トレカ専門店 ドラゴンスター公式サイト&通販サイト

よくある質問 ご利用ガイド

2022/04/23(土) 12:00

【解説】『POWER OF THE ELEMENTS』最注目テーマは《スプライト》!! | かっつーの決闘戦略

『POWER OF THE ELEMENTS』最注目テーマは《スプライト》!! | かっつーの決闘戦略
遊戯王 いいね数いいね!  0 閲覧数閲覧数  1,535
かっつー

かっつー

晩御飯の後に緑茶を飲みながら、ぼーっとしている時間がこの世で最も幸せな時間だと思っている決闘者。

このライターの他のコラムを見る

目次

『POWER OF THE ELEMENTS』最注目テーマはコレ!《スプライト》!!

はじめに

皆さんおはこんばんにちはかっつーです。

さて! 今日4月23日は???


そう!


私の誕生日の2日前(ドドン)!!


え~~まあそれは別として(;^_^A


改めて本日は遊戯王最新パック


POWER OF THE ELEMENTSの発売日です。


皆さんは収録カードの中で気になるカードはありましたか?


今回は私が特に注目している《スプライト》について解説していきたいと思います。

《スプライト》と聞くと、なんだか喉が渇きますね。


ではなく!


《スプライト》はレベル2のモンスターで構成された


エクシーズ召喚・リンク召喚を主軸に戦うデッキです。


モンスターの①の効果はそれぞれ共通となっております。


『自分フィールドにレベル2またはランク2のモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。』

⦅注⦆前提として、【このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず】と表記されているため、この効果による特殊召喚は1ターンに1度しかできません。


この効果で特殊召喚する際にチェーンブロックは作られません。


そのため、相手は特殊召喚に合わせて《増殖するG》を発動することができないので、とても強力です。


ではモンスターから順に効果を見ていきましょう。

モンスター

《スプライト・ブルー》

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドにレベル2またはランク2のモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから《スプライト・ブルー》以外の《スプライト》モンスター1体を手札に加える。

このカードが特殊召喚に成功した場合に


デッキから《スプライト・ブルー》以外の《スプライト》モンスター1枚を手札に加えることができるので


このカードを起点に、さらに動きを加速させることが可能な1枚です。




《スプライト・ジェット》

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドにレベル2またはランク2のモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから《スプライト》魔法・罠カード1枚を手札に加える。

このカードが特殊召喚に成功した場合に


デッキから《スプライト》魔法・罠カード1枚を手札に加える効果を持ちます。


その中にはデッキから《スプライト》モンスターを特殊召喚することが出来るカードがあるので


《スプライト・ブルー》と対になるようなイメージですが、その効果からこちらも展開の助けとなる1枚です。




《スプライト・ピクシーズ》

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドにレベル2またはランク2のモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

②:このカード以外の自分のレベル2・ランク2・リンク2のモンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
その自分のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、その相手モンスターの攻撃力分アップする。

先に紹介した2枚とは異なり


このカードは攻撃力・守備力をアップさせる効果を持っています。


《スプライト》モンスターは攻撃力・守備力ともに高くないので


このカードを駆使して、相手のモンスターを戦闘で破壊しましょう。




《スプライト・レッド》

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドにレベル2またはリンク2のモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

②:相手がモンスターの効果を発動した時、このカード以外の自分フィールドのレベル2・ランク2・リンク2のモンスター1体をリリースして発動できる。
その効果を無効にする。ランク2またはリンク2のモンスターをリリースして発動した場合、さらにそのモンスターを破壊できる。

なんと!


相手がモンスターの効果を発動した時


このカード以外の自分フィールドのレベル2・ランク2・リンク2のモンスター1体をリリースすることで


その効果を無効にする、強力なカードです。


今回、私が《スプライト》に注目した最大の要因はこのカードの存在で


この後紹介する相性のいいデッキもこのカードを活かすことが出来るかを基準としたほどの1枚です。




《スプライト・キャロット》

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドにレベル2またはリンク2のモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

②:相手が魔法・罠カードの効果を発動した時、このカード以外の自分フィールドのレベル2・ランク2・リンク2のモンスター1体をリリースして発動できる。
その効果を無効にする。
ランク2またはリンク2のモンスターをリリースして発動した場合、さらにそのカードを破壊できる。

《スプライト・レッド》がモンスターの効果を無効化する効果でしたが


《スプライト・キャロット》は、同じ使い方で魔法・罠カードの効果を無効にする1枚です。


このカードも強力なので、オススメです。




《ギガンティック・スプライト》

このカードは自分フィールドのリンク2モンスターをレベル2モンスターとしてX召喚の素材にできる。

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:融合・S・X・リンクモンスターのいずれかをX素材としているこのカードの元々の攻撃力は倍になる。

②:自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドのX素材を1つ取り除き、デッキからレベル2モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時までお互いにレベル2・ランク2・リンク2のモンスターしか特殊召喚できない。

さて皆さん


このカードの②の効果の


『この効果の発動後、ターン終了時までお互いにレベル2・ランク2・リンク2のモンスターしか特殊召喚できない。』


太文字の部分に注目してください。


お・互・いと書かれています。


これが何を意味しているかといいますと


②の効果を発動後、相手は《原始生命態ニビル》の①の効果を発動することが出来なくなります。


私もこのことに気づいたときはとてもビックリしました。Σ(・□・;)




《スプライト・エルフ》

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。

①:このカードのリンク先のモンスターは相手の効果の対象にならない。

②:自分・相手のメインフェイズに、自分の墓地のレベル2モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
相手フィールドにモンスターが存在する場合、代わりにランク2またはリンク2のモンスター1体を対象とする事もできる。

①の効果でリンク先のモンスターは相手の効果の対象にならないという


モンスターをサポートする効果をもっており


さらに②の効果で相手メインフェイズに自分の墓地からレベル2モンスターを特殊召喚することができます。


相手フィールドにモンスターが存在する場合、代わりにランク2またはリンク2のモンスターを対象として特殊召喚することもできるため


後述する、《餅カエル》との相性もバツグンです!

