盛り沢山のトレカ・イベント情報ならドラゴンスター

総合トップ よくある質問 ご利用ガイド
  • メニュー

    MENU

  • TOP
  • コラム一覧
  • Vol.21 エクストラで使えそうな「ナイトワンダラー」のカード5選 | てるるのオレンジメール

2024.6.7

Vol.21 エクストラで使えそうな「ナイトワンダラー」のカード5選 | てるるのオレンジメール

1026 0
Vol.21 エクストラで使えそうな「ナイトワンダラー」のカード5選 | てるるのオレンジメール
目次

はじめに

こんにちは! てるるです。


ナイトワンダラー」のカードリストが公開されました。

(この記事が出ているころには、発売されていると思います)


スタンダードレギュレーションについては、他のライターの方が色々記事を書いてくれると信じているので

今回もエクストラレギュレーション視点でカードを5枚紹介したいと思います。

1.ニュートラルセンタ- 

特定のスタジアムに強く依存して構築されたデッキに

《ヤミラミ》《キュウコン《ブラックマーケット◇》を活用したロックデッキがあります。

内容としては、《ブラックマーケット◇》が盤面に置かれた状態で

《キュウコン》に進化して、《ブラックマーケット◇》を守ります。


その状態で、《ヤミラミ》が「そくばく」を使うと、《グズマ》《ボスの指令》等でベンチを狙われないので

相手はそのまま《ヤミラミ》を倒すしかありません。

しかし、《ブラックマーケット◇》の効果で相手はサイドとることができません。


そこに《クララ》《ルザミーネ》を組み合わせて、交互に使うこと()で

毎ターン確実に《ヤミラミ》を準備して、「そくばく」を使い続けられます。


《クララ》《ヤミラミ》2枚と《基本悪エネルギー》を2枚回収→《ルザミーネ》《ルザミーネ》《クララ》を回収


こうなってしまえば、あとは相手の山札が切れるまで待つだけです。


一見すると突破できなさそうに思えますが、決して完璧なデッキではないので、苦手としてるカードはもちろんあります。

その中でもっとも厳しいのが、《テツノカイナex》になります。


《ブラックマーケット◇》は取れるサイドの枚数をなくすのではなく、1枚少なくする効果のため

「ごっつぁんプリファイ」の1枚多くとる効果で、デッキコンセプト自体が崩壊します。




さて、ようやく《ニュートラルセンター》の話になりますが

このカードを貼りながら「そくばく」使うことができれば

《テツノカイナex》に対しても負けることはありません。


もちろん、《フィールドブロアー》で剝がされたり

そもそもポケモンex・V以外から攻撃される等の方法で簡単に突破できてしまいます。


しかしながら、《ニュートラルセンター》によって《テツノカイナex》では《ヤミラミ》が倒されないため

《ブラックマーケット◇》とは違い、使用するサポートに制限がありません。


自由なサポートの権利をうまく使って

コントロールすることができれば面白いデッキになるのではないかと思っています。

2.オノノクス

ドラゴンタイプのカードの追加

すなわち、《レジドラゴVSTAR》の強化です。


特殊エネルギーが強力なエクストラレギュレーションでは

多くのデッキが特殊エネルギーを採用しています。


《ルギアVSTAR》《レジドラゴVSTAR》はその代表格で

これらのポケモンを倒すためには、《MレックウザEX》の「ガリョウテンセイ」などが

主に使われていましたが、デメリットがあるワザです。


デメリットなしで、これらの強力なポケモンを倒すことができるのは大きなメリットです。


唯一のデメリットは、デッキのスペースを1枚使うことでしょう。

3.キュレム

ドラゴンタイプのカードの追加

すなわち、《レジドラゴVSTAR》の強化です。

(2回目)


デメリットはありますが、強力なベンチ狙撃ワザです。

いうまでもなく、先攻2ターン目に110ダメージが3体に飛んでくるのは脅威です。


また、一部のデッキはドローサポートとして《アクロマ》を採用することもあるため

場合によっては《キュレム》単体で1エネでワザ打てる可能性がある点はプレイ中に見逃してはいけないでしょう。


唯一のデメリットは、デッキのスペースを1枚使うことでしょう。(2回目)

