トレカ専門店 ドラゴンスター公式サイト&通販サイト

よくある質問 ご利用ガイド

ドラゴンスター通販

ドラゴンスターは充実な品揃えであなたが欲しいカードがすぐ見つかります。

2021/09/23(木) 19:00

【デッキ紹介】新たなバトルスタイル「FUSION」 ミュウVMAX | 週刊きむらのポケ講

新たなバトルスタイル「FUSION」 ミュウVMAX | 週刊きむらのポケ講
ポケモンカード いいね数いいね  5 閲覧数閲覧数  4,900
きむら

きむら

大阪でポケモンカードを2016年から楽しんでいます。
皆さんに楽しんで頂ける記事を書けるよう頑張ります!
アイコンはうろ覚えで書いたツタージャです。

このライターの他のコラムを見る

新たなバトルスタイル「FUSION」 《ミュウVMAX》 | 週刊きむらのポケ講

目次

はじめに

みなさんこんにちは!

きむらです。

9月24日に新弾「フュージョンアーツ」が発売しますね。
チャンピオンズリーグ2022京都の開催も近づいてポケモンカードが盛り上がってきました!
ちなみに僕はまだ当落結果メールを見ていません。
漬けておけば熟成されて落選も当選に昇格したりしませんか…?

※編注:なりません。

デッキ紹介

さて本日紹介するのは《ミュウVMAX》デッキ」です。
デッキレシピはこのようになっています。
デッキコード:wVFdkV-4wo84u-kkf5kF

4

3

4

2

1

1

1

4

4

1

4

4

2

2

4

3

4

3

4

3

2

《ゲノセクトV》の特性「フュージョンシステム」でドローし、《ミュウVMAX》のワザ「クロスフュージョン」で《ラティアス》《ゲノセクトV》《メロエッタ》のワザを状況に応じて使い分けるデッキです。
FUSIONポケモンのワザのダメージを上げる《パワータブレット》や、《インテレオン》の特性「クイックシューター」等を受けなくなる《フュージョンエネルギー》が非常に優秀です。

デッキの使い方

先行の場合は2ターン目に《ボスの指令》を使い相手ベンチにいるポケモンVを呼び出し、《ミュウVMAX》「クロスフュージョン」で《ゲノセクトV》のワザ「テクノバスター」を使って倒す。
又は3ターン目に《パワータブレット》《げんきのハチマキ》でダメージを上げた《フュージョンエネルギー》4枚の《メロエッタ》「メロディアスエコー」でVMAXポケモンワンパンを目指します。
後攻の場合は1ターン目に《カミツレのきらめき》から「メロディアスエコー」でバトル場のポケモンを倒す動きが理想です。
《フュージョンエネルギー》が何枚サイドに埋まっているかによって動きが変わるので最初に必ず確認しましょう。

ベンチ管理が非常に難しいデッキです。
《ゲノセクトV》2体、《ミュウV》または《ミュウVMAX》2体が確定で残り2か所を《メロエッタ》《ラティアス》《デデンネGX》《マーシャドー》《ゲノセクトV》3体目で使うことになります。
相手のスタートしたポケモン、サイドに落ちている《フュージョンエネルギー》の枚数を確認して、《メロエッタ》を使うのか《ラティアス》を使うのか決めてから動きましょう。

環境デッキへのプランと注意点

こちらでは環境デッキと呼ばれるデッキたちとの対戦でのプラン、注意する事を書きたいと思います。
今回は
《スイクンV》+《はくばバドレックスVMAX》+《インテレオン》
デッキ」
《ミュウツー&ミュウGX》+《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》+《ガラルファイヤーV》デッキ」
《ミュウVMAX》デッキ」
《こくばバドレックスVMAX》+《マホイップVMAX》デッキ」
《ミュウツー&ミュウGX》+《ダークライ&ブラッキーGX》+《ガラルファイヤーV》デッキ」
《ムゲンダイナVMAX》+《ブラッキーVMAX》デッキ」
《ゲンガーVMAX》+《ジュラルドンVMAX》デッキ」

《れんげきウーラオスVMAX》+《インテレオン》デッキ」
これらのデッキについて書いていこうと思います。
上から順に使用者が多いと考えています。
基本的にワザは《ミュウVMAX》で使います。
《ミュウVMAX》以外で使う場合は、《メロエッタ》自身で「メロディアスエコー」を使います。といった書き方をします。

