盛り沢山のトレカ・イベント情報ならドラゴンスター

総合トップ よくある質問 ご利用ガイド
  • メニュー

    MENU

  • TOP
  • コラム一覧
  • デュエマで今どんなデッキが強いのか解説! オリジナルフォーマットの環境分析&入賞デッキレシピ紹介 Vol.93 | らふぁにぃのデュエマ情報局!

2023.8.15

デュエマで今どんなデッキが強いのか解説! オリジナルフォーマットの環境分析&入賞デッキレシピ紹介 Vol.93 | らふぁにぃのデュエマ情報局!

3612 1
デュエマで今どんなデッキが強いのか解説! オリジナルフォーマットの環境分析&入賞デッキレシピ紹介 Vol.93 | らふぁにぃのデュエマ情報局!

はじめに


こちらのレポートではVDuelCSにおける結果・考察をまとめていきます!

よろしければ少しの間お付き合いください!


この記事は2023/8/7(月)第372回VDuelCS【オリジナル】の環境解説記事です。

本大会は【オリジナル構築戦】という以下のルールで戦うレギュレーションでのイベントとなります。

40枚デッキだけで遊びます。
外部ゾーン(超次元ゾーン、超GRゾーン)は使いません。
*ゲーム開始時から存在するカード(ドキンダム、ドルマゲドン、零龍)は使いません。
殿堂カード(殿堂、プレミアム殿堂、プレミアム殿堂超次元コンビ)の制約は受けます。


目次

今週の注目デッキ


※現環境をご存じの方は【大会結果・母数結果】まで飛ばしていただいて構いません。

※あくまで私個人の見解ですのでご了承ください!


その刃に映るは鬼となるか蛇となるか。


【シータ刃鬼】


組みやすさ★★★★★    

プレイ難度★★★★☆    

構築自由度★★★★☆


『刃に映るは鬼の姿。再び環境へ』


何かと話題のビクトリーBEST。サムライやアウトレイジ等様々なデッキが登場しています。

中でもサムライが一番話題となっていますが、次環境においてサムライ以上に環境に返り咲くのではないかと噂されるデッキが。


そう。「刃鬼」です。

ここにきて再び「刃鬼」の評価が急上昇。


理由としては殿堂解除によってとあるカードが戻ってきたことが考えられます。

まずは殿堂解除前の「刃鬼」のリストをご覧いただきましょう。


↓サンプルリストはこちら↓

シータ刃鬼

4

4

4

4

4

4

4

2

3

3

2

1

1

《「勝利」の頂カイザー「刃鬼」》《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》は仲間を呼び出して

元からスピードアタッカーを持っているクリーチャーか

もしくは《永遠のリュウセイ・カイザー》を同時に出すことで一斉攻撃をリーサルとしていました。


その反面、メタクリーチャーにとことん弱く

《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》《とこしえの超人》などが

今の環境では流行っているため、姿を消していました。


がしかし、ここにきて

ハンタークリーチャーかつ【G・ストライク】を兼ね備え

《流星のガイアッシュ・カイザー》の軽減も入り

メタクリーチャーを一層でき、自軍にSAを付与させることができる

《必然」の頂 リュウセイ / 「オレの勝利だオフコース!」》の登場により【刃鬼】の出力が大きく上昇。


今週はこちらのカードにスポット当てていきたいと思います。


↓注目カードはこちら↓

《「必然」の頂 リュウセイ / 「オレの勝利だオフコース!」》

『勝利できるか? ・・・大丈夫だ。問題ない。』

~クリーチャー面~
種類:クリーチャー
文明:火
コスト:10
種族:レッド・コマンド・ドラゴン/ジャイアント・ハンター/ゼニス

■G・ストライク
■T・ブレイカー
■自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
■各ターンに一度、自分がゲームに負ける時、かわりに自分のハンターを1つ破壊してもよい。

~呪文面~
種類:呪文
文明:火
コスト:6
種族:ジャイアント・スキル

■相手のクリーチャー1体につき、この呪文を唱えるコストを1少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
■パワー4000以下のクリーチャーをすべて破壊する

攻守兼用最強クラスの火文明呪文爆誕。


このカードのメリットを上げてみると・・・?

