トレカ専門店 ドラゴンスター公式サイト&通販サイト

よくある質問 ご利用ガイド

2022/02/18(金) 19:00

【デッキ紹介】緑青《円渦海峡の暴君、アシー/Aesi, Tyrant of Gyre Strait》| なかちかの統率者の「と」!

緑青《円渦海峡の暴君、アシー/Aesi, Tyrant of Gyre Strait》| なかちかの統率者の「と」!
マジック:ザ・ギャザリング いいね数いいね!  1 閲覧数閲覧数  1,834
なかちか

なかちか

マジック:ザ・ギャザリングのプロツアーやグランプリの上位入賞経験有、現在はドラゴンスター日本橋3号店でマジック&イベント担当として日々マジックの普及に携わっています。

このライターの他のコラムを見る

なかちかの統率者の「と」! 緑青《円渦海峡の暴君、アシー/Aesi, Tyrant of Gyre Strait》

目次

はじめに

皆様こんにちは! なかちかです。


神河:輝ける世界』発売!!


新しいセットが入ると色々試してみたくなるので、デッキに触る機会がかなり増えると思います。

相手を想定してカードを組み替えるのも醍醐味の一つですよね。

仮想相手はバックナンバーを読んで研究してみて下さい!(宣伝)


今回は土地連打系統率者《円渦海峡の暴君、アシー/Aesi, Tyrant of Gyre Strait》を紹介していきます。


緑青と言えば《自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature's Wrath》《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》

他フォーマットで禁止を受けるくらい強いパーツがあります。


また、土地を複数回設置することにより簡単に展開しやすくします。

土地を置くほど強くなるカード群にご注目ください。


それでは見ていきましょう!!

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

8

13

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

緑青の特色

ランプ&ドロー&バウンス

緑青の特色は何といってもランプとドロー加速です。


《自然の怒りのタイタン、ウーロ》は言わずもがな、《トリトンの英雄、トラシオス/Thrasios, Triton Hero》《グレッチェン・ティッチウィロー/Gretchen Titchwillow》のようなランプしたらさらに繋がるクリーチャーを複数用意できるのはこのカラーの強みです。

膠着したとしても《サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift》《圧倒的な波/Whelming Wave》のように相手の行動を一気に巻き戻すバウンス能力の高いカードを持ってます。


ただ、弱点としてはそこまで持っていけるほどの時間をあまり与えられない所です。

マナ加速のみだとボディーがガラ空きになるので、一気に攻められないよう場のコントロールをしていく必要があります。


また小回りの利く除去が《内にいる獣/Beast Within》くらいしかないので、追加で《猿術/Pongify》を入れるとか他の人に頼ることになりそうです。

基本戦略

土地を伸ばす

統率者が6マナですぐに展開できない事もあり、序盤はマナ加速に専念していきます。

その中でも《耕作/Cultivate》《木霊の手の内/Kodama's Reach》は追加で土地のセットがされつつ、手札にも土地が入るためマナが潤沢になりやすいです。


また、通常の統率者デッキよりも土地が多めに入っていますので手札にたまる時があります。

そこを消化できるようにする《ドルイド・クラス/Druid Class》《踏査/Exploration》は序盤に引きたいカードではあります。


できるだけ早いターンに6マナ到達を目指しましょう。

6マナになって《円渦海峡の暴君、アシー》を召喚したら手札状況が一変します。


フェッチしたら2枚ドロー、《砕土/Harrow》《乱動の再成長/Roiling Regrowth》でも2枚ドローと大体手札がマックスのままになるくらい引けるようになります。

土地がかなり並べば《円渦海峡の暴君、アシー》が除去されたとしても再召喚できますしフィニッシュブローを使うことができます。


また、統率者が出ていないとしても《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》《猛り狂うベイロス/Rampaging Baloths》の土地セット連打で横並びの攻めが可能です。

ごっついフィニッシュブロー

土地も手札も潤沢になったらあとはフィニッシュに向けて召喚するだけです。


《クローサの心胆、カマール/Kamahl, Heart of Krosa》は毎ターン《踏み荒らし/Overrun》になる超大味ながら確実に勝ちへ近づくアタックが可能です。


《星界の大蛇、コーマ/Koma, Cosmos Serpent》は各アップキープの開始時に3/3が出てきます。

これは対戦相手のターンもです! 気が付くとどうしようもないくらいのトークンが出ているはずです。


《耕作する巨躯/Cultivator Colossus》はデッキ構成的にかなりの土地が場に出て、一気にいろいろなものが誘発すると思われます。

新規加入カードピックアップ

2022年2月時点での最新弾 『神河:輝ける世界』 からピックアップしていきます。

《耐え抜くもの、母聖樹/Boseiju, Who Endures》

《天上都市、大田原/Otawara, Soaring City》もあわせて入れ得です!

魂力を打ち消すのはかなり限られていますし土地だからかなり破格。
なんなら基本地形抜いてでも入れたいくらいのカードだと思います。

魂力で使った後《ラムナプの採掘者/Ramunap Excavator》で設置、《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》で手札に戻すとかもう脳汁出まくっちゃいます。

まず、そもそも統率者で色が合うなら大体入れていいのではと考えます。
《果て無き空、空羅/Kura, the Boundless Sky》

死亡した時の能力がこの統率者とかみ合いが凄すぎます。

好きな土地を3枚ライブラリーから手札に加えるって今まででほとんど見たことないくらいのパワーワードだと思います。

スペックも5マナ4/4飛行なら及第点です。
入れ替えするなら《船砕きの怪物/Hullbreaker Horror》等のフィニッシャー系が良いかもしれません。

次回予告

とうとう2色編が終わり、次回は3色編!

白青黒のエスパーカラーを紹介させていただきます。


3色にもなると各色の優秀カードが詰まってきそうですが統率者特有のカードも入ってくるのでデッキ構築が大変な気がします。

ただ、それもまた楽しみの一つなんで作成の際に参考になればと思います。

ということで次回もお楽しみに!!


今回紹介したカードはドラゴンスター通販で買うことが可能です。(品切れだったらごめんなさい…)


また、ご意見ご感想ありましたら

https://twitter.com/nakachika152477

までよろしくお願いいたします。

面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

DORASUTA COLUMN コラム