トレカ専門店 ドラゴンスター公式サイト&通販サイト

よくある質問 ご利用ガイド

2022/11/22(火) 19:00

【デッキ紹介】ルギアをマヒで縛り続けろ!! フリーザー+インテレオン | 週刊きむらのポケ講

ルギアをマヒで縛り続けろ!! フリーザー+インテレオン | 週刊きむらのポケ講
ポケモンカード いいね数いいね!  2 閲覧数閲覧数  463
きむら

きむら

大阪でポケモンカードを2016年から楽しんでいます。
皆さんに楽しんで頂ける記事を書けるよう頑張ります!
アイコンはうろ覚えで書いたツタージャです。

このライターの他のコラムを見る

ルギアをマヒで縛り続けろ!! フリーザー+インテレオン | 週刊きむらのポケ講

目次

はじめに

こんにちは
きむらです。

少し前にルカリオHR争奪戦で優勝することができました! 嬉しい!
それはさておきポケモン新作の「スカーレット」「バイオレット」が発売しましたね!!!
みなさん遊んでいますか? 僕はめちゃくちゃ遊んでいます。

早期購入者特典カード「ピカチュウ」の枠が現在の枠と変わっていました!
カードももうじき新しい環境になるんだなぁとわくわくします。

デッキリスト

2

4

3

1

2

1

1

1

2

1

3

2

3

1

1

4

2

1

3

1

1

1

1

4

3

1

1

6

1

2

デッキの使い方

「ワイルドフリーズ」で相手ポケモンをマヒにしながら「クイックシューター」でダメージを調整し
「クイックシューター」できぜつさせ、新しく出てきたポケモンを「ワイルドフリーズ」でマヒに

この流れを繰り返して相手を縛り続け、一方的にサイドを取るデッキです。


入れ替え手段0~1枚採用が多い《ルギアVSTAR》デッキに対して特に有効で
サイドを3~4枚リードされた状態からでも逆転が狙えます。

先攻2ターン目でやりたいことがないので、じゃんけんに勝った場合は後攻を取るデッキです。

《ルギアVSTAR》
「ワイルドフリーズ」3回+「クイックシューター」4回=290
具体例
 後攻2ターン目「ワイルドフリーズ」
 後攻3ターン目「クイックシューター」《回収ネット》「クイックシューター」「ワイルドフリーズ」
 後攻4ターン目「クイックシューター」「ワイルドフリーズ」
 後攻5ターン目「クイックシューター」←ここで《ルギアVSTAR》きぜつ。次に出てきたポケモンを「ワイルドフリーズ」でマヒに

《イベルタル》《ライコウ》
「ワイルドフリーズ」1回+「クイックシューター」2回=110

《アーケオス》
「ワイルドフリーズ」2回+「クイックシューター」1回=160

《かがやくリザードン》
「ワイルドフリーズ」1回+「クイックシューター」1~2回=160,180
《ヒート炎エネルギー》によって変動)


「ワイルドフリーズ」を耐えられないHP70以下のポケモンは縛れませんが
それ以外ではほとんどのポケモンを縛ることができます。




《フュージョンエネルギー》で「クイックシューター」が効かない《ミュウVMAX》
《ウォッシュ水エネルギー》を採用した《キュレムVMAX》
《回収ネット》《あなぬけのヒモ》等入れ替え手段が豊富な「ロストボックス」


このような「ワイルドフリーズ」「クイックシューター」が決まらないデッキには

デッキの長所・短所

長所

《ルギアVSTAR》《ミュウVMAX》に余裕をもって勝てる

《ルギアVSTAR》には「ワイルドフリーズ」「クイックシューター」
《ミュウVMAX》には《ドラピオンV》2体
どちらも非常に有効で、1~2ターン遅れてしまっても勝つことが多いです。

