまり17-1できそうなデッキ! ミラー以外全部勝つ!

というわけでは全然ありません。


「正着を打たれているとほとんど負け」が2回

「運次第のところをギリギリ」が2回

「焦った攻めを《アンフェアスタンプ》で咎めた」が2回

「相手が止まっているところを押し切り」が4回

と色々噛み合った結果があっての上振れ成績です。


ですが「なにもできずに負ける試合が少ない」と

「相手側のプレイ難度が高い」は事実っぽいと感じています!

だからめっちゃお気に入り!

デッキリスト

4

1

3

2

2

1

1

1

1

2

4

3

3

2

2

4

1

1

1

1

1

4

3

1

2

1

1

1

6

「はじめに」の部分の《リザードンex》とは
《ヒトカゲ》の4枚目、《ツツジ》が異なります。
(僕は「まるやけ」4枚目の購入をめんどくさがって「ひのこ」を使い続けています…)

「まるやけ」優先! 《ジャミングタワー》を割りたい場面があります。

《モモワロウex》+《くさりもち》

《ヨノワール》ライン

最近流行りのセットがどちらも採用されていないところが特徴です。


入れたい気持ちはあるけど枠がない~!


ギリギリ作れそうな枠が《ツツジ》の1枠で

どちらのセットも2~3枠要求されるので不採用としました。

《ヨノワール》には惹かれてる!

デッキ説明

《ピジョットex》「マッハサーチ」
《ロトムV》「そくせきじゅうでん」
《ビーダル》「はたらくまえば」


以上の手段で状況に応じたカードを集め

《リザードンex》,《かがやくリザードン》で戦っていくデッキです。

《リザードンex》がHP330と高耐久

・サイドを取られている程「バーニングダーク」のダメージが上がる

・手札干渉カードが多い(《ナンジャモ》,《ツツジ》,《アンフェアスタンプ》

《カウンターキャッチャー》2枚


これら要素を持っているので「リードされてからの逆転が得意」です。

逆転は得意ですが、「バーニングダーク」の性質上押し切る展開は苦手です。


「先攻2ターン目、《リザードンex》を立てると《ピジョットex》が立たない」
《ボスの指令》or《ビーダル》立て、次のターンで《ピジョットex》が倒される?」
という場面では無理にサイドを取りに行かず
逆転に向けた強固な盤面と手札作りを目指しましょう。

意識したいプレイ

待ち

「ここは待ちのそくせきじゅうでん…」


とにかく「待ち」が重要なデッキ!

僕は「待ちのきむら」です。~MachinoKimura~


1体目の《リザードンex》を立てる前だけでなく
お互い動き出した後の中盤でも「《ヒトカゲ》を前に出してそくせきじゅうでん」

といった待ちのプレイをすることがあります。


「攻めた先でのお互いの要求」

「待った先でのお互いの要求」

どちらの方が分の良い勝負か考えてから動きましょう。


あと、待ちは「うまぶりポイント」が高いです。
カードゲームはうまぶってなんぼ! ワハハ!

待つべきか怪しい場面でも待ちたくなっちゃいがち~

サイド落ち確認

《ピジョットex》「マッハサーチ」で好きなカードを持ってこられるので

デッキの中に残っているカードを把握する「サイド落ち確認」が重要です。


・グループ1:ポケモン18枚

・グループ2:エネルギー6枚+《すごいつりざお》2枚

・グループ3:手札干渉5枚+裏呼び4枚

・グループ4:残りの1枚積みカード7種


この4つのグループに分け、3~4周で確認しています。
グループ4を他のグループ確認時に「ついで確認」ができれば3周になります。

《リザードンex》山に残ってるかわからん~なかったら負けるから《すごいつりざお》

というプレイが原因でリソースが足りなくなることもあるのでなるべくちゃんと見ましょう!

僕はちょこちょこ見落として
「なんでビッパおるねん! サイド落ちてたはずやん! 脱獄か~?」
みたいなことを言うてます! ワハハ!

