トレカ専門店 ドラゴンスター公式サイト&通販サイト

よくある質問 ご利用ガイド

2022/10/25(火) 21:00

【デッキ紹介】高耐久! 高火力! 確定きぜつ! ルギアVSTAR+アーケオス | 週刊きむらのポケ講

高耐久! 高火力! 確定きぜつ! ルギアVSTAR+アーケオス | 週刊きむらのポケ講
ポケモンカード いいね数いいね!  5 閲覧数閲覧数  3,426
きむら

きむら

大阪でポケモンカードを2016年から楽しんでいます。
皆さんに楽しんで頂ける記事を書けるよう頑張ります!
アイコンはうろ覚えで書いたツタージャです。

このライターの他のコラムを見る

高耐久! 高火力! 確定きぜつ! ルギアVSTAR+アーケオス | 週刊きむらのポケ講

目次

はじめに

こんにちは
きむらです。

《ルギアVSTAR》やーばいですね!!
「エネルギー引きすぎてなんもできん」
「2ターン目に《アーケオス》2体落とせん」
みたいなことも起きますが、良い動きができれば無敵感がすごいです。


相手が《ルギアVSTAR》で先攻1ターン目に《アーケオス》2体落とされたら「あ、負けたな…」みたいな気持ちになります。

あと《ミュウVMAX》もめちゃくちゃですね!
先攻2《頂への雪道》《マリィ》はあかん!!!

対策したデッキを作っても《マリィ》で止まって負け~! みたいなことが起きます。
《ドラピオンV》だけで勝てる時代は終わってしまった…

デッキリスト

4

3

4

1

1

1

1

1

1

1

4

2

4

3

3

3

3

1

2

1

4

4

2

2

2

1

1

デッキの使い方

《ルギアVSTAR》の特性「アッセンブルスター」で《アーケオス》2体をベンチに出し
《アーケオス》の特性「プライマルターボ」で《ルギアVSTAR》等のアタッカーにエネルギーを供給します。


手札によっては《バーネット博士》で「アッセンブルスター」《アーケオス》2体が確定しているので

《しんかのおこう》《ハイパーボール》《アーケオス》《ルギアVSTAR》どちらを加えるべきか考えましょう。

《ルギアVSTAR》 
 《Vガードエネルギー》で実質HP310、《パワフル無色エネルギー》+《こだわりベルト》で270~330ダメージ

《かがやくリザードン》
 《こだわりベルト》で280ダメージ、《Vガードエネルギー》付き《ルギアVSTAR》の突破

《レジギガス》
 《こだわりベルト》or《パワフル無色エネルギー》でVMAXポケモンに320~340ダメージ

《ライコウ》
 非Vポケモン相手でサイド2枚取り、《オリジンパルキアVSTAR》《ルギアVSTAR》の弱点

《イベルタル》
 確定きぜつ、《ビッグパラソル》がついていない《ジュラルドンVMAX》の突破


強そうなアタッカー全部盛り!!

強力なアタッカーを2~3種持っているのがこれまでの環境デッキでしたが、このデッキは5種持ちです。


ひえ~~~新しい時代が来てる~~

強力なアタッカーが揃っていますがエネルギーには限りがあります。
《イベルタル》《ライコウ》両方を使うことはできず
1体目の《ルギアVSTAR》で310ダメージを出せば2体目は270ダメージが限界です。

相手デッキによって使うアタッカーとエネルギーの配分を決めておき
サイド落ちやトラッシュした枚数によってプランを調整しましょう。

《ネオラントV》「アクアリターン」ならエネルギーを温存できます。
エネルギーをトラッシュしすぎてしまった場合はプランに組み込みましょう。

デッキの長所・短所

長所

2-1-2-2のサイドプランを相手に強制できる

《かがやくリザードン》《レジギガス》《ライコウ》《イベルタル》


いずれも強力なアタッカーなので相手は無視することが難しく、2-1-2-2のサイドプランを取ることになります。
その間もこちらは相手ポケモンを一撃で倒し続けるのでサイドレースで負ける事が少ないです。

場が完成してからは要求が少ない

《ルギアVSTAR》「アッセンブルスター」で《アーケオス》を2体出してからは
エネルギーを「プライマルターボ」で用意できるので
アタッカーを呼ぶ《クイックボール》《こだわりベルト》で要求を満たせます。


ベンチにアタッカーを出しておけば「《ツツジ》をされても場で勝ちが確定している」という状況を作れます。

HPの低いポケモンがいない

《キュワワー》《メッソン》のようなHPの低いポケモンが採用されていないので
ロストギミックの《ウッウ》《ヤミラミ》が脅威になりません。


《かがやくゲッコウガ》「げっこうしゅりけん」も怖くないので《マナフィ》を採用する必要もありません。

やってることがめちゃくちゃ!