最近では《ルギアVSTAR》《とりつかい》《チェレンの気くばり》の採用が増えていますが
それでも有利を保てています。


《ルギアVSTAR》《ミュウVMAX》だけで40~50%の使用率があるので
そこに余裕をもって勝てることは大きな強みです。

動きがかなり安定している

《インテレオン》「うらこうさく」軸
《オリジンパルキアVSTAR》+《インテレオン》のように1ターン目にアタッカーを出す必要がない
《回収ネット》4枚《カイ》4枚採用で後攻1「どんどんよぶ」が狙いやすい
・相手デッキによっては要求カードの少ない勝ち方がある


これらの理由から動きがかなり安定しています。

《ミュウVMAX》《レジギガス》《ドラピオンV》《コオリッポ》だけで勝ちが狙え
《ルギアVSTAR》はマヒで止めているターンで準備ができます。

なんか上手い人に見える

《フリーザー》《インテレオン》のダメージ調整
《コオリッポ》+《ビッグパラソル》《ふつうのつりざお》《やまびこホーン》《あなぬけのヒモ》ケア
《ミルタンク》で相手の行動を制限

環境のデッキと動きがかなり違うので、ポケモンカードが上手い人に見えます(※感じ方には個人差があります)
プレイ速度が遅くなるとその印象が薄れることから、テンポ良くプレイしていきましょう。

短所

勝てない相手にめちゃくちゃ勝てない

苦手なデッキにとことん勝てません。

他のデッキならば「苦手デッキだったが相手の動きが鈍かったので勝てた」ということがありますが
このデッキは「サイドを取られるまで《かがやくリザードン》が動かない」「《フリーザー》のダメージが低い」という問題があり
相手が止まっている間に倒すことができません。


《ルギアVSTAR》を意識した「《ガラルマタドガス》+なにか」
入れ替え札が多い+進化アタッカーがいる「《ギラティナVSTAR》」といったデッキには勝てる気がしません。

時間がかかる

非Vポケモン+《インテレオン》というだけでも時間がかかるデッキですが
このデッキは《フリーザー》のダメージが低く、さらに時間がかかります。


よくある後攻2ターン目でも


バトル場《メッソン》《ジメレオン》進化《クイックボール》
《クイックボール》《フリーザー》を手札に加えてベンチに


ベンチ《メッソン》《ジメレオン》進化《回収ネット》
《回収ネット》をバトル場《ジメレオン》

ベンチ《メッソン》《ジメレオン》に進化


《キバナ》を手札に加えて《フリーザー》に使用《しんかのおこう》を手札に
《フリーザー》《基本水エネルギー》を貼って「ワイルドフリーズ」

山札を触る回数と使用するカードが非常に多いです。


3ターン目からはここに「クイックシューター」も加わってさらに複雑になるので
テンポ良くプレイしていかないと時間切れが発生してしまいます。

環境デッキへのプランと注意点

ここでは環境デッキと呼ばれるデッキとの対戦でのプラン、注意点を書きたいと思います。

《ルギアVSTAR》+《アーケオス》
「ロストボックス」
《ミュウVMAX》
《ギラティナVSTAR》
《アルセウスVSTAR》+《ジュラルドンVMAX》
《レジギガス》バレット」
《ゾロアーク》バレット」

以上のデッキについて書いていきます。

有利~とても有利

《チェレンの気くばり》採用型は有利、《とりつかい》又はどちらも採用されていない型にはとても有利です。

《チェレンの気くばり》《とりつかい》以外で「ワイルドフリーズ」ループを回避する手段は
1.《マナフィ》《バケッチャ》で「ワイルドフリーズ」を受けてきぜつする
2.《ルギアV》で「ワイルドフリーズ」を受けた後に進化してマヒを解除
3.《ウォッシュ水エネルギー》《ネオラントV》で「ワイルドフリーズ」を受ける
このいずれかです。

1つ目は《あなぬけのヒモ》or《ボスの指令》で対応可能で
2,3つ目は《キバナ》《ツインエネルギー》《かがやくリザードン》でサイドを2枚取り
その《かがやくリザードン》が倒されたあとに「ワイルドフリーズ」ループに戻れます。