どのカードの確認も重要ですが

《森の封印石》《まけんきハチマキ》

《基本炎エネルギー》《すごいつりざお》

これらは特に重要です!


《森の封印石》ないやん」
《まけんきハチマキ》で倒す計算やったのにないやん」

「エネ残り1枚しかないやん」
《すごいつりざお》埋まっとるやん」


どれも負けに直結しているので
眠くて確認をサボりたくなった時でもここだけは見ましょう。

《基本炎エネルギー》のサイド落ちはその意味まで考えておくと、その後のプレイがしやすくなります。


・1枚落ち

 →1枚トラッシュしても《すごいつりざお》なしで《リザードンex》が2体動く

  →逃げエネ、《ハイパーボール》のコストにできる、「れんごくしはい」で次の《ヒトカゲ》につけて山圧縮

・2枚落ち

 →《すごいつりざお》なしで《リザードンex》が2体動くギリギリ

  →「れんごくしはい」で次の《ヒトカゲ》につけるのはリスクあり

環境デッキへのプランと注意点

ここでは環境デッキと呼ばれるデッキとの対戦でのプラン、注意点を書きたいと思います。


《ドラパルトex》

《ルギアVSTAR》

《リザードンex》+《ピジョットex》

《タケルライコex》+《オーガポン みどりのめんex》

《サーナイトex》

《ギラティナVSTAR》

《ウッウ》+《ヤミラミ》


以上のデッキについて書いていきます。

かなり不利

はいスタートからかなり不利ぃ!!

相方が《ネイティオ》,《ウッウ》,《ピジョットex》,《リザードンex》

どれであってもめちゃきつです。


16-2の中でも4戦していますが

「正着を打たれているとほとんど負け」が2回

「相手が止まっている間に押し切り」が2回です。


運が普通の時だと1-3かな~? そんな気がする!

まともに戦うと厳しいので《アンフェアスタンプ》からの相手止まりを狙います。

《ピジョットex》が立った後も《ポッポ》《ビッパ》を出して

相手の「ファントムダイブ」を誘いましょう。


《ドラメシア》《ドロンチ》《ドラパルトex》各1体

という場で《ポッポ》たちを取ってくれたらチャンス!

《アンフェアスタンプ》+《カウンターキャッチャー》《ドロンチ》を倒してお祈りです。

わりと止まるしわりと止まりません。

最近は「デヴォリューション」の採用が減ってきているような気がするので

《フトゥー博士のシナリオ》《ロトムV》を回収して

「残りサイド3やけど取り切るには《リザードンex》2体倒さなあかんで」
という場を作れると希望が見えてきます。


「デヴォリューション割り切りアメ進化」と「余分な《ヒトカゲ》は出さない」!

スタートが《ヒトカゲ》で倒されそうなら合計3体出し! それ以外なら合計2体出し!

少し有利

「ナイトワンダラー」以前は《ルギアV》スタートした場合に
ベンチになにも出さず「かぜよみ」で何ターンか待たれると少しぐぬぬぬでしたが

《モモワロウex》+《くさりもち》が出たので相手は「かぜよみ」での待ちがしにくくなりました。


《チラチーノ》ラインが1体ならそこを倒し

《チラチーノ》ラインが2体なら《アーケオス》を倒していきます。


相手側がかなり難しいゲーム!
こっちは嫌がりそうなとこを倒していってどっかで《シンオウ神殿》貼るだけ!


《オーガポン いどのめんex》を通されると一気に負けるので《マナフィ》を出しましょう。

楽しい!

長引くゲームで楽しい!


