トレカ専門店 ドラゴンスター公式サイト&通販サイト

よくある質問 ご利用ガイド

ドラゴンスター通販

ドラゴンスターは充実な品揃えであなたが欲しいカードがすぐ見つかります。

2021/11/25(木) 20:00

【デッキ紹介】YUDTで使いたかった😭 『壊獣カグヤ』 | かっつーの決闘戦略

YUDTで使いたかった😭 『壊獣カグヤ』 | かっつーの決闘戦略
遊戯王 いいね数いいね!  1 閲覧数閲覧数  523
かっつー

かっつー

晩御飯の後に緑茶を飲みながら、ぼーっとしている時間がこの世で最も幸せな時間だと思っている決闘者。

このライターの他のコラムを見る

使いたかった(´;ω;`) 『壊獣カグヤ』

目次

はじめに

皆さんこんにちは、今回から遊戯王のコラムを書かせて頂きます、ドラスタスタッフのかっつーです。
 
さて早速ですが、第一回目となるコラムの内容は【デッキ紹介】になります。

まずはレシピからドン!

メインデッキ (40枚)

3

3

1

3

3

3

3

3

2

3

1

3

2

3

1

3

エクストラデッキ(15枚)

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

タイトルにもあるように、今回紹介するデッキは『壊獣カグヤ』です。


このデッキについて聞いたことがある方も多いと思いますが

簡単に紹介すると

相手フィールドのモンスターをリリースして特殊召喚できる《壊獣ガダーラ》

②の効果で自身と相手フィールドのモンスターを持ち主の手札に戻す《妖精伝姫-カグヤ》

を組み合わせた、いわゆるGS(グッドスタッフ)デッキになります。

採用理由と戦い方

採用理由

《獣王アルファ》

このカードは通常召喚できない。
相手フィールドのモンスターの攻撃力の合計が、自分フィールドのモンスターの攻撃力の合計より高い場合に特殊召喚できる。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドの獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
その後、手札に戻した数だけ相手フィールドの表側表示モンスターを選んで持ち主の手札に戻す。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分の「獣王アルファ」は直接攻撃できない。
《未界域のビッグフット》

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。
それが「未界域のビッグフット」以外だった場合、さらに手札から「未界域のビッグフット」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。

②:このカードが手札から捨てられた場合、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
《未界域のサンダーバード》

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。
それが「未界域のサンダーバード」以外だった場合、さらに手札から「未界域のサンダーバード」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。

②:このカードが手札から捨てられた場合、相手フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
《機巧蛇ー叢雲遠呂智》

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

①:このカードが手札・墓地に存在する場合、自分のデッキの上からカード8枚を裏側表示で除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

②:EXデッキからカード3枚を裏側表示で除外し、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
《時花の賢者ーフルール・ド・サージュ》

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドのモンスター1体とフィールドのカード1枚を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のカードを破壊する。

②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、このカード以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻す。
その後、自分のデッキ・墓地から植物族・レベル1モンスター1体を選んで手札に加える。

これらのカードの採用理由は

「Lv8かつ特殊召喚が容易で相手フィールドのカードを破壊、リリース、手札に戻すことができるから!」

と、いたってシンプルです。


ですが、彼らがいるからこそ、この後紹介するランク8エクシーズモンスターを召喚することができ、先攻で相手が敷いた布陣を突破可能にする重要なカードとなります。

《白の聖女エクレシア》

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

②:自分・相手のメインフェイズに、このカードをリリースして発動できる。
手札・デッキから「相剣」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を特殊召喚する。

③:このターンに融合モンスターが自分の墓地へ送られている場合、エンドフェイズに発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

そして私が思うこのデッキのキーカード

《白の聖女エクレシア》

その理由はこちら

  1. 『Lv4のチューナーかつ①の効果で特殊召喚できる』ことが優秀!
    今回採用したモンスターは上記の通りLv8が多いため《白の聖女エクレシア》で、大ダメージを与える《炎斬機ファイナルシグマ》をシンクロ召喚することができます。
    他にも《妖精伝姫ーカグヤ》《電光ー雪花》とシンクロ召喚で、相手がモンスターの効果を発動した場合そのモンスターを除外することができる《天威の龍鬼神》や②の効果で自身を墓地から特殊召喚できる《混沌魔龍 カオス・ルーラー》を狙うこともできます!

  2. ②の効果は誘発即時効果のため、ほかの効果にチェーンすることが出来ます。
    《時花の賢者ーフルール・ド・サージ》の①の効果を自分フィールドの《白の聖女エクレシア》と相手フィールドのカードを対象に発動。
    それにチェーンして《白の聖女エクレシア》の②の効果を発動することで、デッキ・手札から《妖眼の相剣師》を特殊召喚。
    その後《時花の賢者ーフルール・ド・サージュ》が特殊召喚され、相手フィールドのカードが破壊されます。

    そう! 誘発即時効果によって特殊召喚が先に行われるため、破壊時に自分フィールドの《白の聖女エクレシア》が場にいなくてもいいんです。
    結果、自分は何も破壊されることなく、相手のカードのみを破壊することができてしまいます!
《雪花の光》

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合に発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。
このカードの発動後、このデュエル中に自分は「雪花の光」以外の魔法・罠カードの効果を発動できない。

②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札のモンスター1体を相手に見せ、デッキに戻してシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

フルモンデッキの強い味方!