よくある試合の流れは
先攻:《ルギアVSTAR》
先攻1

 《ルギアV》バトル場終了
後攻1

 「どんどんよぶ」終了

先攻2

 「ストームダイブ」 残りサイド5
後攻2

 《キバナ》「ワイルドフリーズ」 

先攻3

 《ネオラントV》《チェレンの気くばり》「アクアリターン」
 バトル場《マナフィ》ベンチに《ルギアV》 残りサイド4
後攻3

 ベンチ《ジメレオン》《インテレオン》に進化
 「うらこうさく」で《あなぬけのヒモ》《回収ネット》
 《あなぬけのヒモ》使用、こちらは《インテレオン》をバトル場へ


 相手が《アーケオス》をバトル場に出していたら《クイックボール》《フリーザー》を手札に
 《ルギアVSTAR》を出していたら同じく《クイックボール》《かがやくリザードン》を手札に


 手札に加えたポケモンをベンチに出して、バトル場の《インテレオン》《回収ネット》

 ベンチに出したポケモン(《フリーザー》or《かがやくリザードン》)をバトル場へ


 ベンチ《メッソン》《ジメレオン》に進化

 《キバナ》を手札に加えて使用し、バトル場のポケモンに基本エネルギーをつける

 《かがやくリザードン》なら《ツインエネルギー》を手札に加えて、つける
 《フリーザー》なら《たっぷりバケツ》又は次のターンに欲しいカードを手札に加える




《チェレンの気くばり》は0~1枚採用がほとんどなのでここからは「ワイルドフリーズ」ループに合流できます。


バトル場の《ジメレオン》進化ではなく、ベンチの《ジメレオン》を進化することで
相手がバトル場に出すポケモンを見てからこちらのアタッカーを決めることができます。

《チェレンの気くばり》が流行る少し前からPTCGOで練習しているデータですが
《ルギアVSTAR》と12~15戦程対戦して1回負けたかどうかです。
(※忘れっぽいので「1回負けたけど忘れてる」みたいな可能性があります)

ロストボックス

不利

《かがやくリザードン》《クロススイッチャー》
《ライコウ》《ザマゼンタ》
《カイオーガ》
この3つの型がありますが、いずれもこちらの勝ち方は同じです。

《ビッグパラソル》付き3エネ《コオリッポ》
・ベンチポケモンなし
・トラッシュにたねポケモンなし
この3つの条件を満たしつつ相手が《ロストスイーパー》を採用していなければ勝ちです。


こちらもだいたい同じパターンの試合が多いです。
先攻:ロストボックス
先攻1

 はなえらびと色々
後攻1

 「どんどんよぶ」

先攻2

 「おとぼけスピット」
後攻2

 バトル場《メッソン》《ジメレオン》だとなお良い)
 ベンチ《ジメレオン》2体

先攻3

 「おとぼけスピット」or「ロストマイン」
後攻3

 《インテレオン》進化《回収ネット》《インテレオン》進化
 サーチしたカードで《ビッグパラソル》《コオリッポ》3エネ
 ベンチポケモンなしトラッシュたねポケモンなしを狙う

後攻3ターン目までに
《回収ネット》2枚《キバナ》《ビッグパラソル》
《ふつうのつりざお》《コオリッポ》《ツインエネルギー》を揃えて一気に出すゲームです。

このゲームで重要なのが「相手に《コオリッポ》の気配をなるべく感じさせない」ことです。
《コオリッポ》を意識されると
《コオリッポ》を使われたくない」
 →「《キバナ》を使わせないために相手ポケモンを気絶させない」
  →「ロストマインで倒さないようにダメカンを撒く」

というプレイをされかねません。


止まりながらプレイすると相手に考える時間を与えてしまうので
ターンの始めにまとめて考えたあとはプレイを急ぎ、「手札が悪く最低限の動きを選んだ」感じを演出しましょう。
エネルギーが余りそうならベンチの《ジメレオン》に貼ると「アクアバレット」狙いを演出できます。

練習では13戦6勝? ですが、相手のミスで勝っている試合もあるので実際は2割5分~3割5分くらいの感覚です。
(?マークがついてるのは記録してる部分と記録していない部分が混ざっているからです。)