お互い《リザードンex》「バーニングダーク」なので

サイドレースでのリードよりも盤面作りを重視しましょう。


・なるべく早くベンチを埋める

 →相手が《崩れたスタジアム》を貼った時はこちらも《ロトムV》を落とせるように

・サイド3を通らないようにする

 →《まけんきハチマキ》「バーニングダーク」で《ピジョットex》が倒される
次ターン相手《ピジョットex》を倒すと残りサイド1=相手の「バーニングダーク」が330

かといって《ピジョットex》を倒さないのも…


相手サイドが2のタイミングで
こちらの場にex,Vポケモンがいない+《かがやくリザードン》+《リザード》+《ビーダル》という場を作る

 ↑これ! これが一番重要な気がしています!

バトル場

ベンチ

こんな場を作れば相手は2枚取りができません。

そして相手の場に《リザードンex》《ピジョットex》がいるなら

2枚取られないよう《かがやくリザードン》で攻撃されても
《フトゥー博士のシナリオ》でexたちの回収までされなければ

《リザードンex》進化+《カウンターキャッチャー》で勝ちです。


1ターンでいきなりこの場を作ることはできないので

始めからこの場にたどり着こうと考えて動くことが重要です。

相手も同じような場を作ってきた場合は
《カウンターキャッチャー》《ビーダル》《ナンジャモ》「バーニングダーク」
《リザードンex》に進化されない+《ボスの指令》を引かれないお祈りです。

視点変更! ぐるぐる!

自分が《リザードンex》or《ボスの指令》を引きたい立場になることもあります。
そこで《まけんきハチマキ》を温存しておく

《ナンジャモ》をされた手札1枚+ドロー
《ペパー》《ハイパーボール》《まけんきハチマキ》
→残り1枚+《まけんきハチマキ》を捨てて《ハイパーボール》《リザードンex》

という動きができます。


普段だと「山圧縮のために貼っておこう」となりがちですが

温存した場合のほうが有効札が多くなります。

有利

JCS以前は《オーガポン いしずえのめんex》が流行っていましたが

最近はすっかり見なくなりました。ここから増えそう…

増える気配を感じたら《キャンセルコロン》《ウガツホムラex》を採用しましょう。


相手が《ヒトカゲ》《ポッポ》を倒してサイドを1枚取ってくれるなら

《カウンターキャッチャー》等を交えながら2-2-2と取るだけで勝てますが

それは相手も分かっているので《ロトムV》or《ピジョットex》が倒されてからゲームが始まります。


プレイ方針は2つ!

・相手サイドが4のタイミングから《かがやくリザードン》「かえんばく」で裏呼び2回要求

 →《ピジョットex》が倒されることを考えるとあらかじめ出しておく必要がある

《リザードンex》ミラーの最後と同じ
ex,V無し《かがやくリザードン》《リザード》《ビーダル》という場を作る


この2つのどちらかを通せるように狙っていきます。
《ポケモンキャッチャー》の影響で前者が突破されやすくなった! でもまだ余裕あり!

少し有利

《リザードンex》と同じように

サイドレースでのリードより盤面作りが重要な相手です。
サイドを先行された場合は《カウンターキャッチャー》が動くのでヨシ!

一番よくある負け方が

《ピジョットex》を倒されてなにもできず、やりたいことをされて負け」なので

《ビッパ》まで出てから動く
《ポッポ》2体出しから《ピジョットex》2体目も狙う
 →《リザードンex》2体目の《ふしぎなアメ》が残るか気を付ける

というプレイが重要です。

《マナフィ》を出しても《クレセリア》でベンチを狙われるので

《ポッポ》の2体目や《ビッパ》より優先度を下げています。


《ビーダル》は縛り対象になります。

あらかじめ「れんごくしはい」で《基本炎エネルギー》を1枚つけておいて実質逃げ1にしておきましょう。

互角

《アンフェアスタンプ》が有効ですが

《ピジョットex》が倒されやすく、ぐぬぬぬです。


僕が《ギラティナVSTAR》なら《ギラティナVSTAR》有利!

《リザードンex》なら《リザードンex》少し有利!
そんな感じの相性です。プランが難しい!

