盛り沢山のトレカ・イベント情報ならドラゴンスター

総合トップ よくある質問 ご利用ガイド
  • メニュー

    MENU

  • TOP
  • コラム一覧
  • デレマスユニット紹介・エボルヴ編 | せるぷーのエボルヴ研究室

2023.9.19

デレマスユニット紹介・エボルヴ編 | せるぷーのエボルヴ研究室

1261 1
デレマスユニット紹介・エボルヴ編 | せるぷーのエボルヴ研究室
目次

はじめに

みなさんこんにちは、せるぷーです。


今回のコラムはちょっと目線を変えまして
デレマスのユニットを基準にキャラの関係を紹介しつつ
どのようにカードの効果として落とし込まれているのかを紹介していきます。


前回のコラボパック『ウマ娘』でも《ウオッカ》《ダイワスカーレット》(ウオダス)や
BNWのように関係するカードの組み合わせはあったのですが
今回は書いてあるカード以外にもユニットを基にしたと思われるシナジーが多く見られます。


本当は登場キャラが所属するユニットについて全部説明できればいいのですが

ユニットの数が凄く多いこともあり、今回はシナジーがある(と思われる)ユニットのみを紹介していきます。


元ネタとして競走馬があるウマ娘と違い

デレマスはゲームをやっていないと全くキャラが分からないと思いますので

この機会にキャラについて少しでも覚えていただければなによりです。


略称について

Cu:キュート Co:クール Pa:パッション

アイドルユニット紹介

エボルヴ内でも登場

ニュージェネレーション

《島村卯月》(Cu)・《渋谷凛》(Co)・《本田未央》(Pa)


デレマスの主人公といえばこの3人。

デレマスのゲーム内では最初に選んだ属性によって3人のうちだれか1人が最初に手に入った。


全員シンデレラガールズ(1年ごとに行われる人気投票で1位になる)の経験者。
カードとしてもサーチ&場にあると効果発動と、分かりやすいシナジーを形成している。


ユニット名は初出が「ニュージェネレーション」、アニメで「ニュージェネレーションズ」と表記ゆれを起こしている。

P.C.S(ピンクチェックスクール)(Cu)

《小日向美穂》(Pure担当)・《五十嵐響子》(Charming担当)・《島村卯月》(Smile担当)


キュート属性のトリオ。

P.C.Sの意味は2通りあるっぽい。


この3枚はカードに全部〔P.C.S〕と付いているのでシナジーが分かりやすいが……

Triad Primus(トライアドプリムス)(Co)

《渋谷凛》《神谷奈緒》《北条加蓮》


クール属性のトリオ。略称はトラプリ、TPなど。


この3人にシナジーがあるものの

元絵となったイラストの登場時の名前にTPが付いていなかった関係でしぶりん(渋谷凛)以外はTPと書いていない。かなしい。

ポジティブパッション(Pa)

《本田未央》《日野茜》《高森藍子》


パッション属性のトリオ。

こちらも《高森藍子》だけポジティブパッションの名前がない。


シナジー自体はスターターに入っている3枚なのでわかりやすい。


デッキトップをめくる「ガチャ」はデレマスの華。

ニューウェーブ

村松さくら(Cu)・大石泉(Co)・土屋亜子(Pa)


同じ中学3年生の友人同士のユニット。

エボルヴでは個別キャラでのカードは存在しない。


調べたら実は3属性キャラがいるユニットとして一番最初に登場したものらしい

(ニュージェネというユニットはリリース時には存在しなかった)


ファンファーレ効果が全体破壊になっているが、ユニットにそういう設定は特にない……はず。

#UNICUS

《辻野あかり》(Cu)・《砂塚あきら》(Co)・夢見りあむ(《ぶちあがれ感情》)(Pa)


デレマス7周年記念で追加された3キャラのユニット。

このユニット名が付いたのが2022年9月で、それまでは「#ユニット名募集」だった。


あらゆる意味で癖の強い3人なため、同期以外の接点を探すことが難しい。


実際にカード効果としても唯一の常識人《砂塚あきら》のみ3属性参照とシナジーを形成しようとするも
あとの二人の噛み合い方は微妙。一応PP10ボーナスあり組だったりはしているが。


《辻野あかり》はイラストで「りんご」を持っているが

これは「山形りんご」で売り出そうという形でキャラを作っているため。

そのため、ついカードとしても「りんご」と言ってしまう。


夢見りあむはフレーバーテキストの通り、アイドルというよりは限界オタク。

miroir(ミロワール)

《久川凪》(Pa)、久川颯(Co)(《トキメキ☆ホーダイ》


ちょっと不思議系な双子の姉妹ユニット。凪のほうが姉。


属性がPaとCoに分かれてるため、《トキメキ☆ホーダイ》のサーチがこの2属性になっている。
そして1コストの《トキメキ☆ホーダイ》を再利用するのが凪の役目。

Asterisk(アスタリスク)

《前川みく》(Cu)、多田李衣菜(Co)(《ブランニュー・ビート》


猫キャラキュートを追い求めるみくにゃんと、ロックなクールを追い求める李衣菜。


キャラの方向性的に噛み合わないこの二人だけど

アニメ版で紆余曲折あって(最後にデビューすることになった二人組)コンビとしてデビューすることに。


李衣菜のアミュレットのドロー条件が【レッスン】することなので

みくの能力とのシナジーはあるものの
強化能力は体力の低いフォロワーには不向きなあたり、微妙に噛み合っていないかも。


余談だが検索において「*」は「すべて」を表すため

URカードのリンクを踏むと全カードが出てしまう。検索時はアルファベットのほうで。→《Asterisk》

その他のユニット

ハピハピツイン☆

《双葉杏》(Cu)・《諸星きらり》(Pa)