4.アンズの秘技

非常に強力なエネルギー加速を行うことができるサポートです。


唯一の欠点は、現在エクストラレギュレーションで最も強力と思われる

悪タイプのポケモン(《リザードンex》を除く)は《トドロクツキex》だということです。


《トドロクツキex》だけに限ってエネルギーを加速する前提であれば

山札を引くこともできる《オーリム博士の気迫》の方が一枚上手です。


とはいえ、今後も増えていくあらゆる悪タイプのポケモンを採用する上で

使用を検討できる優秀なサポートカードです。


今現在はあまり使われていませんが

《ゲッコウガ&ゾロアークGX》のように盤面の悪エネルギーの数を参照するポケモンが

エクストラで使われていた時期もあります。


今後の悪タイプのポケモンによっては、使われることになるサポートだと思います。

5.サマヨール

ここまでで4枚のカードを紹介しましたが

ものすごく極端な話をすると、次の1枚さえ覚えていただければ、今までの4枚は忘れて問題ないかもしれません。


というわけで、今日はこのカードだけでも覚えていってください。

《ヨマワル》の特性「ひとだましんか」を使うと、先攻1ターン目から

《サマヨール》に進化することができます。


コストの3枚も、《タマタマ》を3枚トラッシュすれば、トラッシュからいつでも手札に戻せるため

2枚目の《ヨマワル》の「ひとだましんか」のコストにも困りません。


さらに《いのちのしずく》を付けると、《サマヨール》の特性を使った際にサイドを取られません。

つまり、《スイレンのつりざお》等で再利用すれば、6回以上《サマヨール》の特性を使うことができるようになるということです。


そして、エクストラレギュレーションには《フェローチェGX》のように先攻1ターン目から攻撃できるポケモンもいます。


これによって、先攻1ターン目から合計400ダメージ以上だしてくるデッキが誕生しました。

先攻1ターン目から400ダメージ以上を容易に出せるため

じゃんけんで負けた時点でポケモンVのように高HPのポケモンを3体以上置けていなければ

「相手のデッキ次第ではあっさりと負けてしまう可能性がある」と言ってもいいでしょう。


「カースドボム」は特性のため、古代能力のθストップで防ぐことができますが

《フェローチェGX》が単体で90ダメージ出せるため、θストップのポケモンを2体出す必要があるとなれば

このプランも現実的ではありません。


加えて、θストップのたねポケモンで環境で使われていると言えるのは

《セレビィ》くらいですので、デッキとしてのパワーがあまりにも心もとないです。

じゃんけんに勝てる前提であれば、対策方法は色々あるかもしれませんが

50%の確率で何もできずに負けてしまうデッキが誕生するというのは、わかりやすい脅威です。


今現在エクストラレギュレーションで使われている

バトル場にいることによって妨害できる特性持ちといえば

《ソーナンス》《テツノイバラex》ですが

どちらも《ヨマワル》の特性を止めることはできません。


各種デッキの潤滑剤となるポケモンの特性を止めることはできることから

無策よりはマシですが、《じてんしゃ》などの特性に頼らない方法で

山札を掘り進められ、《キャンセルコロン》を引かれた段階でおしまいです。


これからのエクストラレギュレーションは「ファストレイド」デッキ

もしくは、妨害ポケモンを大量に入れてバトル場スタートすることを祈るデッキの2種類の時代がきたと言われることになるかもしれません。

終わりに

おそろしいカードが登場してしまいました。


この記事は「ナイトワンダラー」発売前日に書いているのですが

ギリギリまで《サマヨール》の段落については記述するか悩んでいました。


様々な意味でエクストラ環境に一石を投じることになるのは間違いない、と考えていましたが

「エクストラで使えそうな」と銘打って、さすがにこのカードに言及しないわけにもいかないだろうと筆を執りました。


今後、どこまで影響を及ぼすかは実際のイベントや大会の結果を見るまでわかりません。

効果を見て、面白そうだと思った方は、ぜひ【ファストレイド】を組んでエクストラバトルの日で試してみてください。


こういった自分の番に同じ動きを繰り返し、一方的な展開に持ち込むだけのポテンシャルを持ったデッキが大型大会等で結果を出したことは今までもありました。

一度経験してみるのも一つの経験値としていかがでしょうか?

また、逆にこういったデッキと対峙してみることも一度ならいいかもしれません。(二度目を楽しめる人は立派なポケカ星人です)

本日の麺活コーナー

このコーナーは私が個人的に美味しいと思った麺屋を淡々と紹介するだけです。

過度な期待はしないでください。



店名:つけ麺 五ノ神製作所

住所:東京都渋谷区千駄ケ谷5丁目33−16 シャトレー新宿御苑第一 1F


新宿にある、エビつけ麺の名店。

スープに絡む濃厚なエビのスープがとても美味。

チーズやバジル等でイタリアンな風味にもアレンジできます。


並でも結構な量があるので、あまり食べられない方は注意してください。

店員さんに申し出れば、並を小盛に減らすことも可能です。

面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

このコラムのライター

てるる

てるる