少し不利

香港の大会やPOGでも使われていた《はくばバドレックスVMAX》ラインが2枚、《スイクンV》が3枚、《タフネスマント》が採用されている型が多いと思います。
こちらは先行2ターン目《ボスの指令》が狙えるデッキなので先行であれば少し有利になりそうですが、後攻かつ《フュージョンエネルギー》がサイドに落ちてしまうと《タフネスマント》のついた《スイクンV》の対処がとても大変です。
後攻1ターン目でバトル場に《ゲノセクトV》《ミュウV》を出しながらベンチを調節すると、相手は《はくばバドレックスV》「ブリザードランス」《はくばバドレックスVMAX》「ダイランス」でないとバトル場のポケモンを倒すことができません。
「ダイランス」で倒された場合こちらが《ミュウVMAX》《ラティアス》「ダイナバリア」を使うと、《メロン》《基本水エネルギー》いれかえ手段の3枚と《スイクンV》《あなぬけのひも》を要求できます。
分岐が多すぎて難しいですね。《はくばバドレックス》が早い段階で出てくる又は《フュージョンエネルギー》がサイドに落ちなければ戦いやすいと思います。
こちらが後攻で相手が《はくばバドレックス》から攻めてくるなら《ラティアス》を出し、それ以外は《メロエッタ》を出すべきでしょう。
《ミュウVMAX》を意識して《頂への雪道》の採用枚数が増えそうなので少し不利としました。

有利

こちらも香港の大会やPOGで活躍したデッキですね。
《ゲノセクトV》はHPが190なので「オルタージェネシスGX」込みの《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》「アルティメットレイ」を耐えます。
《ガラルファイヤーV》を狙って倒し「アルティメットレイ」のタイミングでベンチに《ミュウV》がいない状態を作ることで、3枚3枚でサイドを取られずこちらが先にサイドを取り切れるでしょう。
《メロエッタ》「メロディアスエコー」280か《げんきのハチマキ》《パワータブレット》2枚の《ゲノセクトV》「テクノバスター」で《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》を倒しましょう。
後攻1ターン目に《メロエッタ》自身で「メロディアスエコー」を使ってサイドを取れるととても楽になります。

《ミュウVMAX》デッキ」

五分

少し有利だと思っていますが、ほんの少しなので五分とします。
Twitterでレシピを調べていると《カミツレのきらめき》《メロエッタ》の採用が少ないように思いました。
《カミツレのきらめき》が採用されていないなら先行2ターン目に《ボスの指令》から相手がエネルギーを貼った《ミュウV》を倒すと勝ち濃厚です。
相手もそれは分かっているので後攻1ターン目に《ミュウV》「エナジーミックス」を使ってくるかもしれません。
その場合は《ミュウV》をそのまま倒して2枚2枚2枚でサイド6枚取りきりを目指しましょう。
先行側がやりたい放題して勝ちそうな気がします。困ったなぁ。

不利

《頂への雪道》は減り《トレーニングコート》の採用が増えていたかもしれませんが、これからは《ゲノセクトV》意識の《頂への雪道》採用が増えると思います。
《混沌のうねり》を貼っても《マーシャドー》特性「リセットホール」でトラッシュされてから《頂への雪道》を通されてしまうでしょう。
《ラティアス》「ダイナバリア」《ゲノセクトV》「テクノバスター」を《パワータブレット》《げんきのハチマキ》でダメージを上げて《こくばバドレックスVMAX》を、《パワータブレット》1枚使用「テクノバスター」で《ゲンガー&ミミッキュGX》を倒す合計3回のワザでサイドを取り切れます。
《こくばバドレックスV》「シャドーミスト」も厄介ではありますが、1ターン目に《ミュウV》にエネルギーを貼れていれば《カミツレのきらめき》で対応できます。
こちらが先行で順調に進めば先にサイドを取り切ることができますが、《マーシャドー》《頂への雪道》《マリィ》でこちらが《ボスの指令》を引くことができず負けの展開が予想できるので不利としました。
《ラティアス》を出すことが多いと思います。