ハピハピツイン☆はユニット名だが、あんきらも公式名称として通ってる。


身長差47cm以上というデレマス界きってのでこぼこコンビ。

それを最小コストと(ユニットキャラ以外では)最大コストであることで表現。


そして「働きたくない」とすぐアクトしてしまう杏を

「にょわー☆」ときらりがスタンド状態に叩き起こすという設定にしているのが上手。

LOVE LAIKA

《アナスタシア》(Co)・新田美波(《女神は朝焼けの海に》)(Co)


天然寄りのアーニャ(アナスタシア)をミナミ(新田美波)が優しくフォローするという関係の、てぇてぇ感満載のペアユニット。


初出はゲームではなくてアニメだったりする。


エボルヴではアナスタシアのコンボを助ける美波という形で再現。

VelvetRose

《黒埼ちとせ》(Cu)・《白雪千夜》(Cu)


病弱不思議お嬢様とその従者のコンビ。
コスト順に出せばダメージ受けずに2枚ドロー、と分かりやすいシナジー。


この二人の結びつきのほうが強いが、URカードはなぜかちとせは蘭子とペアに。

ビートシューター

《的場梨沙》(Pa)・《結城晴》(Pa)


アクが強いパッションの12歳コンビ。

シナジーにカード名が名指しで書いてある分かりやすさ。


《結城晴》のカードの隣にいるのは南条光なので引っかからないように。

誘惑イビル

《宮本フレデリカ》(Cu)・《塩見周子》(Co)・《一ノ瀬志希》(Cu)


2人でもユニットがあり、

《フレデリカ》《志希》で「レイジー・レイジー」
《フレデリカ》《周子》で「テンプテーション・アイズ」


マイペースかつ突拍子なことが大好きな3人。

このメンバー2名以上でトークをさせると「ツッコミ不在の大暴走」が始まってしまう。


エボルヴ内では周子も志希もコスト踏み倒し能力を持っており、フレデリカの能力とかみ合っている。


この3人に速水奏と城ケ崎利嘉を加えると「LiPPS」に。

この5人組のほうが露出(歌とか)は多い。

セクシーギャルズ

《大槻唯》(Pa)・城ケ崎美嘉(Pa)(《センター・オブ・ストリート》)・《藤本里奈》(Cu)


名前の通り外見がギャルのユニット。
このうち唯・美嘉の二人は「ゆいみか」の愛称で呼ばれていて特に関係が深い。


大槻唯の進化時で持ってくるカード筆頭が《センター・オブ・ストリート》
大槻唯の相方としては相川千夏(《モードフェスティバル》)もいるのだけど、こちらは進化時効果の対象にできない。残念。

ノーティギャルズ

《向井拓海》(Pa)、《藤本里奈》(Cu)


ちょこちょこ【真紅】関係のカードはあるのに、デレマスで自傷条件を満たすカードは少ない。
《向井拓海》は数少ない自分にダメージを受けられるカードの1枚。


この2人に木村夏樹(《My Life,My Sounds》)も加えたトリオ「マッシブライダース」もある。

GIRLS BE NEXT STEP

関裕美・白菊ほたる・《松尾千鶴》《岡崎泰葉》(全員Co)


クールの老舗ユニット。


なぜかCVがある関裕美・白菊ほたるの2名がエボルヴ未登場。
シナジーとしては《岡崎泰葉》のサーチ対象に《松尾千鶴》が含まれるようになっている。

フリルドスクエア

《工藤忍》(Cu) ・《綾瀬穂乃香》(Co)・《喜多見柚》(Pa)・《桃井あずき》(Cu)


ドリームユニット決定戦という、どのメンバーの組み合わせが好きかを投票する人気投票戦において

第1回に#UNICUSを抑えて1位になったユニット。


1コストサーチの《工藤忍》で何か関係あるのかなーと思ったら、1コスト枠に《穂乃香》《喜多見柚》が。
《桃井あずき》は1コストになれるけど1コストではない。残念。


ただ、GIRLS BE NEXT STEPと違ってメンバー全員登場しているのはえらい。

第3芸能課(※ユニット名ではない)

《櫻井桃華》(Cu)・《佐城雪美》(Co)・《赤城みりあ》(Pa)


2コスト進化&レッスン強化組なので何か関係あったっけ……と探したが
この3人のうち2人が絡むユニットはあるものの、3人ともいるユニットは無し。


今年放映されていたアニメ

アイドルマスター シンデレラガールズ U149(身長149cm未満のキャラをメインにしたスピンオフ作品)で

第3芸能課という部署に所属しているが、該当キャラが13人と多いのでこの3人と絞るにはちょっと弱い。

最後に

いかがでしたでしょうか。

とりあえず自分の中で見つけたものは一通り書き出してみたつもりです。


ちょうどアニメなどの展開と重なって露出が多かったウマ娘と比べると

デレマスは各キャラについて掘り下げて知る機会が少ないのが残念です。

(かくいう自分も推しキャラとアニメ登場キャラ以外の性格はあまり覚えてなかった)


でもつい先日(9月上旬)にライブがあったりと

現役コンテンツであり、長く続いているコンテンツでもあるため

公式だけでなく、Pixivなどにたくさんのファンコンテンツが公開されています。


今回の記事からこのキャラやユニットのことをもっと知りたい!

というのがありましたら、ちょっと調べるだけで沼への入り口を垣間見ることができますよ。


今月はこの他、GP千葉前に頑張って2本コラムを出す予定です。

それでは次回のコラムでお会いしましょう。

面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

このコラムのライター

せるぷー

せるぷー