トレカ専門店 ドラゴンスター公式サイト&通販サイト

よくある質問 ご利用ガイド
  • 総合 トップ
  • コラム一覧
  • コラム 最新弾ダークファンタズマ‼︎ ポケモンVSTARサンプルデッキ | サーニーゴのポケモン通信

2022/05/13(金) 13:00

【デッキ紹介】最新弾ダークファンタズマ‼︎ ポケモンVSTARサンプルデッキ | サーニーゴのポケモン通信

最新弾ダークファンタズマ‼︎ ポケモンVSTARサンプルデッキ | サーニーゴのポケモン通信
ポケモンカード いいね数いいね!  4 閲覧数閲覧数  2,156
サーニーゴ

サーニーゴ

第3期ポケカ四天王をやってましたシマダダイチです。YouTubeで毎日ポケモンカードの対戦や開封をはじめとする動画を投稿しています。
世界大会上位入賞を目標としポケモンカードに取り組んでいますが、ポケモンカードの様々な楽しさや奥深さを多くの人に知って貰いたいと思い日々活動してます。

このライターの他のコラムを見る

強化拡張パックダークファンタズマ VSTARサンプルデッキ

目次

はじめに

 こんにちはサーニーゴことシマダダイチです。


 今回のコラムでは今週発売の最新弾ダークファンタズマからVSTARポケモン3種類のサンプルデッキを紹介します。

ヒスイゾロアークVSTAR

 《ヒスイゾロアークVSTAR》

 今回の目玉ポケモン。

 少ないエネルギーで高いダメージを出せますが、揃えないといけないカードが多いです。

 HPが低めに設定されていることから、相手の攻撃を耐えて逆転するプランは取れません。そのため、序盤にペースを握ることに重きを置いてデッキを作ります。

カード解説

 《ヒスイゾロアークV》

 うつろがえりが優秀なのでデッキが組みやすいです。

 VSTARが主軸のデッキは後攻の場合、進化する前のポケモンを倒されてサイドを稼がれてしまいます。
 しかし、エネルギー0枚で使えるワザでベンチポケモンと交代できるので、最初の番は別のポケモンをバトル場に出すことができます。

4

4

2

2

2

1

1

1

3

4

4

3

1

2

1

4

2

4

3

1

4

4

3




 《ディアンシー》

 入れ替えるポケモンとしては最適です。

 ポケモンVを3回倒される最速負けプランを阻止して、こちらはポケモンVを3回倒すプランを狙います。
 《ゲンガー》

 《ヒスイゾロアークVSTAR》の打点を出すために必要なポケモンです。

 トラッシュにあれば、タイミングを見て特性を使えるのでほぼ必須カードと言っても過言ではありません。
 《ダメージポンプ》

 ゲンガーと合わせて使うデザイナーズコンボです。

 このカードが引けないと打点が出ないので4枚採用。
 《ビーダル》

 《ヒスイゾロアークVSTAR》のVSTARパワーである特性ファントムスターは強力ですが、序盤に使うケースや《頂への雪道》に止められるケースがほとんどです。
 継続して攻撃するために手札を補充し続ける必要があります。

ヒスイヌメルゴンVSTAR

 《ヒスイヌメルゴンVSTAR》

 どのレギュレーションにも1体は居る耐久型のポケモンが今回は《ヌメルゴン》でした。

 派手なワザや特性を持っていますが、エネルギーを付けるのが少し大変なのでその工夫が必要です。

 回復カードを入れ過ぎるとデッキが回らなくなってしまうので、VSTARポケモンのサイドを2枚しか取られない強みを活かして2体の《ヒスイヌメルゴンVSTAR》で闘うことを目標にします。

4

3

4

2

1

4

3

2

1

2

3

4

4

3

3

3

2

1

7

4

カード解説

 《ヒスイビリリダマ》

 基本先攻を取ります。
 後攻になってしまった場合は、ごきげんチャージでエネルギーテンポが遅れないようにします。

 他にもエネルギーをつける手段は沢山あるので、様々なコンセプトを試してみたいです。
 《ヒスイマルマイン》

 エネルギー0枚でワザを使えるので採用しています。

 このポケモンが闘っている間にエネルギーを《ヒスイヌメルゴンVSTAR》に集めることができるので、実質エネルギー加速です。
 《嵐の山脈》

 スタジアムは比較的自由に選べるのですが、最初の番にポケモンを並べられる確率が上がることを評価して採用しました。

ジバコイルVSTAR

 《ジバコイルVSTAR》

 環境トップの《オリジンパルキアVSTAR》の弱点を突くことができる雷タイプというだけで今の環境ではスポットが当たります。

 与えられるダメージがあまり高くないので、妨害カードやサブアタッカーを上手く活用しなければいけません。

 構築の自由度が高く、今回のVSTARの中では1番デッキ構築が難しいと思います。

3

3

4

4

1

1

1

1

1

1

2

1

4

4

2

3

2

1

4

3

3

2

5

4

カード解説

 《サンダース》

 《メモリーカプセル》をついていないと特性が有効にならないため、今まで使い辛いポケモンでしたが、《ジバコイルVSTAR》のマグネグリップで攻撃すれば手札に加えることができます。

 《サンダース》を場に出したい対戦相手は攻撃する速度がそれほど速くないデッキであることがほとんどなので間に合います。
 《ゾロアーク》

 《サンダース》《ジバコイルVSTAR》を組み合わせるところまではすぐ決まったのですが、他に何を入れるか悩みました。

 《ゾロアーク》を採用すれば《サンダース》の進化前としても機能して、デッキの対応力を広げられます。
 《崩れたスタジアム》

 《頂への雪道》と悩みましたが、ベンチポケモンを意図的に減らして負け筋を消せるこちらの方が汎用性が高いと判断しました。

 《ツツジ》《ヨノワール》などを採用して積極的にコントロールするデッキにすれば《頂への雪道》の方が活きてくると思います。

まとめ

 最後までご覧くださりありがとうございました。

 他にも面白いカードがあるのでまた追加でコラムを書くと思います。


 また今回紹介したデッキをベースに自身のYouTubeでも動画投稿していこうと思いますのでよろしくお願いします。

 YouTubeメンバーシップではデッキ相談や大会で使用したデッキ解説なども行っているので興味のある方はご登録ください。


 YouTubeチャンネルページ
 メンバーシップ詳細


面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

DORASUTA COLUMN コラム