トレカ専門店 ドラゴンスター公式サイト&通販サイト

よくある質問 ご利用ガイド
  • 総合 トップ
  • コラム一覧
  • コラム 赤白《軍団のまとめ役、ウィノータ/Winota, Joiner of Forces》| なかちかの統率者の「と」!

2022/02/04(金) 19:00

【デッキ紹介】赤白《軍団のまとめ役、ウィノータ/Winota, Joiner of Forces》| なかちかの統率者の「と」!

赤白《軍団のまとめ役、ウィノータ/Winota, Joiner of Forces》| なかちかの統率者の「と」!
マジック:ザ・ギャザリング いいね数いいね!  2 閲覧数閲覧数  2,115
なかちか

なかちか

マジック:ザ・ギャザリングのプロツアーやグランプリの上位入賞経験有、現在はドラゴンスター日本橋3号店でマジック&イベント担当として日々マジックの普及に携わっています。

このライターの他のコラムを見る

なかちかの統率者の「と」! 赤白《軍団のまとめ役、ウィノータ/Winota, Joiner of Forces》

目次

はじめに

皆様こんにちは! なかちかです。

あっという間に1月も終わり、もういくつ寝ると『神河:輝ける世界』発売と考えるとなんか時が経つのは早いですねぇ。

リアルでカードを触れてない期間が延びないうちにどんどん遊んでいきましょう!


今回は純正の殴り統率者、しかし存在自体がコンボチック《軍団のまとめ役、ウィノータ/Winota, Joiner of Forces》を紹介していきます。

一気に展開して場を圧倒する様はウィノータの真骨頂! 気持ちよさは半端ないです!!

専用パーツも多くて人気のある統率者の一つなのでどういう動きをするか頭に入れておくのはありかと思います。


それでは見ていきましょう!!

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

10

7

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

赤白の特色

全軍突撃!+ヘイトベア

赤白は装備にしても他の統率者含めて攻める側に位置します。

そしてこのカラーリングは他色と比べて早く盤面構築ができるため、相手が少しでも手間取っていたら一気に攻め入ることができます。


自分の盤面構築は早いのですが相手の妨害が少ない事や全体除去等でいなされると手札の使用状況的に再構築まで時間がかかります。


そういった弱点もありますがこちらも《ドラニスの判事/Drannith Magistrate》《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor》《迷宮の霊魂/Spirit of the Labyrinth》等のヘイトベアで相手を不自由にさせて自身を有利に展開できるよう進めていく形となります。

基本戦略

非人間のクリーチャーを揃える

まず下ごしらえとしてできるだけ非人間のクリーチャーを揃えるのを心がけましょう。


《軍団のまとめ役、ウィノータ》が4マナなので大体3マナ以内のカードが主に使われています。

《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》《軍勢の戦親分/Legion Warboss》は1体で複数のクリーチャーが出るので積極的に出していきましょう。


《エメリアのアルコン/Archon of Emeria》《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》《弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric》は「人間ではないクリーチャー」な上に、呪文を1回しか唱えられなくする減速効果もあってこちらも狙い目。


展開が完了したら第一段階は完了となります。

ウィノータからの人間力

第一段階が完了している状態で《軍団のまとめ役、ウィノータ》を出せばアタックしている「人間ではないクリーチャー」分、古今東西の人間クリーチャーが飛び出す仕組みとなっています。


《アングラスの匪賊/Angrath's Marauders》《刃の歴史家/Blade Historian》はパイオニアでもデッキ採用されているくらいこのデッキと相性が良い一品なので見たら出すと良いでしょう。

《月の大魔術師/Magus of the Moon》は唱えずに直接場に出てしまうので色マナを出すタイミングを無くして機能不全にできる可能性があります。


また非人間のトークンを複数出す人間も多く継続して攻めていくことができます。絶え間なくアタックしていきましょう!

置物でふたをする、ドローもする

相手の展開に対しての対処があまりできないデッキですが

《耳の痛い静寂/Deafening Silence》《法の定め/Rule of Law》で相手の展開を遅らせ、こちらは《軍団のまとめ役、ウィノータ》で複数体クリーチャーを出す事により速やかに倒していく形がスマートです。


一気に手札を使う時もあり追加ドローが無い色ですのでどうするかというと《頭蓋骨絞め/Skullclamp》でトークンや使い終わったタフネス1の人間を絞めていってドローしていきます。

人間以外は軽く出せるものが多いので何体か絞めていけば全体除去されても再構築可能です。

新規加入カードピックアップ

2022年2月時点での最新弾『イニストラード:真紅の契り』と『イニストラード:真夜中の狩り』からピックアップしていきます。

《歓迎する吸血鬼/Welcoming Vampire》

非人間、飛行、3マナ、ドロー要素ありとかなりウィノータ前出し条件にばっちりな逸材。
採用はかなり前向きに考えられそうです。

となるとどこを抜くのかになるのですが、同じような能力の《弱者の師/Mentor of the Meek》は人間側なのでできる事なら入れておきたい。
こうなると好みの問題なのでヘイトベア系を抜くかトークン系を抜くかで悩ましいです。
《聖戦士の奇襲兵/Cathar Commando》

人間側の解呪枠。
軽いし瞬速だし良い事なのですが人間側なので連鎖せずに終わるのでちょっと考えもの。

対象はいくらでもあるので引っ張ってこれた時に役にたたないことは無いのですが攻め手が太くなる感じでもないので攻めるデッキとしてはちょっと後ろ向き。
安心安定の一枚なのですがこれと差し替えがちょっと難しい。

自分は検討して入れない寄りになるかなぁ。

次回予告

次回は2色編最終回、緑青となります。

最近は《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》《自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature's Wrath》と構築で大暴れしたカラーリングですが、統率者ではコンボっぽい動きをするのが多い気がします。


どんな形でコンボしていくのか統率者によって違うのでどれを紹介するかは検討中です!

ということで次回もお楽しみに!!


今回紹介したカードはドラゴンスター通販で買うことが可能です。(品切れだったらごめんなさい…)


また、ご意見ご感想ありましたら

https://twitter.com/nakachika152477

までよろしくお願いいたします。

面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

DORASUTA COLUMN コラム