・クリーチャー面が10コストガチンコジャッジに勝ちやすい。

・Gストライクを持っている。

・10コストなので《流星のガイアッシュ・カイザー》の軽減を受けることができる。

・呪文面も6コストなので《∞龍 ゲンムエンペラー》の影響下でも効果が発動できる。

・選択しない4000以下破壊なので《とこしえの超人》を含むメタクリーチャーを全て破壊できる。

・相手クリーチャーがいればいるほど詠唱コストが下がるおまけつき。


と挙げるだけでもその強さが感じられます。

《絶望神サガ》の殿堂入りによって、メタ対象が定まっていない中

「とりあえずこのメタクリーチャー入れとこう」を全て無にする呪文。

今後の活躍にも期待です。


さらに殿堂施行後には環境を牛耳ったあのカードが再び登場!

果たしてそのカードとは!?


↓殿堂解除した話題のカードとは!?↓

《勝利宣言 鬼丸「覇」》

『勝利できるか? ・・・いや、勝利の宣言をしよう。』

種類:クリーチャー
文明:火
コスト:10
種族:ヒューマノイド/レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター/エイリアン

■スピードアタッカー
■パワーアタッカー+5000
■T・ブレイカー
■このクリーチャーが攻撃する時、相手とガチンコ・ジャッジする。自分が勝ったら、このターンの後に自分のターンを追加する。(ガチンコ・ジャッジ:各プレイヤーは自身の山札の上から1枚目を見せ、それを下に置く。そのカードのコストが相手以上なら、自分の勝ちとする)

もっともEXターンを取った最強のドラゴンが再び環境入り。


2023年8月11日より殿堂解除によって、《勝利宣言 鬼丸「覇」》が4枚搭載できることが発表されました。


その衝撃は様々な界隈を騒がし、かつてデュエルマスターズを引退したユーザーも

思わず復帰するなど《絶望神サガ》の殿堂入りと同様に衝撃を与えました。


なんといっても種族にハンター、さらに10コストによるガイアッシュの軽減。

ガチンコジャッジに勝てばEXターン確定という効果。


今後、刃鬼の活躍がさらに期待されます。




今週は《「必然」の頂 リュウセイ / 「オレの勝利だオフコース!」》をフィーチャーしますが

【刃鬼】以外にもう一つまさかの強化をもらったデッキが入賞していました!


↓まさかのデッキとは・・・?↓


その動きはワンショットのお手本そのもの。


【ハチ公ワンショット】


組みやすさ★★★★☆    

プレイ難度★★☆☆☆    

構築自由度★★☆☆☆


『刃に映るは鬼の姿。え? 犬?』


そう。「刃鬼」いや「刃犬」です。


キーワードはガチンコジャッジ。そう。ガチンコジャッジするのは刃鬼だけではないんです。

となればオフコースの強化を得るのは「必然」です。


でもどうやって「刃鬼」と「ハチ公」を融合するの? ってかどう動くの?

そう気になった方もいらっしゃると思います。


まずはサンプルリストをご覧ください。


↓サンプルリストはこちら↓

シータ刃鬼公ワンショット

4

4

4

4

4

4

1

2

9

1

2

1

え? ハチ公に刃鬼ってどうだすの?


ハチ公はコマンド持ちであることから《轟く革命 レッドギラゾーン》

革命チェンジすることで横に並んだハチ公をアンタップさせ数で攻めるデッキとなっています。

実は種族にとある文字が。


そう。「ハンター」です。


ハンターが横に並ぶということはこちらの刃鬼が活躍してくれます。


↓刃鬼入りハチ公のポテンシャルとは?↓

《「勝利」の頂カイザー「刃鬼」》

『シンパシーとハチ公のデンプシーが光る1枚! 新たな可能性!』

種類:クリーチャー
文明:火
コスト:10
種族:ヒューマノイド/レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター/エイリアン

■シンパシー:ハンター・クリーチャー(自分のハンター・クリーチャー1体につき、このクリーチャーの召喚コストを1少なくする。ただしコストは0以下にはならない)
■ジャストダイバー
■T・ブレイカー
■このクリーチャーが召喚によって出た時または攻撃する時、ハンター・W・メクレイド10する。(ハンター・W・メクレイド10:自分の山札の上から6枚を見る。その中から、コスト10以下のハンターを2枚まで、コストを支払わずに使う。残りを好きな順序で山札の下に置く)
■相手のシールドが5つ以上あれば、このクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。

実際にどう動くの?