とても有利

《ミュウVMAX》2体を《ドラピオンV》2体で倒す
《メロエッタ》《ミルタンク》《ミュウVMAX》《ドラピオンV》


《ミュウVMAX》2体目を《ドラピオンV》2体目か《あなぬけのヒモ》《かがやくリザードン》《ミュウV》《ゲノセクトV》を倒す
どちらかのパターンでサイド取りきりです。

《フュージョンエネルギー》型でも《頂への雪道》が1枚採用されていることが多いので《ロストスイーパー》は温存しておきましょう。
こちらも《コオリッポ》のように《ドラピオンV》の気配(特に2体目)を感じさせないことが大事です。
相手が《ロストシティ》を貼ったら少し辛い顔をしておきましょう。


練習では10勝1敗? で1敗のところもミスをしなければ山札切れで勝てる試合でした。
《ドラピオンV》2体めっちゃ楽しい!!

とても不利

順番にバトル場のポケモンを倒されていくだけでアタッカーが追い付かなくなります。
相手の動きが悪い場合でもリードするのが難しく《ツツジ》で逆転される可能性もあります。

勝てる気がしねぇ~~~~~どれだけ考えても勝てるプランが見えてきません。
練習でも5戦全敗しています。

少し不利

入れ替え札が1~2枚と少ないので《フリーザー》「ワイルドフリーズ」は有効ですが
《ビッグパラソル》が1~2枚採用で《すごいきずぐすり》の回復もあります。

《すごいきずぐすり》で回復されてからでもダメージ調整ができるので使われるまではあまり考えなくて大丈夫です。
忘れがちですが「まてんろう」があるので《かがやくリザードン》《ツインエネルギー》をつけないように!

《レジギガス》バレット

とても有利

《コオリッポ》でヨシ!!


《コオリッポ》3エネを作りながらベンチポケモンを全て《回収ネット》すれば勝ちです。


《あなぬけのヒモ》《レジエレキ》「ターゲットボルト」を狙われる可能性もありますが、倒されてからもう1度作るのも容易です。
さすがに負ける事ナシ! ヨシ!

《ゾロアーク》バレット

少し不利

《アップリュー》《チラチーノ》《フリーザー》で縛る事ができますが
《バサギリ》は縛ることが難しいHP140、《テールナー》は弱点で倒してしまいます。

ベンチポケモンを4体以下+場の特性持ち3体以下で《インテレオン》「アクアバレット」をアタッカーにすれば
《バサギリ》「けちらす」と《アップリュー》「きょうさんねんえき」を耐え
《テールナー》「フレアパレード」でないと倒されません。

《ヤドラン》「たそがれのひらめき」を通されると負けなので

残りサイド2枚は「クイックシューター」で1枚、その後に出てきたポケモンを倒して1枚と取れるように調整しましょう。

お互いに嫌な動きがありますがバトル場を「クイックシューター」で倒した後に
無傷の《ゾロアーク》が出てくるのが非常にまずいです。
マヒになってから「げんえいへんげ」をされるとマヒが解除されてしまいます。

《ゾロアーク》を使ったマヒ対策を気づかれない事を祈りながら戦いましょう。
時間与えるほど気づかれる可能性が高くなるので早めにプレイする方が良いと思います。

有利不利まとめ

《ルギアVSTAR》+《アーケオス》」 有利~とても有利
「ロストボックス」 不利
《ミュウVMAX》」 とても有利
《ギラティナVSTAR》」 とても不利
《アルセウスVSTAR》+《ジュラルドンVMAX》」 少し不利
《レジギガス》バレット」 とても有利
《ゾロアーク》バレット」 少し不利

有利なデッキにはとても有利ですが、大きく不利なデッキもあります。
使用率が低いので書きませんでしたが《キュレムVMAX》《ヒスイゾロアークVSTAR》も有利です。

「とても有利多くて少し不利とかやしこのデッキええやん!」となりますが!
《ルギアVSTAR》等の環境デッキと大きく違うところがあります!!
それがこの2つ!!!