実は《強欲で貪欲な壺》《トレード・イン》にするかめちゃくちゃ迷ったカードなのですが

《強欲で貪欲な壺》は2021年10月のリミットレギュレーションで準制限になったことで手札に来にくくなったこと

他にも灰流うらら》で無効にされてしまった時に、それで終わりとなってしまいますが

《雪花の光》は②の効果で1枚手札を入れ替えれることができる点からこのカードにしました。

《No.97 龍影神ドラッグラビオン》

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードは相手の効果の対象にならない。

②:このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分のEXデッキ・墓地から「No.97 龍影神ドラッグラビオン」以外のドラゴン族の「No.」モンスター2種類を選ぶ。
その内の1体を特殊召喚し、もう1体をそのモンスターの下に重ねてX素材とする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できず、この効果で特殊召喚したモンスターでしか攻撃宣言できない。
《No.100 ヌメロン・ドラゴン》

①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの攻撃力は相手ターン終了時まで、フィールドのXモンスターのランクの合計×1000アップする。

②:このカードが効果で破壊された時に発動できる。
フィールドのモンスターを全て破壊する。
その後、お互いは自身の墓地の魔法・罠カードを1枚選んでフィールドにセットする。

③:自分の手札・フィールドにカードが無い場合、相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

《No.97 龍影神ドラッグラビオン》の②の効果でEXデッキから《No.100 ヌメロン・ドラゴン》を特殊召喚。


《No.100 ヌメロン・ドラゴン》の①の効果で「フィールドのXモンスターのランクの合計×1000攻撃アップ」するため

ランク8の《No.97 龍影神ドラッグラビオン》とランク1の《No.100 ヌメロン・ドラゴン》の2体のみで攻撃力9000💪のモンスターを出すことができます。

《宵星の機神ディンギルス》

自分は「宵星の機神ディンギルス」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、自分フィールドの「オルフェゴール」リンクモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

①:このカードが特殊召喚に成功した場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る。
●除外されている自分の機械族モンスター1体を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。

②:自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。

①の効果を主に使用します。

特に『勇者GS』などの《超雷龍-サンダー・ドラゴン》などのモンスターに対処することができるほか、相手の罠や魔法なども墓地へ送る使い方もあります。

《No.97 龍影神ドラッグラビオン》よりも先に出し、相手のセットカードを使用させるなどの役割が多いです。

《No.84 ペイン・ゲイナー》

このカードはX素材を2つ以上持っている自分のランク8~10の闇属性Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

①:このカードの守備力は、自分フィールドのXモンスターのランクの合計×200アップする。

②:X素材を持っているこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が魔法・罠カードを発動する度に相手に600ダメージを与える。

③:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの守備力以下の守備力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
《No.77 ザ・セブン・シンズ》

このカードは自分フィールドのランク10・11の闇属性Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
この方法で特殊召喚したターン、このカードの①の効果は発動できない。

①:1ターンに1度、このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て除外し、その後、除外したモンスターの中から1体を選んでこのカードの下に重ねてX素材とする。

②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。

《宵星の機神ディンギルス》《No.68 摩天牢サンダルフォン》《No.23 冥界の霊騎士ランスロット》をエクシーズ素材にエクシーズ召喚が可能‼️

アタッカー兼《No.100 ヌメロン・ドラゴン》の攻撃力をさらに上げることもできるランク11、12のエクシーズモンスターです。

基本的には効果を使い終わった《宵星の機神ディンギルス》を素材にして、出していきます。

戦い方

上記で紹介したカードからおそらく皆さん気づいたかと思いますが……


このデッキの戦い方はシンプルで

後攻でLv8モンスター2体からエクシーズモンスターを駆使して1ターンで決着をつけろ

です。


そのため、基本展開などはありません。

強いて言えば、後攻を選択し初期手札5枚+ドローフェイズの1枚の手札から8000以上のダメージを与えられるかを考えるだけです。

使いたかった😭

いかがだったでしょうか、今回のデッキは?

実は今回紹介したデッキですが、私がYUDTに当選していたら使用する予定でした。

そのため、仮想敵の《エルドリッチ》を意識し《電光-雪花-》を採用した構築になっています。

もし当選してデッキ選択に悩んでいる方がいらっしゃいましたら是非、このデッキを使ってみてはいかがでしょうか!
 
それではまた次の記事でお会いしましょう!

面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

DORASUTA COLUMN コラム