魔法

《スプライト・スターター》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):デッキから《スプライト》モンスター1体を特殊召喚し、自分はそのモンスターの元々の攻撃力分のLPを失う。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はレベル2・ランク2・リンク2のモンスターしか特殊召喚できない。

デッキから《スプライト》モンスターを特殊召喚することが出来るカードです。


このカードから《スプライト・ブルー》を特殊召喚し


その後《スプライト・ブルー》の②の効果で、他の《スプライト》モンスターを手札に加えて


手札に加えた《スプライト》モンスターを①の効果で特殊召喚し


レベル2モンスター2体で《ギガンティック・スプライト》をエクシーズ召喚する。


このカード1枚から一気に動き出すことが出来る、とても強力なカードです。




《スプライト・ガンマ・バースト》

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

①:フィールドの全てのレベル2・ランク2・リンク2のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1400アップする。

②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分フィールドのレベル2・ランク2・リンク2のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は相手ターン終了時まで1400アップする。

《スプライト・ピクシーズ》と同様に《スプライト》の戦闘をサポートしてくれる1枚です。




《スプライト・スマッシャーズ》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分の手札・墓地から「スプリガンズ」カード、「セリオンズ」カード、「スプライト」カードの内、いずれか1枚を除外し、以下の効果から1つを選択して発動できる。

●デッキから「スプリガンズ」モンスター1体を特殊召喚する。

●自分の墓地から「セリオンズ」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

●自分フィールドのレベル2・ランク2・リンク2のモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を選んで除外する。

《スプライト》以外にも《スプリガンズ》《セリオンズ》も強化したカードです。


《スプライト》で主に使用するのは、名称指定のない下記の効果になりそうです。


『●自分フィールドのレベル2・ランク2・リンク2のモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を選んで除外する。』


戦闘では突破が困難なカードを除外するので、役立つ1枚になるでしょう。

相性のいいテーマ

まずは《イビルツイン》です。


このテーマは主軸となるモンスターの《Live☆Twin キスキル》《Live☆Twinリィラ》がレベル2モンスターであり


またリンクモンスターの《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》はリンク2のモンスターなので

《スプライト》モンスターの①の効果と相性が良いです。


さらに今までの《イビルツイン》が抱えていた問題でもあった


動きの途中で相手が発動した《原始生命態ニビル》《抹殺の指名者》以外で無効に出来なかったことが


《スプライト・レッド》で解決できるので


弱点を補うという面でも噛み合いが良く、組み合わせると面白そうです。

《ガエル》《バージェストマ》


レベル2モンスターが多く《スプライト》の①の効果を使えるのはもちろんですが


それ以上に《餅カエル》《スプライト・エルフ》の組み合わせが強力な点に注目です。

《餅カエル》

①:お互いのスタンバイフェイズにこのカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから「ガエル」モンスター1体を特殊召喚する。

②:1ターンに1度、相手がモンスターの効果・魔法・罠カードを発動した時、自分の手札・フィールドの水族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし破壊する。
その後、破壊したカードを自分フィールドにセットできる。

③:このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の水属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

《餅カエル》《スプライト・エルフ》が自分フィールドにいる状態で

《餅カエル》の②の効果で相手モンスターの効果・魔法・罠カードの発動に対して


《餅カエル》自身を墓地に送ることで、その発動を無効にし破壊することができます。


その後、相手フィールドにモンスターがいると《スプライト・エルフ》の②の効果で


墓地に送った《餅カエル》と特殊召喚することが可能です。


《餅カエル》の②の効果は1ターンに1度と書かれていますが


『このカード名の効果は』と書かれていないため、再度②の効果を使用することが出来ます


この2枚の組み合わせで相手モンスター・魔法・罠カードの発動を2回無効にできることから、相性がよさがわかると思います。


鉄獣戦線

最後に《鉄獣戦線》です。


今回紹介するテーマの中で特に私がデッキにしてみたいと考え、現在も構築中の組み合わせです。


一見すると《鉄獣戦線》モンスターが持つ下記の効果


『自分の墓地から獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。除外した数と同じ数のリンクマーカーを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族リンクモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。このターン、自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。』


と相性が悪いように思われますが


あくまでリンク素材にできるのが獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターであって


リンク召喚以外には支障がないので、意外と大丈夫じゃないかなと考えています。


また最初に《ギガンティック・スプライト》を出すことで、相手の《原始生命態ニビル》の効果を発動させないようにした上で


《ギガンティック・スプライト》の②の効果で、レベル2の《鉄獣戦線 キット》を特殊召喚することができるのでオススメです。

まとめ

いかがだったでしょうか?


今回は《スプライト》についての解説記事でしたが


POWER OF THE ELEMENTS』には


《HERO》《ティアラメンツ》《春化精》など他にもテーマとなるカードが収録されています。

これらについてもいつか触れていきたいですね。

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

DORASUTA COLUMN コラム