少し不利

《ミュウVMAX》の悪弱点は《ウィークガードエネルギー》で補うことができるので大きな問題にはなりません。
《ミュウツー&ミュウGX》《ブラッキー&ダークライGX》「デッドムーンGX」を使われた場合は、エネルギーを引けていれば《ミュウVMAX》で倒すことができます。
ですが実際は《ブラッキー&ダークライGX》で「デッドムーンGX」を使われて倒すことができない状況を作られるでしょう。
《ブラッキー&ダークライGX》で「デッドムーンGX」を使うので《メガヤミラミ&バンギラスGX》を出すベンチは厳しいと思うので、こちらの勝ち筋は追加効果付き「デッドムーンGX」を使わせない、又は追加効果「デッドムーンGX」までにサイドを3枚取ることです。
先行2ターン目に《ボスの指令》から《ガラルファイヤーV》を倒すか、後攻1ターン目に《カミツレのきらめき》《メロエッタ》でサイドを取ることが勝ちが見えそうです。
先行2ターン目に《ボスの指令》《ガラルファイヤーV》を倒すのが厳しい時は《メロエッタ》でバトル場のポケモンを倒すことで追加効果「デッドムーンGX」は狙えるがサイドが1枚しか取れないという状況を作りましょう。
不利かな?と思っていましたがプランを考えているといける気がしてきたので少し不利としました。

とても不利

このタイミングで《ムゲンダイナVMAX》を使うということは《ミュウVMAX》を意識していると思うので《ウィークガードエネルギー》対策として《うねりの扇》が採用されると思います。
先行2ターン目から相手がエネルギーをつけた《ムゲンダイナV》《ボスの指令》で呼び出して2枚2枚2枚でサイドを取ることができれば勝ち目はありそうですが、後攻1ターン目《うねりの扇》を使われるとそのプランも崩壊するのでかなり厳しい相手です。
《うねりの扇》が採用されていないことを祈りましょう。採用されてても引かれなければいいのだ!

とても不利

まさかここに「《ゲンガーVMAX》+《ジュラルドンVMAX》デッキ」を書くことになるとは…
《ゲンガーVMAX》《ジュラルドンVMAX》どちらも非常に厄介な相手です。
またもや先行2ターン目から《ボスの指令》連発が勝ち筋になりそうですね。
とても苦しい…

とても有利

《れんげきウーラオスV》は超弱点なので後攻1ターン目に《カミツレのきらめき》から《メロエッタ》が動けばほとんどサイドを取れるでしょう。
相手が超弱点かつ《フュージョンエネルギー》《インテレオン》特性「クイックシューター」から守ることができるのでとても有利です。
《あなぬけのひも》から《れんげきウーラオスVMAX》「キョダイレンゲキ」撃たれそうなときは《ミュウVMAX》をバトル場に出して闘抵抗で受けると良いです。
先行2ターン目に《ナゲツケサル》《望遠スコープ》込み「キョダイレンゲキ」で《ミュウV》を2体倒されると負けます。
特化したデッキとか作らないでね。

有利不利まとめ

《スイクンV》+《はくばバドレックスVMAX》+《インテレオン》デッキ」 少し不利
《ミュウツー&ミュウGX》+《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》+《ガラルファイヤーV》デッキ」 有利
《ミュウVMAX》デッキ」 五分
《こくばバドレックスVMAX》+《マホイップVMAX》デッキ」 不利
《ミュウツー&ミュウGX》+《ダークライ&ブラッキーGX》+《ガラルファイヤーV》デッキ」 少し不利
《ムゲンダイナVMAX》+《ブラッキーVMAX》デッキ」 とても不利
《ゲンガーVMAX》+《ジュラルドンVMAX》デッキ」 とても不利

《れんげきウーラオスVMAX》+《インテレオン》デッキ」 とても有利

選択肢が多くとても好きなデッキですが、深く考えていくとなかなか厳しいようにも思えます。
《うねりの扇》が思ったより採用されなければ立ち位置が良くなるかもしれません。
プレイングが出るデッキなので気合を入れてまわせば全然いけます!大事なのは気合!

各カードの採用理由

ポケモン

《ミュウV》 4枚  

3枚か4枚か非常に難しい4枚採用。 
《ゲノセクトV》特性「フュージョンシステム」のためにFUSIONポケモンを多く採用したくなるが、デッキの使い方のところでも書いたように場の《ミュウV》は2体で残りは《ラティアス》《メロエッタ》《ゲノセクトV》に使いたい。
 逃げエネ0なのでスタートすれば後攻1ターン目《カミツレのきらめき》《メロエッタ》「メロディアスエコー」につなげやすいところを評価して4枚採用とした。
 難しい~~~~~まだ悩んでます。
《ミュウVMAX》 3枚  