相手に合わせて選択できるアタッカーが豊富すぎる!!!!


《ルギアVSTAR》《イベルタル》《ライコウ》《レジギガス》みんなめちゃくちゃ強力です。


他のデッキが頑張ってVMAXポケモンを倒しているのに、このデッキは《イベルタル》《レジギガス》でかるーく倒します。
VSTARポケモンや非Vポケモンも《ルギアVSTAR》《かがやくリザードン》《ライコウ》《アーケオス》で問題なく戦えます。

短所

要求が1か所に集中している

《アーケオス》2体をトラッシュに送り《ルギアVSTAR》に進化
相手が《頂への雪道》を貼ったならそれを割る《バケッチャ》《崩れたスタジアム》
これらを1~2ターン目に要求されます。

開始時の手札で満たす時もあればドローサポートと《クロバットV》を使っても満たせない時もあります。
妥協の行動がなく、要求を満たせない=1ターンの遅れなので後攻だと許容できません。

後攻が厳しい

《ミュウVMAX》《メロエッタ》「メロディアスエコー」
・ロストギミックの《ウッウ》「おとぼけスピット」
《インテレオン》軸の《メッソン》「どんどんよぶ」


このような後攻1ターン目に強い行動が《ルギアVSTAR》+《アーケオス》にはなく
《頂への雪道》《ツツジ》のような逆転ギミックもないので後攻は厳しい展開になります。

それでもデッキパワーが高いので《ルギアVSTAR》+《アーケオス》が相手でなければなんとかなります。

強すぎて意識される

強力なデッキなので使用率も高くなり《ルギアVSTAR》+《アーケオス》を意識したデッキ選択と構築が行われます。
《イベルタル》対策で《ビッグパラソル》付き《ジュラルドンVMAX》
「アッセンブルスター」の要求を上げる《頂への雪道》《マリィ》を組み込んだデッキが環境に増えてきています。

ですが!!

《ビッグパラソル》付き《ジュラルドンVMAX》には《頂への雪道》《レジギガス》
《頂への雪道》《マリィ》にはスタジアム多め+《バケッチャ》で(ある程度)対応できます。


それほど枠を使わなくても対策の対策ができるので、主導権は《ルギアVSTAR》+《アーケオス》側にあります。

環境デッキへのプランと注意点

ここでは環境デッキと呼ばれるデッキとの対戦でのプラン、注意点を書きたいと思います。

《ルギアVSTAR》+《アーケオス》
《ミュウVMAX》
《ギラティナVSTAR》+ロストギミック」
《キュレムVMAX》+《オリジンパルキアVSTAR》
《アルセウスVSTAR》+《ジュラルドンVMAX》
「ロストボックス」
《レジギガス》バレット」

以上のデッキについて書いていきます。

互角

先攻有利!!

ですが勝ちパターンを意識していれば後攻でも勝ちが見えてきます。


後攻で勝つ手段は3つ
《ライコウ》で2体まとめて倒す
・2-2-2でサイドを取る(相手依存)
・相手に非Vポケモンを3体倒させる(スタートしたポケモン次第&限定的)

自分でコントロールできない要素が多い!
でも3つもあればどれか通すチャンスがあったりなかったり!

《ライコウ》で2体まとめて倒す
相手の場に《ルギアVSTAR》+HP120以下のポケモン揃った場面で
《こだわりベルト》《ライコウ》を通せばサイド3枚取りができます。
《ノコッチ》がいる場合は相手バトル場に《イベルタル》《ライコウ》が出てくるタイミングを待ちます。


こちらがこの動きを狙うという事は相手も狙ってくるので
《ルギアVSTAR》は早めに倒させる
《ルギアVSTAR》とHP120以下のポケモンがいる場を作らない
この2点を意識してプレイしましょう。


・2-2-2でサイドを取る

《ルギアVSTAR》2体と《クロバットV》or《ネオラントV》を倒して2-2-2でサイドを取ります。


自分が先攻の場合は
《ルギアV》を1体しか出さない
《崩れたスタジアム》でトラッシュ
等のプレイで相手に2-2-2と取られないようにしましょう。


・相手に非Vポケモンを3体倒させる

非Vポケモンでスタートor《ダブルターボエネルギー》逃げで相手に1-2-1-1とサイドを取らせることができれば
2-1-2-1のようにサイドを取って逆転のルートが生まれます。

