トレカ専門店 ドラゴンスター公式サイト&通販サイト

よくある質問 ご利用ガイド

2022/09/06(火) 19:00

【考察】「白熱のアルカナ」シールド戦考察 | 週刊きむらのポケ講

「白熱のアルカナ」シールド戦考察 | 週刊きむらのポケ講
ポケモンカード いいね数いいね!  5 閲覧数閲覧数  2,015
きむら

きむら

大阪でポケモンカードを2016年から楽しんでいます。
皆さんに楽しんで頂ける記事を書けるよう頑張ります!
アイコンはうろ覚えで書いたツタージャです。

このライターの他のコラムを見る

「白熱のアルカナ」シールド戦考察 | 週刊きむらのポケ講

目次

はじめに

こんにちは

きむらです。


友人たちとの対戦会で4勝8敗(時間切れ両負け1回を含む)でした。
しかも3勝した後からの8連敗!!!!
負けすぎて面白かったですね。

使用デッキは《レジギガス》バレットでした。
1位も《レジギガス》バレット(9勝3敗)だったので、デッキ選択は悪くなかったはず!

記事概要

今回の記事では「白熱のアルカナ」シールド戦について考えます。

「シールド戦とは」
「過去のシールド戦との違い」
「ポケモン評価」
「トレーナーズ&エネルギー評価」
「エネルギー採用目安」
「意識すること」
「デッキ構築例」

この順番で紹介していきます。

シールド戦とは

「シールド戦ってなに?」という方もいると思うので説明します。

未開封のパック(10~15パック)と基本エネルギーで40枚のデッキを作って対戦する遊び方です。

・強いカードを当てる運
・当たったカードから最良のデッキを作る構築力
・数ターン後を見通したプランニング
これらの能力が試されます。

「白熱のアルカナ」シールド戦は「白熱のアルカナ」10パック+基本エネルギー+《ジュン》から40枚デッキを作ります。


9月30日から開催される「ルカリオHR争奪戦」もこの形式で行われます。

過去のシールド戦との違い

「白熱のアルカナ」シールド戦は過去のシールド戦と違いがあります。

それは「試合展開の早さ」です。

「伝説の鼓動」「リミックスバウト」のシールド戦はエネルギー加速手段が乏しく
先に攻めると相手ベンチにいたポケモンに返されてアタッカーが続かない
→攻めるべきタイミングまでベンチポケモンを育てる
というゆっくりとした試合展開が多かったです。

「白熱のアルカナ」シールド戦は
《ドーブル》

 後攻1ターン目からエネルギーを大量に加速する
《レシラムV》

 エネルギー加速をしつつアタッカーにもなる
《クチートVSTAR》

 相手が育てているアタッカーを呼び出して倒す
《ジャローダVSTAR》

 上ワザで後続を準備可能、VSTARワザでベンチに下がってダメージを受けない

これらのポケモンたちの影響で過去のシールド戦と違った高速環境になります。

試合展開が早くなるので過去のシールド戦に比べ、進化ポケモンの評価が厳しくなります。

進化アタッカーは、進化が引けない=手貼りが無駄になる=負けにつながりやすいため、シールド戦では低い評価になりがちでしたが
進化システムポケモンは決まった時のアドバンテージが大きく、手貼りも必要ないので採用されていました。


アタッカー例 《ルカリオ》《メガヤンマ》
システムポケモン例 《ケララッパ》《エンブオー》

今回だと《ギギギアル》は過去の《エンブオー》に似ているカードですが
展開が早く、進化する前に終わる試合が多いので採用しません。

ポケモン評価

絶対に採用
ほとんど採用
タイプが合えば採用
稀に採用

この4段階で評価します。
ここに含まれなかったポケモンは全て採用しません。


詳細な説明が必要なものは後の項目で説明します。
進化ポケモンはたねポケモンも出ている前提、たねポケモンはたねポケモンのみで評価しています。

絶対に採用
ほとんど採用
タイプが合えば採用
稀に採用
悩み中

基本的には「絶対に採用」「ほとんど採用」「タイプが合えば採用」でデッキを作ります。
それだけじゃ全然足りん! という時がたまにあるのでそこで「稀に採用」のカードを採用します。

《ホエルオー》は悩み中です。
VSTARと同じくらい強いような気もするんですが、最後にした練習では使っていないので保留!