「相手の動きが鈍くても不利なデッキだと勝てない」
「よくわからないデッキが相手だと負ける」

こ~~~れがまた難しい!! う~~~~~~~む

各カードの採用理由

ポケモン
《フリーザー》 2枚

バトル場で戦う1体、ベンチで育てる1体の合計2体いれば良く
《ヒスイのヘビーボール》もあるので2枚採用。
《インテレオン》 1枚

《ルギアVSTAR》対面では「クイックシューター」になり
他のデッキ相手だと《コオリッポ》《ドラピオンV》で勝つことが多い。

これらの理由から優先度を下げて1枚採用。
《かがやくリザードン》 1枚

使わない試合も多いが《フリーザー》対策の進化前Vポケモンバトル場に対抗できる。

《かがやくリザードン》《クララ》でサイドを4枚取れる場合もあり、枠対効果が非常に良い。
《ミルタンク》 1枚

《フリーザー》のダメージが低く
《かがやくリザードン》は動き出しが遅い

そんな足りない部分を埋めつつ、対策をしていないデッキを詰ませることができる1枚採用。
《ドラピオンV》 2枚

長い間自分が《ミュウVMAX》を使っていたので、完璧なプレイをされるなら2枚目が無いと勝てないと判断しての2枚採用。

デッキの特性上《ドラピオンV》スタートがそれほど苦にならない。
グッズ
《ふつうのつりざお》 1枚

「ロストボックス」の《やまびこホーン》《あなぬけのヒモ》「ロストマイン」対策で採用。

《かがやくリザードン》を使いまわすこともできて偉い!
《ビッグパラソル》 1枚

《コオリッポ》だけだと「ロストマイン」が通ってしまうのでその対策で採用。

《ロストスイーパー》の採用は少ないと考えているが少しずつ増えてきている気がする…
《あなぬけのヒモ》 1枚

《ルギアVSTAR》に先攻2《ネオラントV》《チェレンの気くばり》「アクアリターン」《マナフィ》バトル場をされた返しのターンで必要になるので採用。

《ドラピオンV》スタートの後攻1ターン目でも使える。
サポート
《キバナ》 3枚

「3枚欲しい時もあるけど2枚でなんとか…」と2枚採用だったが
《ルギアVSTAR》《チェレンの気くばり》を使われた場合
後攻2,3,4ターン目で合計3枚必要になるので3枚採用。
エネルギー
《基本炎エネルギー》 1枚

《コオリッポ》で詰み、《ドラピオンV》《フリーザー》ループと
まともに戦うことが少ないので1枚採用。

2枚ある方がもちろん良い!

不採用になったカード

《かがやくゲッコウガ》

デッキ作成当初は《かがやくリザードン》ではなくこちらを採用していたが
「エネルギーそんな余らんよなぁ」と感じていたところに《かがやくリザードン》が出てきたので押し出されて不採用。
《ふしぎなアメ》

2ターン目《インテレオン》「アクアバレット」をアタッカーにするために採用していたが
《ミルタンク》でカバーできる場合がある。
2ターン目「アクアバレット」が必要な相手はそもそも厳しい。
と考えて不採用。

もちろんあればある方が良い。
《ウォッシュ水エネルギー》 

《コオリッポ》を後攻1ターン目から作り、先攻3ターン目の「ロストマイン」から守るために採用していたが《シンオウ神殿》の採用が余りに多く、後攻3ターン目にいきなり作るプランに変更したので不採用。

終わりに

ここまで読んで頂きありがとうございました。

今回のデッキは《フリーザー》+《インテレオン》+《かがやくゲッコウガ》で作ったものの
「いくつか欠点あるよなぁ」と諦めていたところに《かがやくリザードン》採用した構築の話を聞いて復活したデッキです。


《かがやくリザードン》良いですねぇ~
普通に戦うプランやバトル場進化前Vポケモン対策を少ない枠でできてすごく偉い!!

教えてくれた人と意見交換をすると別々に作っていたのに採用枚数がめちゃくちゃ似てて面白かったです。
いつも1人でデッキを作っているので新鮮で楽しかった!!

来週はVSTARユニバース!! 12月1日(木)更新!!

面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

DORASUTA COLUMN コラム