メインアタッカーなのでサイド落ち考慮3枚採用。 
《ゲノセクトV》特性「フュージョンシステム」を妨げてしまうので4枚は入れたくない。 
「クロスフュージョン」はベンチのFUSIONポケモンのワザを使うのでベンチ管理が重要、とても難しい。 
「ダイミラクル」のおかげで環境から《ジュナイパー》が減る、本当にありがとう…
《ゲノセクトV》 4枚  

特性「フュージョンシステム」が強力。ドロー最高! 
必ず2体は場に出し《デデンネGX》を出さずにすめば3体出したいので4枚採用。
「テクノバスター」を撃った《ミュウVMAX》は次のターンワザを撃てないのを忘れないでおこう。
 HPが190で《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》の「オルタージェネシス」込み「アルティメットレイ」を耐えるのがとてもえらい。
《メロエッタ》 2枚  

先行であれば3ターン目にVMAXワンパンを狙い、後攻なら1ターン目に「メロディアスエコー」を狙う。
 後攻1ターン目「メロディアスエコー」をすると《メロエッタ》が倒されて《フュージョンエネルギー》がトラッシュされてVMAXワンパンが狙えなくなるのを理解しておこう。 
サイドに《フュージョンエネルギー》が落ちなければ《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》を倒せてえらい。 
《タフネスマント》がついた《スイクンV》も倒せるえらい。
《ラティアス》 1枚  

「ダイナバリア」で相手に《ボスの指令》《あなぬけのひも》を要求できるのが強力。
 先行の場合は無くても勝てるので1枚採用。
《リセットスタンプ》「ダイナバリア」で相手が《ボスの指令》を引かないように祈ろう。 
《ラティアス》《ミュウVMAX》《メロエッタ》もかわいいですね。
《デデンネGX》 1枚  

なるべく《ゲノセクトV》で回したいがそれだけでは動きが止まってしまう時があるので泣く泣くの1枚採用。 
スタートした時は地獄、泣くしかないです。
《マーシャドー》 1枚  

中盤以降は《混沌のうねり》《頂への雪道》を防いでくれるが1枚も引いていない序盤での《頂への雪道》対策として1枚採用。 
《頂への雪道》がとにかく怖いので2枚採用したい気持ちもあるがベンチが空いていることが少ない。

グッズ

《クイックボール》 4枚

《ゲノセクトV》特性「フュージョンシステム」との相性もいいのでもちろん4枚採用。
《ゲノセクトV》は3体出したいけど《ミュウV》は2体でいいのでサーチするよりなるべくドローしたやつを出したいねって考えから、《ゲノセクトV》《ミュウV》が1体ずついる状況なら《ゲノセクトV》を先に取ることの方が多い。
《スーパーボール》 4枚

《ゲノセクトV》特性「フュージョンシステム」との相性で《ポケモン通信》から枠を勝ち取った4枚採用。
手札にたまらないのがいいですね。
ベンチに出したくない《ミュウV》3体目や先行の《ラティアス》等出すべきポケモンかしっかり考えてから手札に加えよう。
《しんかのおこう》 1枚

《スーパーボール》4枚だけでは《ミュウVMAX》の進化が怪しい場面があると考えての1枚採用。
2枚なると余りそうだな~となってすごく難しい。
《ポケモンいれかえ》 4枚

《ゲノセクトV》「テクノバスター」を使った《ミュウVMAX》で次のターンもワザを使うため多めに4枚採用。
先行2ターン目《ボスの指令》3ターン目《ボスの指令》で倒す場面で必要になります。
もしかしたら1枚削れるかもってぐらいなのでなにか入れたいカードがあれば変更してもいいかも。
《パワータブレット》 4枚  

《ラティアス》「ダイナバリア」《ゲノセクトV》「テクノバスター」でVMAXポケモンを倒す、《フュージョンエネルギー》4枚《メロエッタ》「メロディアスエコー」でVMAXポケモンを倒すために必要になる。 サイド落ちをしっかり確認してプランを立てよう。
《リセットスタンプ》 2枚

後攻で勝つ可能性を見せてくれるカード。
《ミュウVMAX》《ゲノセクトV》《こくばバドレックスVMAX》にあまり効かないので実は不採用に最も近い2枚採用。
《はくばバドレックスVMAX》には結構効く。
強く使うには《頂への雪道》も採用したい。