詳細説明

《ペラップ》

「絶対に採用する」

・自分が攻めるタイミングを選べる
・指定色のエネルギーを引けるかわからない状態でバトル場に
・《ふりそで》《ペラップ》でマヒや反動対策

シールド戦では逃げエネ0がとにかく強い。
《ヤトウモリ》

「絶対に採用する」

後攻1ターン目「なかまをよぶ」から《ドーブル》《レシラムV》を呼び、エネルギー加速を後攻2ターン目に狙う。

《エンニュート》は採用しない。
《ミュウツー》

「ほとんど採用する」

トラッシュする手段が《セレナ》ぐらいなので、エネルギー加速ワザはあまり使わない。

「リミットブレイク」は強力だが《基本超エネルギー》を6~7枚採用する必要があり
《ザマゼンタ》が優先されて採用しない時もたまにある。
《マギアナV》

「ほとんど採用する」

「220で《レシラムV》《ジャローダVSTAR》倒せる!」と思いきや
《ダブルターボエネルギー》だとダメージがマイナスされるので
220が出るのは《Vガードエネルギー》の場合のみ。
《ルージュラ》

「ほとんど採用する」

時間稼ぎ、アタッカーどちらでも優秀。

《ダブルターボエネルギー》が出なかった時に
2枚出ると何枚採用か悩むのでこの評価。
《かがやくジラーチ》

「ほとんど採用する」

25%で勝ちが濃厚になるワザ、倒されても特性で強い動きができる。
相手は倒すと苦しいが、無視することもできない。
《フリーザー》

「タイプが合えば採用する」

水エネルギーを6~7枚程採用する必要があるが
・《ポケモンいれかえ》
・進化
・《ふりそで》《ペラップ》
とマヒ解除手段が多い。

「《フリーザー》のために《ふりそで》を温存する」のように
相手の動きを制限できるのでタイプが合えば採用する。
通れば強い!
《カイオーガ》

「タイプが合えば採用する」

相手ベンチの《ザマゼンタ》を倒すことができる。
エネルギーの要求枚数が多いが《ドーブル》ならなんとかなる。

エネルギーを手札に戻してしまうので1体で複数体倒せないところは欠点。

トレーナーズ&エネルギー評価

《きんきゅうゼリー》以外全部入れる! ヨシ!


とりあえずトレーナーズやし入れてみようと何度か使ってみましたが、活躍しませんでした。
基本エネルギーは何枚あってもこまらないので、そちらを優先しましょう。

《レシラムV》《ザマゼンタ》《ミュウツー》やから《ダブルターボエネルギー》活かせん~
みたいな時もありますが、逃げエネとして使っても強いので採用しましょう。

エネルギー採用枚数目安

採用するポケモンのワザに必要なタイプのエネルギーをどれぐらい採用するべきかの目安です。


・必要枚数が多い
・リターンが大きい
・要求ターンが早い
この条件に当てはまるほど採用枚数が多くなります。

《レシラムV》 7~8枚(他のカードが強すぎる時は6枚もギリギリ許容)
《レシラムV》+《ボルケニオン》 8~9枚+《基本水エネルギー》3枚以上

《ミュウツー》 6~8枚 
エネルギー加速を期待している場合は8枚、アタッカーだけで良いのなら6枚

意識すること

数ターン後の場を考えてエネルギーを貼る

シールド戦はスタンダードに比べると展開が予想しやすいです。

現在のターン
→相手ターン
 →次の自分のターン
  →次の相手ターン

数ターン後の場がどうなっているか考えてからエネルギーを貼りましょう。
《ダブルターボエネルギー》《エネルギーつけかえ》を忘れると痛い目を見るので気をつけて!

