盛り沢山のトレカ・イベント情報ならドラゴンスター

総合トップ よくある質問 ご利用ガイド
  • メニュー

    MENU

  • TOP
  • コラム一覧
  • 「契約編第4章 ビヨンドエボリューション」注目カード | たくみのバトスピコラム

2023.1.27

「契約編第4章 ビヨンドエボリューション」注目カード | たくみのバトスピコラム

2101 1
「契約編第4章 ビヨンドエボリューション」注目カード | たくみのバトスピコラム

「契約編 第4章 ビヨンドエボリューション」注目カード

目次

はじめに

みなさんこんにちは! たくみです。


突然ですがみなさん、不足コストはブレイドラから確保していますか?


契約編 第4章 ビヨンドエボリューション」で《放浪者ダンのブレイドラ》が収録されるので
発売日から全国各地の不足コストがブレイドラから確保されることかと思います。


ということで第4章発売に合わせて、自分の気になったカードや強そうなカードを各色ピックアップして紹介していこうと思います。


それではいきましょー




※編注:本記事内では最新弾のカードに対しても、販売ページへのリンクが反映されておりますが
弊社でのシングルカード販売開始時刻までアクセスしても、商品は表示されません。


あらかじめご了承の上、本記事のご購読をお願い致します。

注目カード

赤属性

赤は炎契約空契約に加え、新しく刃契約が加わりました。


刃契約は《放浪者ダンのブレイドラ》の上にあるコアから召喚コストを支払うことでカウントを増やしていく、今までにないタイプのデッキで楽しそうです。

刃契約の【契約煌臨】スピリットです。


煌臨/アタック時に相手のスピリット/アルティメット/ネクサス1つを破壊する効果を持っています。
非常にシンプルな効果ですが、回復状態の《放浪者ダンのブレイドラ》に煌臨、その後アタックで2面処理できます。


その後もアタックするたび、BPやコストの制約無く1体ずつ相手の盤面を削っていくことができることから、相当強力なカードだと思っています。


煌臨条件がカウント5以上とフィニッシャーとしては緩いため、早期に着地して攻めていけるのも強みです。

空契約の【契約煌臨】スピリットです。


自分のメインステップに煌臨して、指定アタックできます。


しかもカウント3以上だと相手は「指定アタック」を効果で防げず

さらに相手にブロックされたときには2ドローするので稼げるアドバンテージ量が多い1枚です。

緋炎の【超契約煌臨】を持つスピリットです。


どの色にも共通して言えることですが、【超契約煌臨】の効果自体がとても強いです。
煌臨はソウルコアを払って強いカードを重ねる効果なのになんでソウルコア返ってきてんねんってなります。


今までの炎契約のフィニッシャー《緋炎龍皇グロウ・カイザー》
「アタック時にカウント−3することで、ライフの減少を相手の白の効果で防げなくする効果」と
「煌臨元カードを破棄したときに相手のライフを貫通する」という2つの効果が強力でしたが


煌臨元カードが1枚しかない状態で、煌臨元を破棄してしまうと「煌臨中」でなくなってしまい

「ライフの減少を白の効果で防げなくなる効果」が使えなくなってしまうことが弱点でした。

しかし、《緋炎龍皇グロウ・カイザー》の上にこの《灼熱神龍ゴッド・グロウ》が重ねてしまえば

アタック時に手札から煌臨元カードを追加して、《緋炎龍皇グロウ・カイザー》2つの効果を両方とも使えるようになります


これによって、《白晶防壁》などに影響されず、2点貫通できることも武器の一つです。

紫属性

紫は血契約呪契約妖蛇が強化を貰いました。


特に今弾の血契約はかなり強くなりそうな予感がしています。

妖蛇のミラージュで
相手のアタックステップで手札の《虹翼蛇神アクシット》《破滅の女神ツィツィ・ミトゥル》などを踏み倒せます。


なんか貼られてる側からしたらキツそうじゃないですか?