基本はブースト→ハチ公で連鎖しワンショット。

この動きは一切変わりません。


さらに《流星のガイアッシュ・カイザー》が搭載されているため

相手が踏み倒しを行うと追加の打点+ドローソースとなります。


また、万が一ハチ公のガチンコジャッジが負けたとしても

上記の《「勝利」の頂カイザー「刃鬼」》が待ち構えており

更なる追加のハチ公やその他ガチンコジャッジに強いハンター達を場に出すことで追加打点を叩き出すことが可能となりました。


今後の環境によっては受け札がG・ストライクに寄った時にハチ公ワンショットは真価を発揮します。

これからの環境が楽しみです!


それでは新環境前のラストは一体どんなデッキが活躍したのでしょうか!

早速見ていきましょう!




それでは大会結果・母数・勝率詳細を見ていきます。


早速見ていきましょう!

大会結果・母数詳細・勝率詳細

【大会結果】

~第372回VDuelCS オリジナル構築戦~

『勝利の女神か鬼か


34名で開催されたVDuelCS。

タイトルの『勝利の女神か鬼か』とは?


今回はサムライが大暴れ!? と思いきやとあるデッキが大活躍!

早速見ていきましょう!


↓大会の様子はこちらから↓






最大母数は【水闇サガ】となりました。

殿堂入り前の最後を飾るにふさわしい環境・母数となりました。




以下が上位者のリストになります。【敬称略】

     

優勝:シータ刃鬼/オチャッピィ



準優勝: アナカラーサガ /闇林檎神


3位:水光ライオネル/nemui


4位:4cテレスコ/爆鏡亭のユッケ



それでは、もう一度今回の母数を確認してみましょう。



【母数詳細】




~特筆点~

【水闇サガ】を使用できる最後のイベント。


【火単】【アポロ】が減少傾向にあります。

続いては今回の母数が多いデッキの勝率を確認してみましょう。



【勝率一覧】




~特筆点~

【シータ刃鬼】の勝率


ここ最近、母数が増加かつ勢いのある【火光サムライ】に対して安定した勝率であることが分かります。

その他の母数に対しても勝率が高く、デッキパワーの高さが伺えます。


以上が【大会結果・母数詳細】になります。


続いてはこれからの【オリジナル】環境について考察していきます。

今後のVDuelCS~オリジナル~環境考察

ここまでお付き合いいただきありがとうございます。

最後に【まとめ】として今後のオリジナル環境を考察していきますので、もう少しだけお付き合いいただけると嬉しいです。

※なるべく初心者の方にも分かりやすくお伝えしていきますが

考察ということで競技イベントによく参加されている方向けにお話しするため

多少専門用語が出てきます。ご了承ください。


今後増加傾向になりそうなデッキタイプをご紹介したいと思います。


次回から新殿堂! 果たしてどのような環境となるのか非常に気になります!

噂されている【刃鬼】or【サムライ】の運命とは!

ドロマー天門 編

1

3

4

4

3

4

4

4

4

4

4

1

~今後活躍しそうな理由~


【火光サムライ】【アナカラーデッキ】に対して有効なゲンムエンペラー。


環境初期によく見られがちな【火単我我我】や【火自然アポロ】に対して

1枚踏めば勝ちが近い《ヘブンズ・ゲート》

呪文ロックだけでは止まらないクリーチャーverの《水雲の聖沌 5u170n》

それだけでなくブロッカーかつドローソースになる新規カード

《「合体」の頂 アクア・TITAAANS / 「必殺!ジェット・カスケード・アタック!!」》


これらが受け札となっており、《邪招待》も採用されているため

受け札が既存のドロマー天門と比べて遥かに堅いデッキとなりました。


それだけでなくロック性能も増加しているため今後おススメのデッキとなります。


チャージャー呪文も採用されているため

踏み倒しメタがないと最速4ターン目にゲンムエンペラーが着地することも可能となりました。

【最後に】

いかがでしたでしょうか?


サガ環境がいよいよ終幕!

来たるは色んなデッキが活躍できる環境!!


果たして今後のオリジナル環境は

どのようなメタゲームが展開されるのか

また新たなループデッキが頭角を現すのか。

非常に楽しみです!


もしよければ感想を #VDCS のハッシュタグでツイートしていただければ幸いです。


もしこのコラムがよかったと感じていただけたら、いいねやSNS等で拡散をよろしくお願いいたします!

今後も【VDuelCS~協賛:ドラゴンスター~】何卒宜しくお願い致します。


以上、らふぁにぃでした!

面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

このコラムのライター

らふぁにぃ

らふぁにぃ