「相手が《ダブルターボエネルギー》を持っていたら負けるけど他に選択肢がない」みたいな時は割り切って進みましょう。
ターンを与えるほど引かれる可能性が高くなります。

ポケモンのワザとHPを覚えておく

もちろん、この記事では採用しないとしたポケモンを使う人もいます。


逃げエネ、ワザに必要なエネルギー、HP、弱点は全て覚えておきましょう。

時短豆知識

覚えておくと考える時間を短縮できます。

・トラッシュ手段は《セレナ》のみ
 →《ホウオウV》「ふっかつのほのお」や《ミュウツー》「サイコパンプ」はやりにくい

《フリーザー》「ワイルドフリーズ」
 →《ふりそで》《ペラップ》

《カイオーガ》《ザマゼンタ》に強い

《アローラロコンVSTAR》は先に「スノーミラージュ」できれば《ザマゼンタ》に倒されない

《ホウオウV》《ザマゼンタ》「かたきうち」を耐える

《Vガードエネルギー》のついた《ザマゼンタ》《ジャローダVSTAR》「ロイヤルミキサー」を耐える

《マギアナV》は220ダメージがそんなに出せない

・非Vポケモンは《ザルード》「ひきずりだす」と《クチートVSTAR》特性「スターロンド」でしか呼び出されない
 →《ヤンヤンマ》《メガヤンマ》《ミロカロス》《カイオーガ》《マギアナV》がベンチ狙撃持ち

《ラルトス》「メモリースキップ」で時間を稼ぎながらダメージ調整

デッキ構築例

例1

10パック

2

1

2

1

1

1

2

1

1

1

3

1

2

1

1

1

2

1

1

1

2

1

2

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

2

2

3

2

1

1

2

1

1

1

1

デッキ

2

2

1

1

1

1

1

1

1

2

2

1

2

1

1

1

1

1

9

8

アタッカーがしぶーーーい!


鋼エネルギーが8枚あれば《マギアナV》《ザシアン》は問題ないと判断し
《セレナ》《ミュウツー》「サイコパンプ」用に《基本超エネルギー》を多めにしました。

例2

10パック

2

1

2

1

1

1

1

1

2

1

1

2

1

1

1

1

3

1

1

2

1

1

1

1

1

1

1

2

2

1

1

1

1

1

4

3

2

1

1

1

1

1

1

1

1

デッキ

1

1

1

1

1

1

1

1

2

2

1

1

1

1

1

1

1

1

4

6

7

2

1

強い! 欲を言えばもう1枚《ドーブル》が欲しかったですね。


《基本炎エネルギー》《基本草エネルギー》《ホウオウV》「レインボーバーン」のダメージアップ目的です。

例3

10パック

2

1

1

1

1

1

1

2

2

1

1

1

2

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

2

1

1

1

1

1

1

2

2

1

1

1

1

2

1

2

2

1

1

1

2

1

1

1

1

デッキ

1

1

1

1

1

1

1

1

1

2

1

1

2

1

1

1

1

8

7

6

《ドーブル》2枚《レシラムV》1枚とかなり強いデッキです。


《基本水エネルギー》をあと1枚足したいですが、そんな枠はない! なんとかなる!
もしかしたら《ルージュラ》のところが《基本水エネルギー》になるかも…?

例4

10パック

1

1

1

1

1

3

1

3

1

1

1

2

1

1

2

1

1

1

1

2

2

1

1

1

1

1

2

2

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

2

2

1

1

1

1

2

1

1

デッキ

1

1

1

1

1

1

1

1

2

1

1

1

2

1

1

1

5

2

1

7

7

《ドーブル》《レシラムV》もいないのでエネルギー加速がしにくいです。
《ジャローダVSTAR》から入るか《ミュウツー》「サイコパンプ」で加速したいので草5枚超7枚にしました。


エネルギーが加速できないので《エネルギーつけかえ》を1枚削っています。

終わりに

ここまで読んでいただきありがとうございました。

シールド戦楽しみですね!
意外と予習なしぶっつけ本番の人が多いので、しっかりと勉強していけばかなり勝ちやすいと思います。

まあそれでもたね切れで負けとかあるけどね!!!
「うまいこといったらええな」くらいの気持ちで行きましょう。

次はCL横浜の環境考察! 抽選は当たるのか!! 次回9月13日(火)更新!

面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

DORASUTA COLUMN コラム