妖蛇の強い構築知ってるよーって方がいたら、こっそり教えてください。

血契約の【契約煌臨】を持つスピリットです。


召喚/煌臨時に自分のトラッシュから4枚除外することで、自分のトラッシュから血晶を持つカードをデッキトップに戻せるので
血契約あるあるのセルフデッキアウトや、キャスゴなどのデッキ破棄に対する回答になります。


ただ、貴重なソウルコアを使うかと言われれば少し難しいですし、系統に血契約がないのも厳しいことから、自分としては採用しても1枚かなといった感じです。


《黒紫騎士シュバル・バット》などでトラッシュから蘇生して、デッキトップを操作できる動きも強そうだなって思ってます。

今弾最強なのでは? と思っている1枚です。


【超契約煌臨】でソウルコアを回収し、トラッシュから《黒紫騎士シュバル・バット》を煌臨元に追加でき
さらに煌臨元の《黒紫騎士シュバル・バット》のアタック時効果をすべて得られます。


なので《黒紫騎士シュバル・バット》の効果をターンに2回以上使う事も現実的になりました

ただし、《黒紫騎士シュバル・バット》の『トラッシュから「血晶」スピリットを召喚する効果』はターンに1回なので

煌臨時にこの効果を使った《黒紫騎士シュバル・バット》の上に《聖魔神皇パラディ・バット》を重ねても同じ効果を使うことはできません。


同じ効果を2回使うには
1. アタックステップのフラッシュで《シュバル・バット》を煌臨、煌臨時効果でトラッシュから《相棒騎士バット》を召喚
2. 《相棒騎士バット》の上に《パラディ・バット》を煌臨、煌臨時効果でトラッシュから別の《シュバル・バット》を煌臨元に追加
3. 《パラディ・バット》のアタック時効果で《シュバル・バット》の蘇生効果を発揮
といった手順が必要です。


また、《パラディ・バット》自身の煌臨時効果も防げないコアシュートなので
最近流行りの【ストジー】や《天照機巧・第三位オモイカネ》などの耐性持ちスピリットに対しても有効です。


今まで血契約に欲しかった全てを備えている1枚と言えるでしょう。

緑属性

緑は秘契約雷契約が強化されました。


どちらも登場した頃から環境にいましたが、まだまだ強くなるようです。

0コスの碧雷って言うのがもう強いです。


後攻1ターン目のフィニッシュも狙いやすくなり
先攻1ターン目で《G∴B ウチスズ》《相棒虫ガタル》を並べて《インクリース》も打てるようになるのでプレイングの幅が広がりそうです。


ただ現時点ですでに枠が厳しいので、採用するかどうかは検討が必要です。

雷契約の新しい初動カードです。


手札が3枚以下の時、デッキの上から4枚とはいえ、「ランポ」を探しに行けるので

雷契約の強ムーブである《雷角牙王ビート・ランポ》に繋げやすくなりました。


終盤になっても《雷狼牙王グローム・ランポ》を探しに行けたり、役割がない状況が少なそうなカードです。

発動条件が「相手によって自分のスピリットがフィールドを離れた後」のバーストです。


このバースト条件が特殊で、相手の不意をつくことができます。
効果は2体重疲労+カウント6以上であれば、疲労状態の2体までをデッキの下に戻す。
と、なかなか強力です。


しかも、この効果には系統指定などもなく、いろんなデッキにも入りそうなのがいいですね。

白属性

白は、銀契約ストジー契約に加えて、鋼契約が追加されました。


鋼契約は、専用効果の【装弾】と【早撃】を持っています。
【装弾】でデッキからカードを裏向きで《相棒無頼ヴリック》の下に置き
【早撃】で下のカードを破棄することで効果を発揮するデッキです。

銀契約の【契約煌臨】を持つスピリットです。


自分のターンに煌臨でき、煌臨時にデッキの上から4枚オープンし、スタークを1枚手札に加えられます。
さらにカウント5以上でOCとなり、ソウルコアを払わずに「スターク」を煌臨できます。


