トレカ専門店 ドラゴンスター公式サイト&通販サイト

よくある質問 ご利用ガイド

ドラゴンスター通販

ドラゴンスターは充実な品揃えであなたが欲しいカードがすぐ見つかります。

【コラム】アストラル文字、アナタは知ってますか? | カニ丸の遊戯こばなし

アストラル文字、アナタは知ってますか? | カニ丸の遊戯こばなし
遊戯王 いいね数いいね  9 閲覧数閲覧数  635
鍋野カニ丸

鍋野カニ丸

遊戯王大好きデュエリスト。キャラクターを意識したデッキ構築が好き。
アニメや漫画をこよなく愛するので、「デッキ構築の参考になるような記事は書けませんけど大丈夫ですか?」とちゃんと確認取ってここにいます。
口癖は「まだウチに《ホルアクティ》届かないんですよ」。
もう10年くらい待ってる気がしますが、きっと気のせい。

このライターの他のコラムを見る

アストラル文字、アナタは知ってますか?

目次

はじめに

はじめまして!もしくは、こんにちは!カニ丸と申します!

遊戯王大好きマンとして、またしても記事を書かせていただけました~!


先日は「BURST OF DESTINY(バースト・オブ・デスティニー)」(7月17日発売)も発売され、『遊戯王の日』や『遊戯王OCGチャレンジデー』なども開催され、盛り上がりを見せているかと思います。

筆者は買った箱からプリズマティックシークレットを引き、友達に自慢したりなどしておりました。



さて、プリズマティックシークレット関連ということで…

今回は最近全てのカードが揃ったことで話題の「No.(ナンバーズ)」について語ってみたいと思います!

そもそも「《No.》(ナンバーズ)」って何?

2011年4月11日からテレビ東京系列にて放送された『遊☆戯☆王ZEXAL』、『遊☆戯☆王ZEXALⅡ』(以下両『ZEXAL』)にて登場したエクシーズモンスターのシリーズ。



アニメは2014年3月23日で大団円のエンディングを迎えました。

で、その作中にて「100枚ある」という設定がありまして、それを集めることがこの作品の最初のテーマでした。

全146話(+外伝1話)なので、100枚すべてがアニメで大活躍できず…長期休みが明けた頃に主人公の遊馬(ゆうま)君が50枚くらい回収していたり、《No.107 銀河眼の時空竜(ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴン)》やその仲間が出てきて【オーバーハンドレッド・ナンバーズ】(101以降のNo.)というカテゴリーが増えたり…お話の進行の都合で活躍が割愛されてしまった《No.》がいたわけです。

しかし、KONAMIさんが頑張ってくださって、アニメの放送が終わってからもコツコツ作中に登場しなかった《No.》がOCGとして登場することになり、その度にユーザーは大いに喜びました


それが最近になって、ついに!

100枚すべてが!

OCGに!!



《No.39 希望皇ホープ》が最初の《No.》として登場(2011年3月のSTARTERDECK 2011(2011年3月19日発売))して以来、揃うのに約9年かかりました。

それを記念してか、『No. COMPLETE FILE -PIECE OF MEMORIES-』(2021年4月28日(第1次)発売)というフルコンプセットまで発売されたのはまだ記憶に新しいですね。

もちろん、筆者は買いました!


重量感!

大きい見た目!

漂う高級感!

かっこいい!!!

最高ですね!!


感動のあまり語彙力がなくなって「最高です!!ありがとうございます!」としか表現できないほど震えました。


デザインについて語り始めると今回の記事が終わってしまうので、また機会があれば褒め称えたいと思います。

ちなみに、それ以前に「コレクションパック 2020」(2020年6月20日)で《No.39 希望皇ホープ》が“アストラル文字”のプリズマティックシークレットレアで収録され、そちらも話題になりました。




《No.39 希望皇ホープ》アストラル文字版プリズマティックシークレット    


“アストラル文字”について



“アストラル文字”ってなんだろう?となる方もいらっしゃるかと思います。

先日『ストラクチャーデッキ-オーバーレイ・ユニバース-』(2021年6月26日発売)にて“アストラル文字”の《No.39 希望皇ホープ》がウルトラレア仕様で再録されましたね。

アニメの作中で登場した独特の文字列であり、「アストラル世界」と呼ばれる場所で主要に使われている言語のようで、人間が手にすると日本語(現地語)に書き変わっていく仕様のようです。(アニメ参照)

しかし、この“アストラル文字”、《ラーの翼神竜》の“ヒエラティックテキスト”とは違って現代人でも…


\ 呼んだ? /


・・・・・・なんと解読ができてしまいます!

“アストラル文字”を一見すると、なんて書いてあるのかさっぱりですが、よく見ると一定の法則がとれた、解読のできる文字列となっております。  

カード名の頭二文字が《No.》と書いてあるのは分かりやすいですね。

(お持ちの方は是非、この記事を読みながらカードを手に取ってみてね!)

その隣にある米印(※←こういう感じの)のようなものが、時計の文字盤のように時計回りに英数字と対応しています。



“アストラル文字”というのは、日本語のカタカナに対応していて、「希望皇ホープ」だと「キボウホオプ」という表記になっているようです。

漢字についてはある程度表記されず、また、長音符(「-」/のばし棒)に関しては「アイウエオ」を利用した表記になるという独特さがあります。

日本語のように、文法や並びによって一部独特の並びになることもあるのですが、概ねこれで解読ができてしまいます!

