盛り沢山のトレカ・イベント情報ならドラゴンスター

総合トップ よくある質問 ご利用ガイド
  • メニュー

    MENU

  • TOP
  • コラム一覧
  • 環境メタマシマシ! ウッウ+ヤミラミ+メタモン | 週刊きむらのポケ講

2023.3.21

環境メタマシマシ! ウッウ+ヤミラミ+メタモン | 週刊きむらのポケ講

2700 2
環境メタマシマシ! ウッウ+ヤミラミ+メタモン | 週刊きむらのポケ講

環境メタマシマシ!ウッウ+ヤミラミ+メタモン | 週刊きむらのポケ講

目次

はじめに

こんにちは
きむらです。

CL当たった! 運ヨシ!

今の環境が好きなので勝っておきたいです!


現環境めちゃくちゃ面白いです!
新しいプランが見つかって相性が変化することが何回か起きてます。

こういう環境が続いて欲しいですね~


デッキを悩みすぎて困るぐらいが面白い!

デッキリスト

今回は「《ウッウ》+《ヤミラミ》+《メタモン》」デッキを紹介します。


先月のやつ も《ウッウ》+《ヤミラミ》やん!

だって強いもん! 今回だけ! 今回だけ許してください!

デッキコード:XyMyy2-e6Rvwe-XpMS2p

4

2

2

1

1

1

1

1

1

1

1

1

3

4

4

3

4

2

2

1

4

2

1

2

3

4

1

3

きむら
   シティリーグ4位(《ジェットエネルギー》前の型)
 「目指せ!ドラスタチャンピオン」2位
友人A
 シティリーグ優勝(《ジェットエネルギー》前の型)
友人B
 シティリーグ2位


《ジェットエネルギー》収録前も合わせていますが、良い感じに勝てています。

デッキ説明

《キュワワー》《アクロマの実験》でロストゾーンにカードを送り
《ウッウ》「おとぼけスピット」
《ヤミラミ》「ロストマイン」
《ミラージュゲート》《かがやくゲッコウガ》「げっこうしゅりけん」

強力な非V,exポケモンで戦っていくデッキです。


たねポケモンばかりのデッキで安定感が高かったところに
《ジェットエネルギー》《ボウルタウン》が登場したので更に安定しやすくなりました。


じゃんけんに勝った場合は後攻を選択します。

《ウッウ》+《ヤミラミ》
  →《クレッフィ》+《カビゴン》
《ルギアVSTAR》
  →《イベルタル》+《メタモン》
《ミライドンex》
  →《ガラルサンダーV》
《ミュウVMAX》
  →《ドラピオンV》
・2面《クレッフィ》
  →《ギラティナV》


環境デッキへの対策カードを複数採用しています。


「どのデッキにどのように使うのか」を理解しておくことが重要です。

デッキの長所・短所

長所

動きが安定しやすい

《キュワワー》《かがやくゲッコウガ》でドローできる枚数が多い
・たねポケモンで構成されている

という理由から安定しやすかったところに《ジェットエネルギー》が登場しました。


これまでのように《ポケモンいれかえ》《あなぬけのヒモ》で入れ替えて「はなえらび」を使わなくても

《ジェットエネルギー》を採用することで、入れ替えにも逃げエネにも使用できることから

この1枚で役割を完結させることができ、カード選択の幅が広がります。


さらに逃げエネを《ジェットエネルギー》に任せられるので
これまでは逃げエネに使われていた基本エネルギーを「かくしふだ」に使うこともできます。


安定してたデッキが《ジェットエネルギー》でさらに安定感アップ!
「事故って全然動けず負け~」がかなり少ないデッキです。

1ターンの遅れを許容できる

今のポケモンカードは
「1ターン遅れてしまった」と「相手の動きが理想的」
この2つが重なるとほとんどの場合で負けてしまいます。

このデッキは相手デッキに合わせた対策カードで勝ちにいくので
「1ターン遅れてしまった」を許容できる相手が多いです。

短所

イージーウィンがない

《ミュウVMAX》
 →「《ジャッジマン》《頂への雪道》で相手が止まってそのまま勝ち」
《ルギアVSTAR》
 →「相手が1ターン遅れたので押し切って勝ち」
といった楽に勝てる試合がありません。


弱点をつかないとVポケモンを一撃で倒せないので
相手が止まっている状況でも何ターンか猶予を与えてしまいます。

対策できていないデッキが苦手

相手の弱点や隙をつく対策カードで勝つデッキなので、対策できていないデッキが苦手です。

《アルセウスVSTAR》+《ギラティナVSTAR》
《アルセウスVSTAR》+《ジュラルドンVMAX》
といったデッキとの試合では
《カビゴン》《ミラージュゲート》も足りーん」となって負けがちです。

《ロストシティ》まであるとめちゃくちゃやばい!