《ルギアV》1体だと相手に先攻2《セレナ》から倒されるとほとんど負けです。
「アッセンブルスター」《アーケオス》1体出し《セレナ》でも負けるので
先攻1ターン目に《アーケオス》をトラッシュされた時点で《ルギアV》2体出しが良いでしょう。
非Vポケモンを取られてから《崩れたスタジアム》で2体目の《ルギアV》をトラッシュしましょう。

1-2-1-1とサイドを取らせるという事は1-2-1と取られている段階でベンチに《ルギアV》を出せないという事です。
ベンチに《ルギアV》がいない状況から相手《ルギアVSTAR》を倒すためには
《かがやくリザードン》or《イベルタル》or《ライコウ》が必要です。

後攻1 スタートした非V
後攻2 《ルギアVSTAR》《こだわりベルト》
後攻3 《ライコウ》or《イベルタル》
後攻4 《アーケオス》
後攻5 《かがやくリザードン》《こだわりベルト》

この順番でワザを使うことになると思います。(3、4は相手ポケモンによって逆になる場合アリ)

ややこし~!! 頭の片隅に置いておく感じで!!

複雑な事を考えても「アッセンブルスター」ができなかったり《こだわりベルト》を引かないみたいな事があります。
たまーに役立つ時があるので余裕があれば覚えましょう!

少し有利

《フュージョンエネルギー》型は後攻1「メロディアスエコー」
《ダブルターボエネルギー》型は先攻2《頂への雪道》《マリィ》が強力です。

《イベルタル》
《レジギガス》+《こだわりベルト》or《パワフル無色エネルギー》
《ルギアVSTAR》+《こだわりベルト》+《パワフル無色エネルギー》3~4枚
《ミュウVMAX》を一撃で倒す手段は豊富です。

《Vガードエネルギー》とバトル場が非Vポケモンの影響で相手の2-2-2プランはかなりの要求が多いです。

《頂への雪道》《マリィ》には普段の行いと祈りが有効です。

《ギラティナVSTAR》+ロストギミック

少し有利

《ウッウ》《ヤミラミ》《かがやくゲッコウガ》どれも脅威にならず
相手が《マナフィ》を出さなければ《ライコウ》でサイドまとめ取りも狙えます。

先攻:《ギラティナVSTAR》

先攻1 いろいろ
後攻1 《ルギアV》バトル場
先攻2 「おとぼけスピット」
後攻2 「ストームダイブ」 残りサイド5枚
先攻3 「ロストインパクト」 残りサイド4枚
後攻3 《こだわりベルト》「かえんばく」or「アメイジングデス」 残りサイド3枚

この時点で
・Vポケモンが2体ベンチにいて《ボスの指令》を2回される
《シンオウ神殿》《ツツジ》で1ターン止まる
これらが主な負け筋になり、前者は後攻2《ネオラントV》「アクアリターン」などである程度ケアできます。
つまり《シンオウ神殿》《ツツジ》が一番の負け筋なので《バケッチャ》を大事にしましょう。


1体目の《ルギアVSTAR》《ダブルターボエネルギー》《Vガードエネルギー》で動かせば
《パワフル無色エネルギー》を温存することができ、終盤の要求を減らせます。

有利
少し有利

《ジュラルドンVMAX》を守り切れば相手の勝ち
《ジュラルドンVMAX》を突破すればこちらの勝ちです。

《ジュラルドンVMAX》《ビッグパラソル》はつけられるものと考え
《パワフル無色エネルギー》4枚《ルギアVSTAR》《レジギガス》を育てながら《頂への雪道》を探しましょう。

相手は「トリニティノヴァ」を放棄してでも《ジュラルドンVMAX》を2体立ててきます。(1体は《ビッグパラソル》付き)
《頂への雪道》《イベルタル》どちらも使うことになると考えてプレイしましょう。

ロストボックス

少し有利

《ルギアVSTAR》
《レジギガス》
《アーケオス》
《アーケオス》
《かがやくリザードン》
この順番で戦っていきます。
エネルギーが45331の合計16枚-ダブルターボとツインの軽減分=12~13枚必要になります。
トラッシュしすぎてしまった場合は《ネオラントV》を混ぜて節約しましょう。

《カビゴン》《かがやくリザードン》《アーケオス》で突破するために《パワフル無色エネルギー》は温存しておきましょう。

《ウッウ》《ヤミラミ》がサイド1枚分以下の働きしかできない
《マリィ》が複数採用されている
《崩れたスタジアム》でダメージを受けたポケモンをトラッシュできる
《ルギアVSTAR》の構築が固まっていないので《マナフィ》が出てこず《ライコウ》が通る場合がある
・中盤には最後まで戦える場ができている
と有利な要素が多いです。

《レジギガス》バレット

少し不利

《ルギアVSTAR》
《レジギガス》
《アーケオス》
《アーケオス》
《かがやくリザードン》
この順番で戦いながら《崩れたスタジアム》《マリィ》で相手の妨害をします。

