トレカ専門店 ドラゴンスター公式サイト&通販サイト

よくある質問 ご利用ガイド
  • 総合 トップ
  • コラム一覧
  • コラム 大切なものを失った2人の男の話【後編】-《星遺物》シナリオ5- | カニ丸の遊戯こばなし

2022/10/06(木) 21:00

【コラム】大切なものを失った2人の男の話【後編】-《星遺物》シナリオ5- | カニ丸の遊戯こばなし

大切なものを失った2人の男の話【後編】-《星遺物》シナリオ5- | カニ丸の遊戯こばなし
遊戯王 いいね数いいね!  0 閲覧数閲覧数  362
鍋野カニ丸

鍋野カニ丸

遊戯王大好きデュエリスト。キャラクターを意識したデッキ構築が好き。
アニメや漫画をこよなく愛するので、「デッキ構築の参考になるような記事は書けませんけど大丈夫ですか?」とちゃんと確認取ってここにいます。
口癖は「まだウチに《ホルアクティ》届かないんですよ」。
もう10年くらい待ってる気がしますが、きっと気のせい。

このライターの他のコラムを見る

大切なものを失った2人の男の話【後編】-《星遺物》シナリオ5-

目次

■はじめに

こんにちは、もしくは初めまして。カニ丸です。  


前回の遊戯こばなしコラムにて《ヴィサス=スタフロスト》と彼が戦う異世界のシナリオについて解説させていただきましたが、そのコラムが掲載される直前に新情報が登場したのはKONAMIの広報の方と謎のシンクロと言いましょうか、親近感を覚える今日この頃です。

2022年10月15日発売予定の「PHOTON HYPERNOVA」にてさっそく新規が来るようですので、ますますシナリオに面白い展開が期待できそうで楽しみです。

さて、今回は前々回にもお伝えしていたように《星遺物》のシナリオの続きとしまして、《オルフェゴール》の物語をわかりやすく解説していきたいと思います。

前編でのシナリオはこちら

■妹を亡くした兄の旅

前回の話を思い返す形になりますが、妹である《イヴ》を戦いの中で救えなかった兄の《ニンギルス》は、彼女の亡骸と幼馴染が持っていた《機界騎士》の双剣の片方を持って行方をくらませてしまいます。


なぜ双剣の片方だけを持ち去ったのか。


おそらくですが、持ち去った方の双剣の片方は《イヴ》が自らに突きたてた因縁深き一振りだと思われます。

幼馴染であった《アウラム》にも、共に過ごした《イムドゥーク》にも何も告げずに、絶望に打ちひしがれた彼は世界中を転々としていきます。

元々は《機界騎士》と配下の【機怪蟲】《クローラー》が支配していた世界ではありましたが

先の一件の影響で支配者は不在となり、統率者のいない【機怪蟲】も機能を停止している状況です。


脅威がなくなった世界はどこまでも平和で、ただただ閑散とした廃墟の群れは、亡骸を抱え悲しみに暮れた《ニンギルス》独りでも旅ができるほどだったでしょう。

さまよう彼は、妹の葬儀をするでも、埋葬するでもなく、しかしある場所を探していました。


というのも、彼には目的があったからです。

《ニンギルス》は打ち倒した《トロイメア》から、本来は《機界騎士》のコアであった部分を抜き出し、その権限もあってなのか《機界騎士》が使っていた設備を駆使し、妹を取り戻す方法を探っていたのです。


これまでの解説でもすでに何度か述べましたが、《機界騎士》はかつて高度な技術を持って栄えた文明の結晶です。

この時の《ニンギルス》はかつての栄華をまだ知りませんでしたが、彼らの力をもってすれば、あるいは彼らが持つ知識があれば妹を救えるのではないかという考えに至ったのでした。