これで皆さんも「読める…読めるぞぉ!」というアハ体験ができてしまうかも!?



さて、先日『ANIMATIONCHRONICLE (アニメーション クロニクル) 2021』(2021年6月12日発売)にて《No.17 リバイス・ドラゴン》も“アストラル文字”でプリズマティックシークレットレアで収録されました。

フチがシルバーラメホイルのような加工がされるカッコイイ仕様です。

筆者はパックをめちゃくちゃ買ったのですが、残念ながら自分の運命力(うんめいりょく)で引く事叶いませんでした…。  

今度は《No.17 リバイス・ドラゴン》が “アストラル文字”になると聞いて、筆者個人はそりゃもう大はしゃぎだったのですが、Twitterでこういうコメントを見かけました。  


「そんなカードあるんだ?」 「なんでそのカードを“アストラル文字”に?」  


M A J I K A  


『ZEXAL』が放送終了して7年になろうかという事実がここでリアルに感じられました。

もしかして《No.17 リバイス・ドラゴン》知らない…?  

エクシーズモンスターとしてアニメで最初に登場したのがこの《No.17 リバイス・ドラゴン》です。

(『ZEXAL』第1話より)

遊戯王OCGとアニメでは多少の違いはあれど、《No.39 希望皇ホープ》と並べて『史上で最初の《No.》』と呼ぶにふさわしいモンスターだと思います。

むしろ、《No.39 希望皇ホープ》はアニメ第1話にはまだ登場しませんので、そういう意味では当時の視聴者からしたら初めて目に触れたエクシーズモンスターだったことでしょう。  

ですから、《No.17 リバイス・ドラゴン》が“アストラル文字”になったのは、この二枚が最初期のエクシーズであり、《No.》だからです。 『ANIMATIONCHRONICLE (アニメーション クロニクル) 2021』(2021年6月12日発売)というその名に相応しい収録内容ですね!  


ちなみに、『GENERATIONFORCE(ジェネレーション・フォース)』(2011年4月16日発売)はエクシーズモンスターが初めて基本パックに収録された弾なのですが、《No.39 希望皇ホープ》はその約一か月前発売の『STARTER DECK 2011』(2011年3月19日発売)の方に収録された為、このパッケージを飾っているのも《No.17 リバイス・ドラゴン》になります。

当時は水属性モンスターがパッケージを飾ったことはなかったそうで、そういう意味でも先駆者的なカードと言えるでしょう。  


《No.17 リバイス・ドラゴン》をデッキに入れたい


効果はこちらとなっております。


――――――――――――――――――――――――――――――――

(1):X素材が無いこのカードは直接攻撃できない。

(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。

  このカードの攻撃力は500アップする。

――――――――――――――――――――――――――――――――


正直に言いますと、キャラクターデッキ、もしくはこだわりデッキ向けです。  

発売された当初はエクシーズモンスターの数が少なかったのと、ランク3モンスターの種類が乏しかったなどの理由によりデッキに入れている方もそれなりにいらっしゃったかと思います。

未だにランク3の枠組みだとランク4の種類に比べると寂しいので、水属性縛りだとかそういった理由で採用されるケースもあるかもしれません。  

今となってはランク3に《No.71 リバリアン・シャーク》《No.47 ナイトメア・シャーク》《No.30 破滅のアシッド・ゴーレム》、ランク4には《No.101 S・H・Ark Knight》《No.32 海咬龍シャーク・ドレイク》

《No.》以外でも《バハムート・シャーク》《ブラック・レイ・ランサー》、その新規の《ヴァリアント・シャーク・ランサー》など、使用者であった『《神代凌牙》(シャーク)』でキャラクターデッキを組むだけでもバリエーションも増えましたので、デッキの構築の目指すところによっては入らないかもしれませんね。

《虚空海竜リヴァイエール》《発条機雷ゼンマイン》、あとは《水精鱗-アビストリーテ》など、水属性だけで縛るにしても種類が豊富になりましたので、「入れる理由は特に思いつかないけど、かっこいいから!」という理由で使うのも有りではないでしょうか。

キャラクターデッキ構築とは、いかに自分のテンションを上げていくか、というのも大事ですよね。

 

ここまで書いていて思いましたが、【魚族】【水族】【水属性】にとっていかに『《神代凌牙》(シャーク)』が偉大な存在であったかがよくわかります。
サポートカードを充実させようとすると、彼の使ったカードに多く見つかります。

彼と【水精鱗】がいなければ、今ごろ海のお友達たちは不遇な目にあっていたかもしれません。

最後に

《No.》ならびに《No.17 リバイス・ドラゴン》、このカードがプリズマティックシークレットという偉大なポジションになるに至るまでをまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

遊戯王OCGのカードは知ってるけど…という方も多かったのではないでしょうか。

こういったカード1枚1枚の背景や歴史などを知ると、何気ないカードにも愛着がわきますよね。

《No.》は今となっては120枚を超える大きなシリーズともなりましたので、是非1枚でもお気に入りを探してみてくださいね!


君もナンバーズハンターにならないか!?


面白かったらシェアしてね!