トレカ専門店 ドラゴンスター公式サイト&通販サイト

よくある質問 ご利用ガイド
  • 総合 トップ
  • コラム一覧
  • コラム 最新弾ポケモンGO‼︎ かがやく御三家ポケモン サンプルデッキ | サーニーゴのポケモン通信

2022/06/22(水) 20:00

【デッキ紹介】最新弾ポケモンGO‼︎ かがやく御三家ポケモン サンプルデッキ | サーニーゴのポケモン通信

最新弾ポケモンGO‼︎ かがやく御三家ポケモン サンプルデッキ | サーニーゴのポケモン通信
ポケモンカード いいね数いいね!  2 閲覧数閲覧数  405
サーニーゴ

サーニーゴ

第3期ポケカ四天王をやってましたシマダダイチです。YouTubeで毎日ポケモンカードの対戦や開封をはじめとする動画を投稿しています。
世界大会上位入賞を目標としポケモンカードに取り組んでいますが、ポケモンカードの様々な楽しさや奥深さを多くの人に知って貰いたいと思い日々活動してます。

このライターの他のコラムを見る

最新弾ポケモンGO‼︎ かがやく御三家ポケモン サンプルデッキ | サーニーゴのポケモン通信

目次

はじめに

 こんにちは。サーニーゴことシマダダイチです。


 今回は最新弾強化拡張パック「Pokémon GO」収録のかがやくポケモンから御三家を使ったデッキの解説をしたいと思います。


 デッキに1枚しか採用できない分強力な能力を持っているので、その能力を存分に使ったデッキを考えました。

かがやくポケモンのキーカード

 《ヒスイのヘビーボール》

 サイドからたねポケモンを回収できるので、かがやくポケモンが軸のデッキには必須といっても過言ではありません。

 サイドにある他のカードを把握することもでき、プレイ難易度が下がることからどのデッキに採用しても強いカードです。
 《かがやくフシギバナ》

 特性:サニーブルームは手札を補充できますが、番の終わりにしか使えません。
 しかし、サイドを1枚しか取られないポケモンでありながら、手札の枚数を確保することができるので強力です。

 今回は《ヒスイウィンディ》と組み合わせます。
 一般的な《ヒスイウインディ》のデッキでは《ゾロアーク》に加えて《ビーダル》もガッツリ採用されていますが
 このデッキでは《ビーダル》を少なめにして《かがやくフシギバナ》に手札補充を任せます。

 その分、《ゾロアーク》は特性で別のポケモンになることができます。

サンプルデッキリスト

4

4

4

4

1

1

1

1

1

1

4

3

4

2

2

1

4

4

1

2

1

1

2

1

2

2

2

カード解説

 《ヒスイウインディ》

 闘タイプなので《ハピナスV》《アルセウスVSTAR》など流行デッキの一部に対して、弱点を突いて有利に戦うことができます。

 《かがやくフシギバナ》の特性:サニーブルームで、安定して毎番手札を補充できます。
 その分、手札を0枚にするという条件のハードルが若干上がっています。
 《ゾロアーク》

 特性:げんえいへんげで1進化ポケモンならなんでも化けることができます。
 《グラエナ》

 《ヒスイウインディ》では弱点をつけない、流行デッキ《ミュウVMAX》の対策カードです。

 上手なプレイヤーは《ミュウV》から進化させないため、特性が有効にならず、真価を発揮することができません。
 とはいえ、採用していないと厳しくなるので、必須です。
 《サンダース》

 特性:じんらいのめざめで水ポケモンの特性をなくします。

 今までの《ヒスイウィンディ》であれば育てるのが大変でしたが、《かがやくフシギバナ》のおかげで《ビーダル》の優先度が下がった分、使いやすくなりました。
 《かがやくリザードン》

 サイドを1枚しか取られないポケモンでありながら250ダメージを出せるので《こだわりベルト》と合わせて、ポケモンVSTARを1回のワザで倒せることが強力です。

 さらに特性:エキサイトハートのおかげでワザを使う難易度がかなり低いです。
 《かがやくリザードン》をメインアタッカーにして、特性の効果が薄い序盤に戦えるアタッカーと組み合わせます。

サンプルデッキリスト

4

4

1

2

1

1

1

1

1

1

1

2

2

2

4

4

4

1

3

1

1

1

2

2

2

4

7

カード解説

 《マグマの滝壺》

 毎番、トラッシュから炎エネルギーをつけられます。

 ダメカンをのせるデメリットもHPが低いポケモンがメインならほぼノーリスクです。
 《クララ》

 トラッシュから直接手札にポケモンを加えることができるので、《かがやくリザードン》を何度も使い回せます。

 《インテレオン》軸のデッキは《セイボリー》に弱いというウィークポイントがありますが
 《かがやくリザードン》と合わせてポケモンを回収できるので、盤面の復帰にも使えます。
 《ファイヤー》

 れっかのつばさは最大でも90しかダメージが出ませんが、《マグマの滝壺》でダメカンをのせられることもあり、序盤や対ポケモンVMAXへの削り役としては十分です。

 《メッソン》《ジメレオン》を一回のワザで倒せるのも優秀です。
 《エンテイV》

 《マグマの滝壺》と手貼りのエネルギーを合わせれば、すぐに攻撃できるので
 《ボスの指令》を使って、ベンチのポケモンを倒しやすいです。

 サイドを2枚取れるのであれば、序盤から攻撃役になることもあります。
 《かがやくカメックス》

 たねポケモンでありながら、ワザを使わなくてもダメージを稼げる点が優秀ですが、アタッカーとしても十分なワザがあります。

 今回は水ポケモンかつサイドを1枚しか取られないポケモンを軸にデッキを作りました。

サンプルデッキリスト

4

4

1

2

3

2

1

1

1

1

1

1

1

2

2

1

1

3

4

3

1

3

1

3

1

1

1

2

8

カード解説

 《モスノウ》

 特性:ひょうせつのまいによる、エネルギー加速要員です。

 後攻の時は倒されても大丈夫なように2体準備したいポケモンですが、それ以外の場面は必要に応じて他のポケモンを優先しましょう。
 《しあわせタマゴ》

 手札を多く必要とするデッキなので、なるべくアタッカーにつけて、きぜつさせられたときに手札を補充できるようにします。
 《インテレオン》

 適当に進化してしまうとうらこうさくの《インテレオン》が使えなくて困る場面があります。

 HPの低いポケモンに対しては、積極的に《かがやくカメックス》の特性:ポンプショットと併せて使いたいです。

おわりに

 今回はかがやくポケモンから御三家ポケモンを使ったデッキ紹介をさせていただきました。


 YouTubeの方でも対戦動画投稿予定なのでもしよかったら遊びに来てください。


 次回のコラムは世界大会関連のお話を書かせていただこうと考えてます。

 参加する方はもちろん参加する予定がない方も楽しんでもらえるように書きたいと思ってます。


 ではまた次回お会いしましょう。 

面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

DORASUTA COLUMN コラム