その執念たるや…

《ニンギルス》こと《聖杯に誘われし者》のテキストの最後にはこう書かれています。


「本人はたった一人の妹を守る為だけにその槍を振るっている。」

彼の全ては妹であったというのが、この時からうかがい知ることができました。

彼女さえ救えるのであれば、手段は問わないのです。

たとえそれが「悪」と呼ばれる行為になろうとも。  


しかし、《機界騎士》の遺した設備に妹を救う直接的な手立てはありませんでした。

代わりに、まだ多くの施設が世界のどこかに残っていることを突き止めたのです。


───《星遺物》のような特別な力をもった何かがそこにあるかもしれない。───


必ず妹を取り戻すという意思の下、それらをひとつひとつ確かめに行く旅路が始まったのでした。

■ユーザーが震えた《オルフェゴール・プライム》

絶命した妹の亡骸を抱えながら、諦めない心で様々な古代の文明の施設をめぐる《ニンギルス》はついに、重大な秘密を知ってしまいます


そう、それはかつて《リース》や古代の《パラディオン》が辿り着いた世界の真実です。


過去に起きた世界の崩壊、それは「鍵」と呼ばれる大きな力を宿したものが起因となって引き起こされました。

《ニンギルス》は多くの施設に残された情報を元に、「星の勇者」伝説の本当の意味を知ってしまいます。  


「鍵」と「大いなる闇」の真相を知った彼は、今までの旅で知り得た技術を元に妹を再生させる計画を考えました。

その力さえあれば、妹は復活する。

そのためには、彼女の器となるべき体が必要だ。


そう考えた《ニンギルス》妹の体を元に人形を作りだします

《オルフェゴール・プライム》《オルフェゴール・ガラテア》のカードイラストが初めて公開された時、多くのユーザーが震えたことでしょう。


妹を大切に思うあまり、妹そっくりの人形を作ってしまうなんて、と。

妹がすべてであった彼にとって、《イヴ》こそが世界であり、彼女のいない世界に意味などなかったのです。  


世界を救うために《イヴ》は命を失ったのだから、《イヴ》のために世界は犠牲になるべきだ、という考えに至った彼は、そのために実験と研究を繰り返します。

《イヴ》の亡骸を元に何度も何度も実験は行われ、そうしてようやく《アウラム》の元から持ち去った《機界騎士》の双剣の片方を扱えるだけの人形が誕生しました。


これはつまり、実験の末《ガラテア》には《イヴ》が持っていた「鍵」の所有者となれる力が宿ったということです。


「鍵」の所有者になれるということは、「星の勇者」として…言い換えればこの世界の神として破壊と再生の力を扱う資格がある、ということになります。

兄は妹のために、妹を「神」にする実験を行っていたのです。

この実験には多くの時間と労力を費やしました。


明確にどれほどの時間がかかったのかを記した表現は今のところありませんが、実験の副産物として数多の《オルフェゴール》が誕生し、それらは「機械兵団」と呼べるだけの数になっていたのです。

■兄と妹と「妹」

研究を重ね、《オルフェゴール》を率いる存在となった《ニンギルス》《オルフェゴール・ロンギルス》となりました。

《オルフェゴール・ロンギルス》の由来は元々の名前である《ニンギルス》に加え、聖槍でも有名な「ロンギヌスの槍」からきているのだと考えられます。

あまりにも有名なので、ご存知の方も多いかと思います。


ちなみに「ロンギヌスの槍」には時を同じくして登場した「聖杯」があるのですが、《星遺物》の物語で最初に登場するのが《星遺物-『星杯』》であったのもなにか意味があるのかもしれません。