サポート

《マリィ》 4枚

《ゲノセクトV》特性「フュージョンシステム」でのドローが強いのでドロー枚数が少なくても問題がなく、「フュージョンシステム」が止まっている時の手札は《ミュウVMAX》《ボスの指令》、エネルギー、が多いのでトラッシュしてはいけないということで《博士の研究》より優先してこちらを採用。
山札に《フュージョンエネルギー》を戻せるのも好印象。
《カミツレのきらめき》 3枚

1ターン目にエネルギーを貼れなかった場合、エネルギーを貼った《ミュウV》が先行2ターン目《ボスの指令》で倒された場合、《クラッシュハンマー》《うねりの扇》を使われた場合は必ず必要で、《メロエッタ》「メロディアスエコー」で高いダメージを出すためにも必要になる。
4枚採用していたが2回使うかと言われると怪しいので1枚減って3枚採用になった。
SR欲しいですね!!!!!
《ボスの指令》 4枚

相手が後攻1ターン目にエネルギーを貼ったポケモンを先行2ターン目に《ボスの指令》で呼び出す動きが強いので再現性を高めるために4枚採用。
「《こくばバドレックスVMAX》+《マホイップVMAX》デッキ」との対戦では2枚必要になるのでやっぱり4枚必要。

スタジアム

《混沌のうねり》 3枚

《頂への雪道》対策カード。
ドローサポートの採用枚数が少ないので一度止まってしまうとなかなか動き出すことができないので多めの3枚採用。
《ゲノセクトV》特性「フュージョンシステム」を妨げる時もあるので引ける自信がある人は2枚でもギリギリありかもしれません。

エネルギー

《フュージョンエネルギー》 4枚  

《カミツレのきらめき》《メロエッタ》で使うのでもちろん4枚採用。 
とにかくサイド落ち確認をしっかりしよう。
《キャプチャーエネルギー》 2枚

《ミュウVMAX》「クロスフュージョン」は無色2で使えるので《キャプチャーエネルギー》が使える。
《ゲノセクトV》特性「フュージョンシステム」とも相性がいいのでもっと採用したいがエネルギーを増やしすぎると「フュージョンシステム」を妨げるので泣く泣くの2枚採用。
《うねりの扇》使われるし《ウィークガードエネルギー》減らして《キャプチャーエネルギー》を増やしてもいいかもしれない。

今回不採用となったカード

ポケモン

《オドリドリ》  

《ねっけつレッスン》でFUSIONポケモンが受けるダメージを減らせるがベンチは《ゲノセクトV》《メロエッタ》《ラティアス》に使いたいので不採用とした。

トレーナーズ

《クラッシュハンマー》《ミュウツー&ミュウGX》+《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》+《ガラルファイヤーV》デッキ」「《ミュウVMAX》デッキ」にとても有効で《ゲンガーVMAX》を採用しているデッキにもある程度の効果が期待できる。
当たれば…
先行1ターン目は手札にたまってしまうのも少し苦しい。
今回は《リセットスタンプ》と枠を争って《リセットスタンプ》を採用したがこちらを採用するのもあり。
《うねりの扇》

《クラッシュハンマー》を3枚か4枚採用した後に採用するカード。
《クラッシュハンマー》と3枚3枚か《クラッシュハンマー》4枚《うねりの扇》2枚とかとても難しい。
個人的には後者かな?
今回は《クラッシュハンマー》を不採用としているのでこちらも不採用。
《なごりの大鈴》  

《頂への雪道》を採用していた頃に《リセットスタンプ》《頂への雪道》をするために採用していた。 
やろうと思えば《ムサシとコジロウ》を採用して《リセットスタンプ》《ムサシとコジロウ》を狙うこともできる。 
《げんきのハチマキ》が採用されたので不採用となった。
《頂への雪道》

《リセットスタンプ》とあわせて使うことで「《ミュウVMAX》デッキ」「《こくばバドレックスVMAX》+《マホイップVMAX》デッキ」への勝率が向上する。
作った当初は採用していたが《混沌のうねり》3枚目に場所を奪われてしまい不採用となった。
1枚採用だと引けるか怪しい。

終わりに

ここまで読んでくださりありがとうございました。
書きながら頭を使いすぎてへろへろです。
プレイングが非常に難しいデッキですが100パーセントの力を引き出すことができれば多少の不利は覆せると思います。
ドローもできてかわいいポケモンも多くてカミツレも採用されてる!
すごく好きなデッキなので気合で勝ちます!!!

次回更新は9月28日(火)更新!

面白かったらシェアしてね!

DORASUTA COLUMN コラム