各種《スターク》を引き込みながら《極光機動スーパー・スターク》まで1ターンで繋げられるのはかなり強い動きだと思います。

鋼契約の契約スピリットです。
基本的に《ヴリック》の下にカードを貯めて戦っていく動きになるようです。


自分がこのカードに感動したポイントがあって、それは相手のミラージュ効果を受けない!
《バタフライジャマー》に邪魔されることなくアタックできます。


今からでもいいので、全部の契約カードにこの効果付けて欲しいですね笑

銀零のバーストカードです。


相手のアタック後にスピリット/アルティメットを1体デッキの上に戻す。さらに自分の白の契約スピリットがいればカウント+3。
白の契約カードなら何でもお手軽にカウントを貯める手段ができたことは大きいです。


レベル2のアタック時も煌臨カードや《天馬機獣ペガスペース》などのアクセル持ちカードを加えるだけでなく
【装弾】で仕込みたいカードをデッキの上に戻せるので、様々な使い方ができそうです。

黄属性

黄色は雲契約と今回追加された数契約です。


雲契約は前環境で猛威を振るったデッキなので、今回の強化は控えめな印象です。


数契約は見た目が派手で強そうですが、フィニッシュ速度が雲契約ほど速くなさそうなので
登場すぐに環境トップに食い込んでいくことは難しいかも知れないです。

【超契約煌臨】でソウルコアが戻ってくるので

《クラウディブロウ》を打たずに1ターンに2回煌臨できるようになったのが大きいと思います。


煌臨元に《フェニックスプリンセス・フェニル》がいれば、OC効果が使える点が極めて強力ですが
《フェニックスプリンセス・フェニル》が引けていなくても、サブのフィニッシャーになれそうです。

数契約のミラージュ効果持ちスピリットです。
《相棒猫フェルマ》がいると、トラッシュのカードでもコストの軽減ができるようになります。


数契約は全体的にBPの低いカードが多く除去されやすいことが弱点ですが

このカードを貼っておくと立て直しが楽になります。


これは必須カードじゃないかな〜って勝手に思ってます笑。

数契約の【契約煌臨】持ちスピリットです。
カウント2以上で煌臨できるため、《相棒猫フェルマ》1回のアタックで煌臨できます。


煌臨時効果で手札増加と除去ができます。
そして、OC効果で自分のスピリットのアタックをただちに終了させられます


これによって《相棒猫フェルマ》のアタック時効果だけ発揮させて、相手のライフは削らないという動きができます。
フィニッシュプランが5点ワンショットなので、相手のリソースを増やさずに攻めていくことができる強力なカードです。

青属性

青は蒼契約王契約が強化されました。


蒼契約は今の形がかなり完成されているので、枠がかなり困るところではあると思います。
王契約は今まであまり環境で見ることがなかったので、新弾でどうなるか気になるところです。

ソウルコア回収、青シンボル2つ以上のスピリット全回復、アタックステップ終了メタ、本体自身もダブルシンボル、圧倒的です。


煌臨条件のカウント7以上も蒼契約なら余裕で貯められ

煌臨元の《神海皇子ガブル・シャック》の効果を得ることから、防御札を撃たせにくい状況も作れます。


蒼契約と対戦する側からすると相当厄介です。

王契約の【契約煌臨】持ちスピリットです。


自分のターンに煌臨できて、さらにOC効果でトラッシュから蒼波のコスト5以下を1体踏み倒して召喚できるので、流石に強そうな印象です。


とりあえず置いておくだけで、毎ターン《イノレーサー》出すといった動きができるだけでも有用ですね。

蒼契約のミラージュです。


凍れる火山のような手札増加した時〜みたいな効果に対するメタカードです。
今までは《マーラサーミズ神海都市》《イノレーサー》頼みだったのが、さらにもう1種増えた感じです。


召喚時も実質3ドロー2破棄で、その上破棄した《ヴィルカイックビーチ》などを貼れるのは強そうです。

最後に

というわけで今回は契約編 第4章で気になるカードや強そうなカードを紹介しました!


全体的には【超契約煌臨】がかなり強力なこと、刃契約は普通に環境に食い込んできそうなデッキだと思いました。


妖蛇銀契約など、今の環境ではあまり見られないデッキもめちゃくちゃ強くなっていると思うので

第4章発売後には、環境入りする可能性があると考えています。


みなさんぜひ第4章を買って、新環境を楽しみましょう!
それではさようなら〜

面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

このコラムのライター

たくみ

たくみ