《ニンギルス》についてはシュメール神話に登場する、王都ギルスの守護神の名前からきているのではないか、という説が濃厚です。

「星辰の森」を守っていたことも考えると間違いはなさそうですが、掘り下げるとこれからの展開のネタバレとなってしまうので、今回はさっとだけ。


シュメール神話というと馴染みがあまりない方も多いと思うのですが、紀元前5500年頃から存在していたとされるのですが、詳しいことはまだ分かっていません。

楔形文字などを使用していたそうです。

「遊☆戯☆王」を愛する我々にとってはお馴染みの古代エジプトと並ぶほど古い文明であったということです。  


では、妹の《イヴ》はというと、こちらはおそらく皆様もご存じであろう聖書に登場する「アダムとイヴ」が元ではないか、というのが有力ですね。

《イヴ》はこの世界における「神」たる存在である力「鍵」を継承できる唯一の存在でしたので、こうした名前になったのではないでしょうか。  


そして今回忘れてはならない存在、それが《ガラテア》ですね。

こちらはギリシャ神話に登場する元は彫刻であったけれど人になった女性「ガラテア」からきているだろうと考えられます。

由来は《イヴ》の新しい器としての意味合いも大きいのかもしれませんね。


《ガラテア》に関しては今後のシナリオの流れに関わってくるので多くを語れませんが、カードイラストのエモさたるや。

《イヴ》に良く似た姿で、《アウラム》の剣を鎌として扱い、その首元にあるのは、《オルフェゴール・プライム》《ニンギルス》が握っていたであろう妹のリボンですね…。

業が深いと言ってしまうとそれまでですが、《ガラテア》という存在を生み出した《ニンギルス》の執着が読み取れる1枚です。

《ニンギルス》こと《オルフェゴール・ロンギルス》《ガラテア》と建造した《オルフェゴール・バベル》を使って、彼の目的を達成すべく最後の実験を開始しようとしていました。

しかし、これは世界にとって、決して「正しいこと」ではありません。

《ロンギルス》は妹復活のために、世界を一度破壊しようとしていました。

破壊し、そして再生させる。


それこそが彼の願いを成就させるための唯一の方法でした。  


ところが、《ロンギルス》の幼馴染みである《アウラム》はこの邪悪な気配を遠い地で予見していました。

彼にはあの事件の時に受け継いだ「鍵」の継承者としての力があり、その力は《ロンギルス》の過ちと、《ガラテア》の脅威を《アウラム》にしっかりと伝えていたのです。


彼は「どうか勘違いであってほしい」と願いながらも、新たに出会った複数の部族たちで《パラディオン》という連合軍を結成します。

その名はかつて世界で「鍵」の研究をし、世界を守るために《機界騎士》を遺した人々の名を引き継いだものです。

突如として世界に現れた《オルフェゴール》の脅威を止めるため、彼らは進軍していきます。


《パラディオン》のリーダーとして、《アウラム》《天穹のパラディオン》となり、《ロンギルス》が建造した《オルフェゴール・バベル》へと…

戦いの火ぶたはこうして切られたのです。

■おわりに

いかがだったでしょうか。


このシナリオシリーズでも《オルフェゴール》が登場した頃くらいから人気が加速したイメージがあり、今なお《オルフェゴール》デッキを愛用してらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

今でこそ、大会など参加者の多くがこのテーマを使っていたな、と語り草になっていますが

テーマが出た当初は大会などですぐに活躍することはなく、当時は《トリックスター》《オルターガイスト》の方が使用率が高かったと聞いています。

筆者・カニ丸は単純にテーマとしてかっこよかったという理由で気に入り、デッキを組んでいたので、それが今日のように話題のスポットライトを浴びる日が来ようとは思ってもみませんでした。

ちなみになんですが、このシナリオの直近で追加されたカードは2022年4月23日「POWER OF THEELEMENTS」にて収録された《クローラー・ソゥマ》になります。

一度終焉を迎えたかに思われたシナリオテーマの急な新規カードの登場に、新たな始まりを予感したのですが

その次に発売された「DARKWING BLAST」(2022年7月16日発売)では特に何も音沙汰がなく…


PHOTON HYPERNOVA」や、その次の発売が決定しています「CYBERSTORM ACCESS(仮)」(2023年1月14日発売予定)に新しい関連カードが登場することを期待したいですね!


全体的な発売から時間も経っているので、《アルバス》《エクレシア》をテーマにした「ストラクチャーデッキ ALBA STRIKE」(2021年12月4日発売)のようにテーマを中心としたストラクチャーなどもいいと思うのですが

・・・こちらも佳境ということもあって気になるところですね!!


まだまだシナリオにも続きがある《星遺物》シナリオですが、今回はここまでにしておきましょう。

また機会を見てお話できたらなと考えておりますので、よろしくお願いいたします!


カニ丸でした!

面白かったらシェアしてね!

いいね数いいね!

DORASUTA COLUMN コラム