トレカ専門店 ドラゴンスター公式サイト&通販サイト

よくある質問 ご利用ガイド

2022/07/22(金) 19:30

【デッキ紹介】魔王再臨

魔王再臨
バトルスピリッツ いいね数いいね!  2 閲覧数閲覧数  1,655
ふくちゃん

ふくちゃん

バトスピCS2015世界王者
チームドラスタ現監督
TCG最古参勢
「速さは強さ」

このライターの他のコラムを見る

魔王、再臨

目次

はじめに

今期もバトスピウエハースが発売されます。


新規カードに加え、再録カードも新規イラストで収録されることがこのシリーズの魅力。

今回はなぜか【ゴッド・ゼクス】のパーツが多数あります。


【ゴッド・ゼクス】大好きな僕としては、この後の新弾で新規パーツが出てくるのか??? と期待に胸を膨らませるところ。


今回はその【ゴッド・ゼクス】を、今の環境で戦えるようにしたレシピを2つご紹介します。

ゴッド・ゼクス、そして制限

【ゴッド・ゼクス】というデッキは、少し前に隆盛を誇り、多くの人が使っていたものです。


《天魔王ゴッド・ゼクス-終ノ型-》の【六天連鎖】による6点パンチを主武器とするこのデッキは、優秀な補助パーツによりかなりの速度でフィニッシュを決められ、かつ、ビートプランも優秀という、非常に優れたものでした。


やがて強力な足場であった《オワリノ世界》が制限カードに指定され、数を減らしていきました。

契約環境のゴッド・ゼクス

今、契約環境は【煌臨】が主力であり、除去は【煌臨】によるものが多いです。

また【蒼波】や【碧雷】の手札縛りの関係上、防御札は《絶甲氷盾》《覇王爆炎撃》のような手札保護マジックが主体になっています。


つまり、スピリット/マジック耐性を持ち、6点で攻めるために《絶甲氷盾》を無視できる【ゴッド・ゼクス】たちには追い風です。

ただし、契約編のデッキは圧倒的な速度と安定度を備えており、普通に弱体化した【ゴッド・ゼクス】のまま使っても、なかなか勝つことは難しいです。


そこで、まずは構築の第一歩。

こちらも相棒を使いましょう。

初動としてコアブーストでき、【ゴッド・ゼクス】のメイン軽減色である白シンボルを持つこのカードは、相性抜群です。


《オワリノ世界》が制限されたために《天魔王ゴッド・ゼクス-終ノ型-》に5コア載せないといけない局面がある今、コアが増えることは非常にありがたいです。


これを初動として、2タイプ組んでみます。

ビートタイプ

さて【ゴッド・ゼクス】には、僕も大好きなこのカードがあります。

【天魔王】を対象に含む効果を跳ね返す強力な能力を持っており、ドローソースにもなる優秀なカードです。


今、これが強い理由、それは相棒カードの仕様です。

相棒カードは、相手によってどんな除去を受けても、【魂状態】になってフィールドに置くことができます。

常に煌臨元を確保できるこのルールによって、契約デッキは安定した強さを発揮します。


が、《天魔王ゴッド・ゼクス-影ノ型-》によって除去を跳ね返された場合。


自分の効果によって自分のスピリットを除去する、つまりは自壊扱いになるので、【魂状態】になることができません。


これにより、【ゴッド・ゼクス】に対しては除去が非常に使いづらくなります。


今回の禁止・制限による規制を免れた《三災獣・海災ディザイアタン》の大量コアシュートも、【天魔王】を巻き込んでしまうと跳ね返されて自分の場が壊滅するリスクが常にあるのです。