環境デッキへのプランと注意点

ここでは環境デッキと呼ばれるデッキとの対戦でのプラン、注意点を書きたいと思います。


《ウッウ》+《ヤミラミ》+《かがやくゲッコウガ》

《ウッウ》+《ヤミラミ》+《かがやくリザードン》

《ルギアVSTAR》

《ギラティナVSTAR》

《ミュウVMAX》

《サーナイトex》

《サーナイトex》+《ミュウツーVUNION》

《ミライドンex》


以上のデッキについて書いていきます。

少し有利

《クレッフィ》+《カビゴン》ヨォォォシッ!


後攻有利ですが、先攻を取らされた場合でも《クレッフィ》+《カビゴン》があります。


《あなぬけのヒモ》は3枚採用が多いので引かれない試合が多く

引かれた場合でも《カビゴン》で「おとぼけスピット」を受ければ1手損させることができます。

相手が《アクロマの実験》《あなぬけのヒモ》も引いていない場合
先攻2ターン目「おとぼけスピット」で《クレッフィ》ロックを解除してしまうよりも
ロストを増やして「ロストマイン」にたどり着いてから解除するべきです。


《クレッフィ》《カビゴン》を出すと場が狭くなるので
《かがやくゲッコウガ》《キュワワー》2体目のどちらかは出さないようにします。


相手に盤面ロックを狙われることも考えると
《キュワワー》《クレッフィ》《カビゴン》
《ウッウ》《マナフィ》
この5体の場が理想です。




後攻の場合は《クレッフィ》を使わずに勝ちにいきます。


《いれかえカート》を大事にする
・相手が《ヤミラミ》無しの6体場を作った場合はポケモンを倒さない

・後攻2「ロストマイン」を狙う時は《かがやくゲッコウガ》を出さない
・先攻3《やまびこホーン》《ヤミラミ》無しの場にされないように後攻2で《ヤミラミ》を出しておく


この辺りを気にしながら練習して細かいプレイングを覚えましょう!

少し有利

《かがやくゲッコウガ》の分有利! と言いたいですが
《ルチャブル》がいるのでやっぱり後攻有利です。

というわけで《クレッフィ》+《カビゴン》
《あなぬけのヒモ》4枚採用が多いですが、それでも4割の試合は引かれません。

不利な後攻が4割でひっくり返る! 嬉しいね!


《ミラージュゲート》から《マフォクシーV》が動く構築もあるので
余裕のある試合では《マナフィ》をベンチに出してケアしましょう。

少し有利

《アーケオス》2体を「げっこうしゅりけん」+「ロストマイン」で倒した後に
《イベルタル》《メタモン》の「はかいのさけび」でエネルギーを破壊し
《ヤミラミ》「ロストマイン」でサイドを取り切ります。


《かがやくアマージョ》で回復されると「げっこうしゅりけん」+「ロストマイン」で倒しきれないので
「げっこうしゅりけん」+「ロストマイン」+「ロストマイン」又は
「げっこうしゅりけん」+《クララ》「げっこうしゅりけん」で倒します。


《ミラージュゲート》《あなぬけのヒモ》《ツツジ》《エネルギーリサイクル》
これらカードを他の試合よりも大事にしましょう!

互角

後攻有利です!


しかも《クレッフィ》があまり効かない+裏目あり!

《ボスの指令》が2枚採用されているので
《クレッフィ》《ボスの指令》《マナフィ》が止まってげっこうしゅりけん」
が狙われてしまいます。


引き直しやスタートしたポケモンで《ギラティナVSTAR》と分かれば
《クレッフィ》を出さず《カビゴン》バトル場が有効です。


いれかえ札やたねポケモンサーチはこちらの方が多いですが
《ツツジ》《ギラティナVSTAR》側の方が多いです。

《ギラティナV》を絡めたプランも考えてトータル互角!

少し有利

基本は 先月の記事 と同じ
後攻1 《ドラピオンV》「ダイナミックテール」
後攻2 「げっこうしゅりけん」
後攻3 「ロストマイン」
後攻4 「ロストマイン」
後攻5 「ロストマイン」
プランです。


《やまびこホーン》《ドラピオンV》をおかわりされないように
ベンチを埋めるようにプレイしましょう。


先攻1で《頂への雪道》を貼られて後攻1《ドラピオンV》にいけない場合は

後攻1 「おとぼけスピット」(できなくてもいい)
後攻2 《あなぬけのヒモ》《カビゴン》「どっすんグースカ」
後攻3 「げっこうしゅりけん」
後攻4 「ロストマイン」
後攻5 「ロストマイン」
後攻6 「ロストマイン」
というプランに切り替えます。