こちらが非Vポケモン多めで戦うので相手もサイド取りきりには5回のワザが必要です。
《崩れたスタジアム》《マリィ》で1ターン止まるor相手の動き出しが遅れると先にサイドを取り切れます。

《頂への雪道》《マリィ》が複数採用されるデッキなので「アッセンブルスター」が遅れる場合があり
《バケッチャ》を出してしまうと《レジエレキ》「テラスパーク」2回で倒されてしまいます。

有利不利まとめ

《ルギアVSTAR》+《アーケオス》」 互角

《ミュウVMAX》」 少し有利

《ギラティナVSTAR》+ロストギミック」 少し有利

《キュレムVMAX》+《オリジンパルキアVSTAR》」 有利

《アルセウスVSTAR》+《ジュラルドンVMAX》」 少し有利

「ロストボックス」 少し有利

《レジギガス》バレット」 少し不利


非Vポケモン中心のプランになってからデッキの評価が上がりました。

ブレの激しいデッキなので低めに評価しましたがそれでも有利な相手が多いです。


・2-1-2-1のサイドプランを取らされる

・手札流しが効かない

・確定きぜつと2面取り

そらこれだけ強い要素があれば、いきなり結果残しますわ…

各カードの採用理由

採用枚数で意見が分かれそうなカードや採用理由が分かりにくいカードについて説明します。

ポケモン
《ルギアVSTAR》 3枚

2ターン目「アッセンブルスター」《アーケオス》2体の成功率を上げるために4枚採用したいが枠がない!

泣く泣く3枚採用
《レジギガス》 1枚

対VMAXだけでなく、対非Vでも優秀なアタッカー
《ジュラルドンVMAX》も突破してくれる偉いやつ
《ライコウ》 1枚

なくても問題ないと考えていたが

・《キュレムVMAX》《ルギアVSTAR》《ギラティナVSTAR》
・ロストバレット

あると便利な相手が多すぎたので採用
《イベルタル》 1枚

入れてなかったことを後悔するほどのスーパーポケモン

サポートも使わずにこんな強いポケモンを動かしたらアカン!
《バケッチャ》 1枚

「アッセンブルスター」前の《頂への雪道》
終盤の《シンオウ神殿》《ツツジ》

どちらも解決できない=負けなので採用
サポート
《バーネット博士》 1枚

「《ネオラントV》《バーネット博士》で確定やな~」が多かったので採用

こちらを採用してるので《ハイパーボール》2枚でも許して…
スタジアム
《崩れたスタジアム》 2枚

・対《レジギガス》《頂への雪道》《シンオウ神殿》の割り札
・《ネオラントV》やダメージを受けたVポケモンをトラッシュ

1枚3役でとても偉い
《頂への雪道》 1枚

《ジュラルドンVMAX》対策は《イベルタル》だけで十分だと考えていたが
今この環境で《ジュラルドンVMAX》を使うという事は《ビッグパラソル》まで採用されているので《イベルタル》だけでは不十分と考えたので採用
エネルギー

《ダブルターボエネルギー》《ツインエネルギー》の枚数が2:2だったり3:1だったり調整中
《Vガードエネルギー》はこのデッキの核ではないと思ったので減らして2枚

《イベルタル》《かがやくリザードン》どちらも使う試合が多く
《オーロラエネルギー》だけでは足りないので《ヒート炎エネルギー》《ハイド悪エネルギー》を1枚ずつ採用

不採用になったカード

《ノコッチ》 

《クワガノンV》+《レジエレキVSTAR》デッキを考えていた時に《ルギアVSTAR》と戦わせると
《ノコッチ》不採用でも《ルギアVSTAR》が勝つことが多かったので不採用
《ムーランドV》

対ロストボックスを考えると必要だと思っていたが
非Vポケモン多めのプランなら《ムーランドV》を採用せずとも勝てると判断し不採用
《ツツジ》《ツツジ》を使えるデッキが強い」という考えがあったので採用していたが
《ルギアVSTAR》《ミュウVMAX》が多い環境なので《ツツジ》の評価が以前より低くなり、不採用

終わりに

ここまで読んで頂きありがとうございました。

《ルギアVSTAR》めちゃくちゃやばーーーーい!
先攻2「アッセンブルスター」が決まる前提だと勝てるデッキが思い浮かびません。


《ルギアVSTAR》《ミュウVMAX》どちらも倒せるデッキは見つかるのか…


来週は自分のシティリーグに集中したいのでお休みを頂きます! 次回11月8日(火)更新!

面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

DORASUTA COLUMN コラム