この【天魔影武者】を前面に押し出して圧力をかけ、【六天連鎖】の6点パンチに必ずしもこだわらない、ビートプラン主体のデッキがこちら。

1

3

3

2

3

3

3

2

3

2

2

3

3

1

3

3

天魔王を多めに採用し、【天魔影武者】の圧力をかけやすくしてあります。


このデッキの《天魔王ゴッド・ゼクス-終ノ型-》は、もちろん6点パンチも重要ですが、それ以上に《影ノ型》《零ノ型》を使いまわす意味合いが強いです。


また、ポンと置いた《終ノ型》は耐性がない分、除去に巻き込んでしまうために広範囲除去が撃ちづらくなるという、《影ノ型》を構えるための囮役でもあります。

採用カード解説

久しぶりに見たという人も多いでしょう、このカード。


【ゴッド・ゼクス】全盛期にはあまり使われませんでしたが、ビートプランで使うには非常に便利なカードです。

《零ノ型》《影ノ型》に合体できるのが非常に強く、合体した状態で《終ノ型》に入れ替えておけば、強力な圧力を持つスピリットが陣取ることになります。


《天魔信長》《オワリノ世界》+合体した《終ノ型》だけで【六天連鎖】が完成するので、相手は放置しにくい。

しかし、除去を撃つと跳ね返ってくるかもしれない、という悩ましい選択を押し付けられます。


また、《オワリノ世界》を引けていないとき、《終ノ型》に5コア載せたいところなのですが、スピリットを横に並べるとどうしてもコアが足りなくなってきます。

そんな時に、《天魔信長》+合体《終ノ型》+ネクサスかスピリットで2色、とあまり横に並べずに【六天連鎖】を達成することができます。


出す瞬間は少し重く感じますが、【ゴッド・ゼクス】名称との合体中に色が変わるのは非常に便利です。


軽減色がマッチしたドローカード。


ここは《イラプションドロー》でもいいのですが、【血晶】や【金雲】に対するゼロカウンターとしての仕事もあります。

状況によって、ドローを撃つか構えるか判断が必要です。

さすがに契約環境ではこれが最強のバーストであり、【六天連鎖】のための軽減の助けにもなりますが

デッキの構造上で言うなら《バジャーダレス》の方が相性はいいです。


ここは好みで替えて頂いても構いません。

デッキの回し方

基本的になるべく早く《影ノ型》を構えながら《終ノ型》を着地させたいところです。


合体【天魔王】何かで2点→合体《地ノ型》で1点貫通+2点、が綺麗なビートですが

状況によって6点パンチを狙ったり、横に並べてビートしたり、万能な戦いができるのが取り柄のデッキです。


《影ノ型》《終ノ型》も強力ですが、耐性持ちの《地ノ型》もかなりの圧力を発揮しますので、このどちらかをできるだけ早く着地させるようにしましょう。

コンボタイプ

次に、あくまでも【六天連鎖】を狙う、コンボタイプを紹介します。


1

3

3

3

1

2

3

2

3

3

1

2

3

2

3

3

2

大量のドローカードでパーツをかき集め、一気に【六天連鎖】を達成するタイプです。


青いドローカード(《ストリームドロー》《ストロングドロー》など)が入っていないのは

今の環境だと、《ビャク・ガロウX》もおり、手札の絶対数が少ないとリソース負けをすることが多いためです。(青いドローカードは手札の絶対数が増えない)

採用カード解説

言わずと知れた制限カード。

この1枚で【六天連鎖】を達成することができるパワーカードで、早めに引けると一気に速くなります。


耐性を貫通するカードがないデッキに対してはできるだけ早く出し、あるデッキに対してはトドメを刺しに行くターンに出しましょう。

契約環境でも最強の妨害カード。

ビートタイプにももちろん採用していますが、特にこちらでは仕事が多いです。


6点パンチに重きを置いているこのデッキでは、《地ノ型》が転醒するときのライフ貫通が邪魔になることがあります。(ライフ減少誘発など)

転醒させなければいいのですが、防御用のコアを飛ばしたいことが多いです。


そんな時にはこのカードのコアシュートで行くと、ついでのように【ATフィールド】で耐性があることもあり、通りやすくなります。

《オワリノ世界》のカサ増しです。

《終ノ型》のレベル上げをこれらに依存するのは危険ですが、引けていればキルターンが早くなるのは間違いない。


《オワリノ世界》と違い、軽減としては役に立たないので、6点パンチするターンまで出さないようにしましょう。

覇王爆炎撃

契約環境の手札縛りをすり抜ける、《絶甲氷盾》と並んで採用される手札保護マジックです。


「~がアタックしている間、相手はバースト効果を発揮できない」

「~がアタックしている間、相手はアタックステップを終了できない」

などのアタックも、これを撃ってから《選ばれし探索者アレックス》を開くことで対応可能です。

デッキの回し方

前述の《影ノ型》がいないので、圧力がかけられません。

《カシウスの槍》《ファラオム》、手札保護マジックなどを使って凌ぎながらパーツを揃えます。


《ロクテンヘイ》のシンボル増加もないので、素のコストで一気に【六天連鎖】までつなげなければなりません。

《放浪者ロロ》が引けていれば別ですが、更地からだとかなりコアが必要です。


できれば事前に、《天魔信長》《紫の世界》あたりは並べておけるように立ち回ってください。

そこから一気に《イチバンスピアー》《地ノ型》《オワリノ世界》《オワリノセカイ》と並べて、《終ノ型》と入れ替え、6点パンチを決めましょう。


このデッキでは、《終ノ型》と入れ替えられるのが《地ノ型》しかありません。無駄遣いしないようにすること。

《天魔信長》の配置時神託はしてはいけません。

神託でどうしても2コア載せたいときは《地ノ型》を2枚出すか、コアによっては《終ノ型》を素出しすることもあります。


相手のデッキによっては、最序盤に《終ノ型》を複数引いたときなど、【六天連鎖】を達成しないまま《地ノ型》を出し、《終ノ型》で入れ替えて回収しておいて《天魔信長》に1コア載せておく、というプレイングも大事になってきます。

終わりに

ウエハースでの【ゴッド・ゼクス】大量収録、期待せざるを得ませんね!


【ゴッド・ゼクス】には【天魔影武者】や【六天連鎖】など、唯一無二のギミックがありとても楽しいです。

最新デッキたちとも戦えるパワーも十分あります。


ぜひ皆さんも、しまい込んだ【ゴッド・ゼクス】を引っ張り出して、遊んでみてください。



では今回はこのあたりで。


それではいつもの



バトスピた━━━のし━━━(゚∀゚)━━━!!



今日はここまで


参考になれば~(*´∀`)

面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

DORASUTA COLUMN コラム