先攻2ターン目で《ミュウVMAX》を2体進化された場合は


後攻1 「おとぼけスピット」(できなくてもいい)
後攻2 「げっこうしゅりけん」orスタジアム貼り替え「ダイナミックテール」
後攻3 ↑でやらなかった方
後攻4 「ロストマイン」
後攻5 「ロストマイン」
という《いれかえカート》2枚を許容できないプランになります。


《ジェットエネルギー》《ジャッジマン》耐性が上がっているので
以前よりやりやすくなっています。


たまーに「はかいのさけび」2回でエネルギーを割り切れる試合があります。
頭の片隅に置いておきましょう。

有利

動き出しが遅いデッキなので「ミラージュステップ」から入られた場合はサイドを2枚リードできます。

そこからは《マナフィ》《クレセリア》を倒して1枚ずつサイドを取っていきましょう。


《クレセリア》がいるのでダメカンは集中しておくべきです。
最後に《ドラピオンV》《サーナイトex》を倒すことを考えながら
1枚ずつサイドを取っていけば問題なく勝ちます。

少し不利

《ギラティナV》があるので時間稼ぎ《クレッフィ》に耐性があります。

少しでも早くロストを貯めて「げっこうしゅりけん」や「ロストマイン」で《キルリア》を倒すゲームです。

相手のプランは
サイド2枚を《ザシアン》《サーナイト》で取る
 →《ミュウツーV-UNION》「サイコプロ―ジョン」で2枚取りながら《ツツジ》
  →もう一度「サイコプロ―ジョン」で2枚
です。

・相手が場を埋めたらポケモンを倒さないように「ロストマイン」をしてまとめて倒す
・ベンチに《ドラピオンV》を出して手貼りしておく
 →《ボスの指令》から倒された場合は手札が流されていないので《クララ》《ミラージュゲート》2枚
といったプレイを意識しておきましょう。

有利

先攻1

 2面《クレッフィ》
後攻1

 《ギラティナV》「アビスシーク」


先攻2

 「ダイライデン」 残りサイド4枚
後攻2

 「げっこうしゅりけん」《クレッフィ》2面 残りサイド4枚


先攻3

 「スイッチボルト」 残りサイド3枚
後攻3

 《ガラルサンダーV》「らいめいげり」 残りサイド2枚


先攻4

 「ダイライデン」 残りサイド1枚
後攻4

 《クララ》「らいめいげり」 残りサイド0枚


というプランです。


後攻2「らいめいげり」後攻3「げっこうしゅりけん」でも大丈夫です。

《レントラーV》「スナイプファング」では《ガラルサンダーV》を倒せないので、あまり勝負に関わってきません。

有利不利まとめ

《ウッウ》+《ヤミラミ》+《かがやくゲッコウガ》」 少し有利

《ウッウ》+《ヤミラミ》+《かがやくリザードン》」 少し有利

《ルギアVSTAR》」 少し有利

《ギラティナVSTAR》」 互角

《ミュウVMAX》」 少し有利

《サーナイトex》」 有利

《サーナイトex》+《ミュウツーVUNION》」 少し不利

《ミライドンex》」 有利


強い! 有利ばっかり!

でもここに書いてないデッキは苦手がぼちぼちあります!

《アルセウスVSTAR》+《ジュラルドンVMAX》《ヒスイヌメルゴンVSTAR》は勝てる気がしません。


大会で当たるのはだいたい上に書いてるデッキなのでセーフ!

不採用になったカード

《キバナ》

《ジェットエネルギー》との相性が良く、対《ルギアVSTAR》での5枚目の《ミラージュゲート》にもなれる。
《ヒスイのヘビーボール》と好きな方を採用してください。
《ミルタンク》

《クレッフィ》対策カード。

《ジェットエネルギー》でエネルギー採用枚数が増えたので使いやすくなった。
対《サーナイトex》でロストを進めたいと考えたので《ギラティナV》を優先した。

終わりに

ここまで読んで頂きありがとうございました。


だいぶ前からロストがお気に入りです。

じゃんけんにこだわらないのと分岐が多いのが良いですね!
特に《かがやくゲッコウガ》型は環境に応じた対策カードを入れやすいのが素敵です。


でも《ギラティナVSTAR》も良い!
苦手なデッキが全然ないのが最高です。
《ウッウ》+《ヤミラミ》もそこまで苦手じゃないのがわかって評価が上がっています。


CLなに使いましょ~難しい~


来週はCL考察! 前回と変化が少ないのでいつもと違う感じで考えようと思ってます! 3月28日(火)更新!

面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

このコラムのライター

きむら

きむら