トレカ専門店 ドラゴンスター公式サイト&通販サイト

よくある質問 ご利用ガイド

2022/09/05(月) 19:00

【デッキ紹介】強化拡張パック 白熱のアルカナ サンプルデッキ解説 | サーニーゴのポケモン通信

強化拡張パック 白熱のアルカナ サンプルデッキ解説 | サーニーゴのポケモン通信
ポケモンカード いいね数いいね!  1 閲覧数閲覧数  1,266
サーニーゴ

サーニーゴ

第3期ポケカ四天王をやってましたシマダダイチです。YouTubeで毎日ポケモンカードの対戦や開封をはじめとする動画を投稿しています。
世界大会上位入賞を目標としポケモンカードに取り組んでいますが、ポケモンカードの様々な楽しさや奥深さを多くの人に知って貰いたいと思い日々活動してます。

このライターの他のコラムを見る

目次

強化拡張パック【白熱のアルカナ】サンプルデッキ解説 | サーニーゴのポケモン通信

はじめに

 みなさんこんにちは サーニーゴことシマダダイチです。


  9/2(金)に最新弾「白熱のアルカナ」が発売されました。


 今回は収録されているポケモンVSTAR3種類を軸としたサンプルデッキの解説をさせていただきます。

アローラロコンVSTAR

 特性を持つポケモンからダメージを受けない珍しいワザを持っています。


 しかしHPが低く、高いダメージを継続して出すことができない欠点があります。


 そこで相手に合わせてアタッカーを切り替えたり、妨害したり、工夫することで《アローラロコンVSTAR》を活かしていく構築を目指す必要があります。

デッキリスト

3

2

4

3

2

1

3

4

1

1

3

4

4

2

2

2

3

2

2

4

6

2

カード解説
 《アルセウスVSTAR》

 メインのエネルギー加速を担います。

 「ギンセツスター」は高いダメージが見込めない可能性もあることから
 「スターバース」もVSTARパワーの選択肢とすることでデッキに幅をもたせます。
 《メロン》

 《基本水エネルギー》を供給しつつ
 手札から《ダブルターボエネルギー》を付けることで
 ワザを使うためのエネルギーが揃います。

 最初の番にエネルギーを《アルセウスVSTAR》に付けられなくても
 《メロン》があれば攻撃することが可能です。
 《エンペルトV》

 今人気の《ギラティナVSTAR》が相手だと《アローラロコンVSTAR》だけでは押し切られてしまいます。

 序盤から《エンペルトV》《キュワワー》の特性を止めて、対戦を有利に進めます。

ジャローダVSTAR

 「ロイヤルミキサー」はどんなエネルギーでも動かせる珍しい効果を持っています。

 特殊エネルギーも動かせるので、《ダブルターボエネルギー》を上手く使います。


 ダメージに関してはポケモンVSTARを1回の攻撃では倒しきれないので、基本的に2回の攻撃でポケモンを倒していきます。


 VSTARパワーの「スターワインダー」で大ダメージを出せることから、絶対に1回の攻撃で倒されないことが確定している時だけ1匹のジャローダVSTARに集めます。

デッキリスト

4

4

2

2

1

1

1

1

2

4

1

3

1

2

4

4

1

4

3

1

2

2

4

4

2

カード解説
 《ビーダル》

 サポートは基本的に《モミ》を使いたいので、手札補充の手段として採用しています。

 《ビーダル》を採用したことで手札を減らして、必要なカードを引きやすくしています。
 《葉隠れポンチョ》

 《ジャローダVSTAR》につければ《セレナ》《ボスの指令》の効果を受けなくなります。

 ベンチに待機させておけば「ロイヤルミキサー」でエネルギーを移す先として安定します。
 《キャプチャーアロマ》

 コインに頼らなければいけませんが、ポケモンを手札に加えることができます。

 《ジャローダV》の状態で待機していると簡単に倒される上
 《葉隠れポンチョ》の恩恵を受けられないのでポケモンを持ってくる手段は多めに採用しています。
 《モミ》

 ダメージを受けた進化ポケモンのHPを回復します。

 デッキのコンセプトとなるカードなので、3枚と多めの採用です。
 《オーロラエネルギー》

 このカードの採用理由は2つあります。

 1つ目は《ビーダル》の特性「はたらくまえば」と相性がいいことです。

 2つ目は《ネオラントV》の「アクアリターン」を使うためです。
 場から《ネオラントV》がいなくなれば、サイドを取られ辛くなります。

クチートVSATR

 《クチートVSTAR》の特徴は主に2つ。


 ・どんなタイプのエネルギーでも組み合わせられる

 ・ベンチからバトル場に出ないとダメージが上がらない


 これらを考えて、エネルギーは無色タイプとしてしか働かない代わりに強力な効果を持ったカードを多く取り入れ、ワザ「サドンイーター」でたねポケモンのポケモンVを倒し続けるコンセプトとしています。

デッキリスト

3

3

1

4

3

1

1

1

1

1

3

1

2

1

1

1

3

2

4

1

4

2

3

1

1

1

2

4

4

カード解説
 《かがやくフーディン》

 「サドンイーター」のダメージが180と控えめなので、ダメージコントロールのために採用しています。

 最初のポケモンVは2回のワザで突破することを目標とし、次に倒したいポケモンへとダメージを移し替えます。
 《チャーレムV》

 《かがやくフーディン》やその他のダメカンを乗せるポケモンと相性がいいです。

 プラン通りにポケモンVを攻撃できず、サイドを1枚しか取れない番があっても1ターン作ってくれるので一気にサイドを3枚取れます。
 《ネジキ》

 《チャーレムV》と相性がいいので採用しています。

 サポートは1回の番に1枚しか使えませんが
 《ネジキ》《クチートVSTAR》のVSTARパワー「スターロンド」を使えば
 《ボスの指令》を同時に使ったと言えます。

 相手は予想していないため、逆転の1手になり得ます。

まとめ

 最後までご覧くださりありがとうございました。


 今回のポケモンは個性的なので、カードの良さを活かしつつ使いやすいデッキを考えるのは大変でした。


 ほとんどのポケモンが要求エネルギーの制限が軽く、サブアタッカーとしても活用できるので他の使い方も考えてみてください。


 ではまた次回のコラムでお会いしましょう!

面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

DORASUTA COLUMN コラム