《ギラティナVSTAR》をなるべく一撃で倒したい

 →「バーニングダーク」を受けに来た《ギラティナVSTAR》《ボスの指令》でかわす
という動きが重要です。


「アビスシーク」をしにきた《ギラティナV》を避けて《ボスの指令》をしても

次の《ギラティナVSTAR》を避けるのが難しいので

「アビスシーク」にはそのまま「バーニングダーク」で返しましょう。

少し有利

《アンフェアスタンプ》

《ナンジャモ》

《ツツジ》

《ナンジャモ》


だいたいどこかで止まります。止まってくれ!

最近は《トドロクツキ》が採用されていないこともあり

相手は《リザードンex》がげきおもです。


1ターン目で手札にエネルギーがある場合は

《ヒトカゲ》2体+《ポッポ》1体ではなく

《ヒトカゲ》1体+《ポッポ》2体、《ポッポ》に手貼りというプレイをしています。
《マナフィ》まで必要なこともあって2体ずつ出しは厳しい…


《プライムキャッチャー》「おとぼけスピット」をされる可能性があり
その返しなら「ふきすさぶ」で十分! 《ピジョットex》がおる方がそこから強い!

まとめ

これ以外のデッキだと

《ディアルガVSTAR》 少し不利

《カビゴン》LO 無理☆

《パオジアンex》 不利

《ミライドンex》 有利
《レジドラゴVSTAR》 少し有利

という感じです。


やっぱりかなり強い!
《ドラパルトex》のかなり不利がひっじょーーに苦しいですが

それ以外は有利がいっぱいです。


あとは《カビゴン》LOを攻略できれば最高なんですが
なかなかぐぬぬぬです。《カビゴン》めぇ~~!

《クセロシキのたくらみ》+《レジエレキ》まで入れれば勝てそうやけど1枠やと厳しい~~

採用候補カード

《フトゥー博士のシナリオ》2枚目


《リザードンex》,《タケルライコex》との試合で重要で

《ドラパルトex》に勝ちを作ってくれる時も無くはない

でも《ツツジ》のが無難~




《サマヨール》《ヨノワール》


《ツツジ》《シンオウ神殿》を抜いて2枠ならギリギリ作れそうだが

どちらかだけだとう~~~~ん気が進まない!
3枠は厳しすぎる…




《モモワロウex》+《くさりもち》


《まけんきハチマキ》より価値があるようには思えん!

《リザードンex》に残された隙が「攻める動きが弱い」なので

相性は良いと思う! でも今までの強みを損なうのがやだ~~~~!


《カビゴン》LOに勝てるなら好き好き大好きカードやけど
《ミミッキュ》突破が難しい! 《リザードンex》を呼ばれ続けて負ける!




《ネオラントV》

《ドラパルトex》が相手だと《ピジョットex》《ビーダル》が残らないので

最後の詰めを目的として採用していた。《ドラパルトex》割り切った! 不採用!




《スグリ》


SRとSARを買ったので減価償却も目的にしながら採用していた。

あると便利! 気楽に《ビーダル》に進化できる!

でも別に無くても良い! 不採用!

《マキシマムベルト》まであってこそのカードかな?


《クセロシキのたくらみ》


好きなカード! 決まると気持ちいい!

でも活躍する場面が限られすぎていると考えて不採用。

「これで《カビゴン》に勝てる!」みたいな話を聞いたのでまた採用するかも?

勝てるのか…?

終わりに

ここまで読んで頂きありがとうございました。


発売後の土日をドラフトに使いすぎたので

「俺のリザードンは遅れているのか…? 間違っているのか…?」と不安でしたが

BOX争奪戦で優勝して「まあ強いやろ! ヨシ!」と安心できました。

負けた方のBOX争奪戦も同じ構築の友人が優勝してて嬉しい!


最近僕や友人たちの調子が良い感じですが

成長したのか良い感じのデッキを握れているからなのかわかりません。

もうちょっと続いたら成長してると思えるかな? 頑張ろう!


次回6月18日(火)更新! そろそろノウハウ系を書きたい!

面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

このコラムのライター

きむら

きむら